【K-1】第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場の外国人選手インタビューを公開!4/22(土)

【興行名】K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~
【日 時】2017年4月22日(土)
【時 間】14:30開場 16:00開始
【場 所】国立代々木競技場第二体育館
【主 催】K-1実行委員会

 

ソン・ダーチェン

4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」一回戦で久保賢司と対戦するのインタビューを公開!

――K-1出場が決まった時の心境を教えて下さい。

「世界各国のトップファイターが出場するイベントなので、非常にうれしいです」

――K-1というイベントにはどんなイメージを持っていますか?

「K-1はプロフェッショナルで規模の大きいイベントだと思っています」

――ダーチェン選手が格闘技を始めたきっかけを教えて下さい。

「最初のキッカケは強い肉体とカッコいい体型を作りたいと思って格闘技を始めました。僕の場合、中国武術などの経験はなく、ずっとムエタイやキックを学んでいます」

――今の練習環境・状況を教えて下さい。

「毎日昼からロードワークを行って、ミット打ちやサンドバック、そしてフィジカルトレーニングを行い、最後にジムの仲間たちとスパーリングします。なのでトレーニングそのものは一般的なものだと思います」

――これまでどんな大会で試合をしてきたか教えてください。

「これまでムエタイ、キックボクシング、K-1ルールの試合に出場しました。立ち技格闘技だったらどんなルールにも対応できる自信があります」

――自分の得意技・ファイトスタイルを教えてもらえますか?

「僕は蹴りが得意で、蹴りで攻めていくことが好きです。もちろん蹴りの距離じゃなくてもパンチと蹴りのコンビネーションで戦いますよ」

――自分のどこをK-1のファンに見てもらいたいですか?

「先ほど話した蹴りと自分のファイティングスピリッツを見て欲しいですね。ファンの皆さんには僕が最後まで相手と打ち合うエキサイトな試合をお見せしますよ」

――今、K-1ではウェイ・ルイやユン・チーなど中国の選手が活躍していますが、彼らから刺激を受けていますか?

「そうですね。彼らの活躍はやはり大きな刺激になります。特に2月25日の大会でウェイ・ルイがワンデートーナメントで優勝してチャンピオンベルト奪還した瞬間は、とてもエキサイトしました」

――トーナメント一回戦で対戦する久保賢司選手の印象を教えてください。

「試合経験が豊富で素晴らしい戦績を持っている選手だと思っています」

――久保選手はプロボクサーとしても活躍したパンチが上手い選手ですが、それについてはいかがでしょうか?

「確かに彼はパンチにスピードがあり、ヒットポイントが鋭いファイターですね。きっとこの試合でもパンチの距離で戦う場面もあると思いますが、僕はそこでも打ち合うつもりですよ」

――トーナメントの決勝で戦いたい相手、もしくは注目している・マークしている選手はいますか?

「名実ともに兼ね備えた寺戸伸近選手と対戦してみたいです」

――今回のトーナメントでどんな活躍をしたい、結果を残したいですか?

「もちろん出場するからにはK-1のチャンピオンベルトを狙いに行きます。僕はそのために全力で戦うし、もしそこで結果的に強い相手に負けてしまっても、僕はそれを受け入れます」

――K-1・日本で戦う上での目標を教えてください。

「世界各国のトップファイターと試合をして、彼らのテクニックを吸収していきたいです」

――日本のファンにメッセージをお願いします。

「中国・香港から来たソン・ダーチェンです。皆さんの期待を裏切らないスリリングな試合をお見せます。ぜひ会場で私を応援してください!」


ジェイミー・ウィーラン

4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」一回戦でKrush-55kg王者・寺戸伸近と対戦するジェイミー・ウィーランのインタビューを公開!

――今回、フェザー級(57kg)からスーパー・バンタム級(55kg)に階級を下げた理由を教えてください。

「前回のK-1で57.5kgまで落とすことに全く苦労しなかったから、それだったら55kgまで落としてみようと思ったんだ」

――スーパー・バンタム級の方がいいパフォーマンスを見せられる自信や手応えはありますか?

「そうだね。もっと俺のスピードが上がって、スピード・デーモンがスピーディ・デーモンになるだろうね」

――初めてK-1のリングで戦って、どんな感想がありましたか?

「とても光栄な気持ちでいっぱいだったよ。俺は日本のことを愛してるぜ」

――対戦相手の寺戸伸近選手にはどんな印象がありますか?

「経験豊富で凄く強い選手だと思う。寺戸は逆転勝ちが多い選手だけど、俺はラウンドごとに徐々にダメージを与え続けて、最終ラウンドでトドメを刺すよ」

――トーナメントで警戒・注目している選手はいますか?

「みんな世界でトップクラスの選手だから全員警戒してるよ」

――今回のトーナメントでどんな活躍をして、どんな結果を残したいですか?

「優勝してK-1の歴史に名を刻みたいね。そして東京のどこかに自分の名前の入った通り=ジェイミー・ウィーラン・ストリートを作ることだ」

――それでは最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

「みんな俺は日本を愛してるぜ。そして日本のファンの皆に早く会いたい。皆は世界でベストのファンだ!」


アントニオ・オルデン

4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」一回戦で武居由樹と対戦するアントニオ・オルデンのインタビューを公開!

――K-1出場が決まった時の心境を教えて下さい。

「K-1のような大きな団体からオファーを受けて感激だったよ」

――K-1というイベントにはどんなイメージを持っていますか?

「世界でもトップクラスの立ち技格闘技のイベントだと思う」

――格闘技を始めたきっかけを教えて下さい。

「格闘技をやる前はずっとサッカーをやっていて、ある時、K-1でブアカーオを見て、自分もこの場所で活躍したい!と思ったんだ」

――今の練習環境・状況を教えてもらえますか?

「エンジェル・マーティンの指導のもと、一日3回のトレーニングを続けている。アルメン・ぺトロシアンに勝ったことがあるエディ・ルイスやナヤネッシュ・パリックと一緒に練習を重ねている」

――これまでどんな国で試合をしてきましたか?

「基本的にはスペイン国内で試合をしていて、WKAとISKAのタイトルを獲ったことがある」

――自分のどんなところをK-1ファンに見てもらいたいですか?

「ローキックだね。スペインではみんな俺の構えと戦い方を見て“El Zurdo”(※スペイン語で左利きの名手)と呼んでいるよ」

――対戦相手の印象を教えてください。

「武居のK-1での試合を見たが、とても賢い選手だと思う。好きな選手だね」

――武居選手は軽量級でもKO数が多い選手ですが、どんな試合を予想していますか?

「自分が勝つことは間違いない。今までがどうだ、というのは関係ない。大事なのは今、そしてハートだ」

――K-1・日本で戦う上での目標を教えてください。

「先ずはーナメントに優勝すること。それ以外のことは考えていない」

――日本のファンにメッセージをお願いします。

「日本のファンのみんな、応援よろしく! 俺は期待を裏切らない男なので、優勝予想をするならアントニオ・オルデンにしておいて間違いないだろう」


チャールズ・ボンジョバーニ

4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」一回戦で石田圭祐と対戦するチャールズ・ボンジョバーニのインタビューを公開!

――今回のトーナメント参戦が決まった時の心境はいかがですか?

「ワォ!と思ったよ。大興奮で自分の中のアドレナリンが一気に上昇するのを感じた。改めて僕のことを信じてくれた関係者とK-1に感謝したい」

――ボンジョバーニ選手は一度、K-1のタイトルにも挑戦していますが、その後もK-1のタイトルを獲りたいという想いはありましたか?

「もちろんさ! 自分はずっとK-1のタイトルを獲るために特別な準備をしてきている。K-1のタイトルを取ることは僕の夢の一つなんだ。僕は武尊からダウンを取ったことのある、数少ないファイターの一人だ。あの時は武尊レベルのチャンピオンを倒すほど僕の拳は強くなかった。でも今回は100%最高の力を出し切って戦いたい。トーナメントでタイトルを獲得するチャンスが巡ってくること、そして何よりこの階級の精鋭たちと戦えることを楽しみにしているよ」

――K-1には約1年半ぶりの参戦になりますが、K-1に出て変化したことはありますか?

「僕は日常生活ではとてもひっそりと静かに暮らしているタイプの人間なんだ。それでも僕の生活は変わったよ。フランス国内やディジョンでもこれまで以上に注目を浴びるようになった。なんといってもK-1は歴史と伝説のあるイベントだからね」

――日本での試合は昨年9月のKrush参戦以来となります。あれからどんなことを意識して練習していますか?

「トレーニングそのものは試合後からずっと続けていたよ。というのも、またK-1で戦えるチャンスがあるかもしれないと密かに期待していたんだ。クリスマスシーズンに数日休暇を取っただけて、それ以外は毎日トレーニングを続けていた。詳細は言えないけどトレーニング方法も変えたし、4月22日は新しいチャールズ・ボンジョバーニに期待してほしいね」

――対戦相手の石田圭祐選手にはどんな印象がありますか?

「彼はエネルギーと瞬発力のある良いファイターだと思う。日本の選手にはいつもびっくりさせられるんだ。今回も激しいファイトになると思うよ」

――石田選手は‐55kgでもKO率が高い選手ですが、どんな試合になると予想していますか?

「だから何だって話だよ(苦笑)。武尊も僕も他のスーパー・バンタム級のファイターたちはみんなKOで勝ったことはある。この階級はとてもレベルが上がっているし、選手たちもどんどん強くなっている。とにかく僕はケイスケ・イシダとの対戦は早めに終わらせて、ダメージを最小限にして次の試合を出来るだけフレッシュな状態で臨みたい。そして何より観客を沸かせる試合にしたいよ」

――トーナメントで警戒・注目している選手はいますか?

「正直なところ誰もいないね。というのも2015年にK-1で初代王座決定トーナメントが行われた時よりもこの階級の選手はみんなレベルが上がっているし、いい意味でみんな同じレベル=高いレベルだと思う。誰にでも優勝する可能性があるから、選手にとっても観客にとってもエキサイティングな戦いになると思うよ。まぁ…僕はKrushでノブチカ・テラドに敗れているから、すぐにでも彼と戦いたいと思っている。僕にとって彼との一戦は試合すらしていないようなものだからね(苦笑)」

――今回のトーナメントでどんな活躍をしたい、結果を残したいですか?

「トーナメントは大混戦になると思う。そして観客は歓喜に沸いて大興奮するはずだ。だからファンのみんなにはひと時も目を離さないでほしい。僕自身、その戦いに参加できることがとてもうれしいよ」

――K-1・日本で戦う上での目標を教えてください。

「トーナメントで勝つことは普段のトレーニングの報いだと思っているけれど、K-1で勝つことはもう別次元のことだ。僕は日本という国も日本人も大好きだし、日本そしてK-1で戦うという夢をかなえてくれたすべての人たちに心から感謝したい」

――最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

「たくさんの応援や毎日もらうたくさんのメッセージ、本当にありがとう。みんなのおかげで僕は頑張ることができる。4月22日、僕はみんなが興奮するような試合をするために日本に行くから楽しみに待っていてくれ!」

 

(K-1リリースより © 2014.M-1 Sports Media)


K-1 WORLD GPスーパー・ライト級(-65kg)タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)
山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

フェザー級(-57.5kg) 3分3R(延長1R)
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
ビクトー・サラビア(米国/ムエタイアメリカジム)

スーパー・ライト級(-65kg) 3分3R(延長1R)
HIROYA(TRY HARD GYM)
大和哲也(大和ジム)

ヘビー級 3分3R(延長1R)
KOICHI(バンゲリングベイ・スピリット)
K-Jee(K-1ジムFUKUOKA小比類巻道場)

 

K-1 WORLD GP第2代スーパー・バンタム級(-55kg)王座決定トーナメント

一回戦(1) 3分3R(延長1R)
石田圭祐(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
チャールズ・ボンジョバーニ(フランス/タイガーズ・デン)

一回戦(2) 3分3R(延長1R)
武居由樹(POWER OF DREAM)
アントニオ・オルデン(スペイン/ペトラス&ライオン・タイマーティン)

一回戦(3) 3分3R(延長1R)
寺戸伸近(Booch Beat)
ジェイミー・ウィーラン(英国/ダブルKジム)

一回戦(4) 3分3R(延長1R)
久保賢司(K-1ジム五反田チームキングス)
ソン・ダーチェン(中国/香港富德拳館/CFP)

リザーブファイト 3分3R(延長1R)
伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
鈴木優也(K-1ジム目黒TEAM TIGER)

 

プレリミナリーファイト スーパー・ウェルター級(-70kg) 3分3R
和島大海(月心会・チーム侍)
記村一成(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

プレリミナリーファイト ライト級(-62.5kg) 3分3R
上田誠也(TRY HARD GYM)
将 -masa-(K-1ジム総本部チームペガサス)

プレリミナリーファイト スーパー・フェザー級(-60kg) 3分3R
西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
小久保裕気(TANG TANG FIGHT CLUB)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る