【K-1】大和哲也と対戦のHIROYA「大和選手とは戦いたいな!と思っていた。」4/22(土)

【興行名】K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~
【日 時】2017年4月22日(土)
【時 間】14:30開場 16:00開始
【場 所】国立代々木競技場第二体育館
【主 催】K-1実行委員会

 


4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」のスーパーファイトで大和哲也と対戦するHIROYAのインタビューを公開!

――昨年6月以来(ゲーオ・ウィラサクレックにKO負け)のK-1での試合が決まりました。中国では試合を続けていましたが、早くK-1で戦いたいという気持ちはありましたか?

「そうですね。K-1では負けて終わっているので、自分の気持ちもそうだし、いろんな部分をリセットして、K-1に戻って来たいなと思っていました。それで今回、自分の中で色々とリセット出来て戻って来ることが出来ました」

――前回のK-1参戦ではゲーオに敗れてしまいましたが、その後は中国の試合で連勝しています。KOで勝った試合もありましたが、HIROYA選手自身、海外での試合でどんな手応えを感じていますか?

「海外の方が環境や減量などで大変な部分もありますが、海外の方が気楽にのびのびと戦うことが出来て、それが結果につながったのかなと思います。K-1で試合ををすることは自分の中でも大きなことで、それを少し重く捉えていたところもあったと思うんですね。海外ではいい意味でその考えをなくして、のびのびと戦うことが出来ました。次の試合でもそういう気持ちで戦うことが出来たら、K-1でも本当の自分を見てもらえるかなと思います」

――そして今大会では大和哲也選手と対戦が決まりました。今まで接点がなかった選手だと思うのですが、最初に大和選手との対戦のオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「まず大和(哲也)選手がK-1に出場することになって、その時点で『戦いたいな!』と思いました。僕自身、K-1では負けたままで終わっているので、よく分からない人と試合をして勝っても『あ、勝ったな』ぐらいで終わっちゃうと思うんです。でもみんなが知っている選手で、K-1に乗り込んでくる選手に勝てば、また上に行けると思うので『これはチャンスだ!』と思いましたね。大和選手の試合のことはSNSなどでもチェックさせてもらっていて、試合も見ていました」

――HIROYA選手は2011年にK-1で大和選手と対戦していますが(HIROYAの判定負け)、それも含めて大和選手にはどんな印象を持っていますか?

「力強い攻撃に加えて、相手を見るのが上手いなって思います。パワーがあって、一発もらったら危ないと思うんですけど、そこは対策していきます」

――海外で試合をするとで「K-1ファイター」ということを意識したり、プライドを持つことも多かったと思います。そういう意味でも大和選手を迎え撃つという気持ちはありますか?

「大和選手は新生K-1初参戦で、ムエタイルールからK-1に戻ってきて自分の存在をアピールしたいところだと思います。実際に試合を見ても大和選手は強いです。でも僕は『大和哲也も強いけど、
K-1で戦っている選手は凄いんだ!』というのを見ている人たち、そして大和選手本人にも
実感してもらいたいですね」

――HIROYA選手の久々のK-1参戦、そして大和選手の新生K-1初参戦ということで注目される一戦です。HIROYA選手はこの試合、そして2017年はどんな1年にしたいですか?

「もちろん結果を出すのが一番ですが、あとはHIROYAという人間をどんどんアピールしていきたいです。もっともっと存在感を示して、自分を持つことも大事だし、それを世にアピールしていくのも大事だなと思っています」

――それでは最後にファンの皆さんにメッセージをいただけますか?

「K-1での試合は凄く久しぶりで今年初めての試合です。僕は15歳でK-1デビューして、25歳になりました。この10年間、自分がやってきたことが間違ってなかったとしっかりアピールしたいので、期待していてください」

(K-1リリースより © 2014.M-1 Sports Media)


K-1 WORLD GPスーパー・ライト級(-65kg)タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)
山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

フェザー級(-57.5kg) 3分3R(延長1R)
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
ビクトー・サラビア(米国/ムエタイアメリカジム)

スーパー・ライト級(-65kg) 3分3R(延長1R)
HIROYA(TRY HARD GYM)
大和哲也(大和ジム)

ヘビー級 3分3R(延長1R)
KOICHI(バンゲリングベイ・スピリット)
K-Jee(K-1ジムFUKUOKA小比類巻道場)

 

K-1 WORLD GP第2代スーパー・バンタム級(-55kg)王座決定トーナメント

一回戦(1) 3分3R(延長1R)
石田圭祐(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
チャールズ・ボンジョバーニ(フランス/タイガーズ・デン)

一回戦(2) 3分3R(延長1R)
武居由樹(POWER OF DREAM)
アントニオ・オルデン(スペイン/ペトラス&ライオン・タイマーティン)

一回戦(3) 3分3R(延長1R)
寺戸伸近(Booch Beat)
ジェイミー・ウィーラン(英国/ダブルKジム)

一回戦(4) 3分3R(延長1R)
久保賢司(K-1ジム五反田チームキングス)
リャン・ボーユー (中国/香港富德拳館/CFP)

リザーブファイト 3分3R(延長1R)
伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
鈴木優也(K-1ジム目黒TEAM TIGER)

 

プレリミナリーファイト スーパー・ウェルター級(-70kg) 3分3R
和島大海(月心会・チーム侍)
記村一成(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

プレリミナリーファイト ライト級(-62.5kg) 3分3R
上田誠也(TRY HARD GYM)
将 -masa-(K-1ジム総本部チームペガサス)

プレリミナリーファイト スーパー・フェザー級(-60kg) 3分3R
西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
小久保裕気(TANG TANG FIGHT CLUB)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る