【ムエタイ】キング・ムエ 佐藤孝也のムエタイで勝つ為の100の法則⑦~セーンマニーの強さから見る、サウスポーの特性~

キング・ムエ佐藤会長がムエタイで勝つ為の100の法則をキング・ムエ日記に書いている。

ムエタイを知らない人にも知っている人にも読んで欲しい内容だ。

今回のサブタイトルは~セーンマニーの強さから見る、サウスポーの特性~

その①はこちら

その②はこちら

その③はこちら

その④はこちら

その⑤はこちら

その⑥はこちら

 

下記キング・ムエ日記より引用


ムエタイで勝つ為の100の法則⑦
~セーンマニーの強さから見る、サウスポーの特性~

2015年のラジャダムナンスタジアム創立記念興行(12/23)のメインでセクサンに圧勝、今もっとも旬と言ってよいセーンマニー選手。

先の「ボクシングスポーツ記者会」の2015年度年間表彰でもMVPを獲得しました。

セーンマニーがトップシーンに躍り出てきたのが確か、彼がまだ16、17歳ころだったと思います。

“天才”と騒がれ、調子を落とした時期もありましたが、126ポンドあたりまで体重が増えたころから好調で、現在ではムエタイ界を代表する超一流選手です。

セーンマニー選手はサウスポー(ムエ・サイ)。

ムエタイ選手の中で、サウスポーの割合は非常に高いように思われます。

現在のトップ選手を思い浮かべると、

サターンムアンレック、ワンチャローン、パンパヤック、ムアンタイ、タックシンレック、ペットモラコット、クワンカーオ、タノンチャイ・・・、

枚挙に暇はありません。

特別、タイ人が左利きの多い人種ってわけではないと思いますが、ムエタイ選手のサウスポー率は高い。

なぜか?

サウスポーが有利だから、右利きでもサウスポー構えにしている選手が多い、のではないでしょうか。

サウスポーがなぜ有利なのかというと、左ミドルがしっかり当てられるからです。

ムエタイで重要なミドルキック、

右利きの選手は右脚が後ろに来る分だけ若干半身を向いており、右側からの攻撃(相手の左の攻撃)に対し的が大きくなるので、(相手の)左ミドルはスネがしっかりとヒットしやすいわけです。

だから、当たれば大きなポイントになる。

右利き(オーソドックス)の選手が左ミドルを蹴る場合、スイッチをしなければいけないので、一瞬だけタイミングが遅れる。

しかし、サウスポーの選手の場合、後ろにある左足からそのまま蹴るので、タイミングが速く反応されにくい。

さらに、基本的には右利きの選手の割合が圧倒的に高いわけで、サススポーの選手はオーソドックスの選手と戦い慣れているというのもあるでしょう。

距離感が違うので、オーソドックスの選手はサウスポー相手はやりにくいのが普通。

と、まぁ、ここまで一般的なことで、誰でもわかる理屈だと思いますが、

では、セーンマニーは何が違うのか、というと、

“足(フットワーク)を使ってパンチが打てるサウスポー”

だから強いのだと考えています。

サススポーというのは、やはり左ミドルを蹴りたいがため、スタンス(足幅)を狭くして前足(右足)に重心が乗っている場合が多い。

そうすれば素早く左ミドルを蹴ることができるからです。

しかし、前足に重心が乗っていると、カウンターのパンチが打てても、踏み込んでのパンチや足を使ってのパンチは打てないわけです。

サウスポーにカウンターパンチが多いのはこのため。

セーンマニーはアマチュアボクシングを経験してることもあり、足を使ってのパンチが上手い。

左ミドルもスタンスの開いたところから蹴ることができるので、パンチとの連携が取れるわけです。

セーンマニーほど、パンチと蹴りのバランスが取れ、サウスポーらしくないサウスポーも居ないのではないでしょうか。

ムエタイにおいて、サウスポーを攻略するのに首相撲に持ち込む戦術がよく取られます。

が、セーンマニーはプッシングでよくこれを防ぎますよね。このあたりも非常にテクニックがあります。

現在のムエタイ界、セーンマニーを脅かすのは誰か、どう攻略するのか、今後の展開が楽しみですね。

次回はこれに続いて、ムエタイにおけるサウスポーの攻略テクニックを紹介したいと思います。

img_6718

「ボクシングスポーツ記者会」2015年度年間表彰式にて。福田海斗&セーンマニー

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】初代ヘビー級王座決定トーナメント【日 時】2017年11月23日(木・祝)【時 間…
ページ上部へ戻る