【K-1】スーパー・バンタム級トーナメント出場日本人選手のインタビューを公開!4/22(土)

【興行名】K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~
【日 時】2017年4月22日(土)
【時 間】14:30開場 16:00開始
【場 所】国立代々木競技場第二体育館
【主 催】K-1実行委員会

 

石田圭祐

4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」一回戦でチャールズ・ボンジョバーニと対戦する石田圭祐のインタビューを公開!

――第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントへの参戦が決まった時は、どんな心境でしたか?

「正直、嬉しかったんですけど、自分の中であんまり嬉しさを感じてはいけないっていうのがあります。今回のトーナメントには自分が出場するんだという自負もあったし、それに向けてずっとやってきました。なので嬉しさ反面で、当たり前だなという気持ちを持っていますね」

――1月の「Krush.72」の前にも発言されていましたが「ここで勝って自分がトーナメントに選ばれないとおかしいだろ」という気持ちでいたんですね。

「自分以外にスーパー・バンタム級でこれだけ結果を出している人間はいないと思います。ぶっちゃけKrush-55kgチャンピオン(寺戸伸近)よりも結果を残していると思っているんで」

――K-1スーパー・バンタム級のベルトは、同門の武尊選手が持っていたベルトです。あまり石田選手自身がK-1のベルトを巻くイメージをしづらかったと思うのですが、どのような目線でK-1のベルトを見ていましたか?

「やっぱり武尊さんがベルトを持っている間は、僕はベルトには手が届かないじゃないですか。その中で武尊さんが階級を変えたことで、僕にもベルトを巻くチャンスが巡ってきて。トーナメント発表記者会見で間近でK-1のベルトを見て、ベルトの重みみたいなものを改めて感じることができました」

――石田選手は初代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントのリザーブファイトに出場しています。リザーブファイトながらK-1を経験して、K-1への思いは強くなりましたか?

「チャンピオンになる人間を目の前で見たのは勉強になりました。そして武尊さんはチャンピオンになるべくしてなったんだなとも思いました」

――石田選手が最初に格闘技を始めたのは何歳の時だったのですか?

「自分が格闘技を始めたのは5歳の時です。最初はスポーツクラブで水泳を習っていて、そのクラブにテコンドー教室があったんです。もともと父が格闘技好きで、最初は護身目的でお姉ちゃんをテコンドー教室に通わせて、一緒についていった僕も『ちょっとやってみようかな』という気持ちでテコンドーを始めました」

――テコンドーからキックボクシングをやりたいと思ったきっかけは何だったんですか?

「父の影響でK-1をテレビで見ていて、ミルコ・クロコップが好きだったんですよね。それで年齢を重ねていくうちに『俺もミルコみたいな強い選手になりたい』と思って、それが段々と明確な目標になっていきました」

――石田選手は高校2年生の時にプロデビューしていますが、今までのプロキャリアについてはどう感じていますか?

「今、僕は20戦やって16勝4敗なんですけど、その4敗はものすごく勉強になっていますね」

――石田選手が敗れた相手は大雅選手と堀尾竜司選手(2回)、佐野天馬選手の3人です。佐野選手は同門で、大雅・堀尾の両選手はK-1・Krushでタイトルを獲った選手です。実質チャンピオンクラス以外には負けていないという見方もできます。

「4つの敗戦はどれも悔しいものでしたけど、あの負けがさらに自分を強くさせてくれたと思います。勝ちの経験よりも負けの悔しさがあったからこそ、僕はここまで来ることができたと思います」

――また石田選手はKO率40%という軽量級離れした数字を誇っています。なぜ自分が倒せるファイターになったと自己分析していますか?

「普段の練習やスパーリングから倒そうという意識が人よりも強くて、本当に倒す気でやっています。相手も倒す気で来てくれるし、僕も倒されないようにやります。そういう練習を続けていることが、結果的に相手をちゃんと倒し切るところに繋がっているのかなと思います」

――K-1スーパー・バンタム級は武尊選手がチャンピオンとして盛り上げてきた階級です。石田選手もそれを引き継ぎ、そして越えていきたいという気持ちはありますか?

「今、皆さんは武尊さんのことを話題にすると思うのですが、いつかは武尊さんを越えなきゃいけないと思っています。武尊さんのことはリスペクトしていますが、その上で武尊さんが作ってくれた道以上の道を自分が作っていかないといけないと思います」

――トーナメント1回戦の対戦相手がチャールズ・ボンジョバーニに決まりました。ボンジョバーニは武尊選手とも戦っていて、日本のファンにもお馴染みの選手ですが、どんな印象を持っていますか?

「手足が長くて、一発をもらったら結構ヤバイなって印象です。蹴りもパンチも全部重くて、凄く“硬い”イメージです。相手として怖さも感じていますが、それと同時にKOできるイメージが何度も頭の中でリピートしています。倒すパターンもいくつか用意してあるので、倒すイメージはできています」

――記者会見では寺戸伸近選手の「他のメンバーがパッとしないから自分が出ることを決めた」というコメントに激しく反応する場面もありました。どんな想いを持ってトーナメントを戦おうと思っていますか?

「寺戸選手は『パッとしないメンバーなんで』と言っていましたけど、別に寺戸選手もパッとする選手じゃないと思います。だからおっさんにはさっさと退いてもらうしかないです。そして自分がK-1スーパー・バンタム級のチャンピオンになって、この階級を盛り上げて、もっと輝ける舞台にしていくって感じです。僕はその覚悟があるから、今回のトーナメントに出場することを決めました。なので、寺戸選手みたいに出場するメンバーがどうだから出る・出ないではなくて、僕はK-1のスーパー・バンタム級を引っ張っていくつもりで出場するので、覚悟が違います」


武居由樹

4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」一回戦でアントニオ・オルデンと対戦するKrush-53kg王者・武居由樹のインタビューを公開!

――武居選手は過去にプレリミナリーファイトでK-1参戦を経験していますが、今回はスーパー・バンタム級王座決定トーナメントでK-1出場が決まりました。

「前回K-1のプレリミナリー・ファイトに出場したのが2015年4月で、その試合では負けてしまって(西京春馬に判定負け)、本当に悔しい思いをしました。そして今回やっと代々木体育館に戻って来ることが出来て、今からワクワクしています」

――武居選手は現在のK-1を見て、どんな印象を持っていましたか?

「初めてK-1に出場した時に『やっぱりK-1は凄い舞台だな』と思ったし、K-1が自分の目指す場所だと思いました。前回は凄く緊張したんですけど、今の僕はあの時とは全く違います」

――武居選手が初めてK-1の試合は見た時のことを覚えていますか?

「小さい頃は色んな格闘技を見ていて、小学生の時からK-1を見るようになりました。K-1は華やかな舞台で世界のトップファイターが戦うっていう印象でしたね」

――武居選手はフジテレビの「ザ・ノンフィクション」でも特集されたことがありますが、改めて格闘技を始めるきっかけを教えてもらえますか?

「実は小さい時にすごい悪ガキで、お母さんに迷惑ばかりかけていたんです。そこでお母さんが自分を更生させるために、今のジム(POWER OF DREAM)の会長に会って、無理矢理ジムに入れたのが始まりです」

――では最初は嫌々ながらジムに通っていたのですか?

「はい…。ジムの古川(誠一)会長はすごく熱い人なのですが、最初は全く格闘技が好きじゃなくて、いつ(ジムを)辞めてやろうかと思って練習していました(苦笑)。でも練習を続けていくうちに段々と格闘技が好きになっていたんですよね」

――武居選手は古川会長の家に住み込みで練習をしていたんですよね?

「はい。今も会長と一緒に生活して練習をしています」

――更生目的で嫌々ながら格闘技を始めて、会長と一緒に生活するようになって、格闘技で夢を見るようになっていったんですか?

「最初はプロになるつもりもなかったのですが、中学生ぐらいからジュニアの大会で優勝できるようになって、それから将来も格闘技でやっていきたいと思いました」

――自分が輝けるモノに出会えたという感覚だったのですか?

「それを感じたのはプロデビュー(2014年11月)してからですね」

――武居選手は2016年6月に初代Krush-53kg王者になりましたが、ここまでの道のりを振り返っていかがですか?

「僕はKrushの-55kg(K-1ではスーパー・バンタム級)でデビューしたのですが、当時はいい成績が残せなくて落ち込む時期がありました。でもKrushに-53kgが新設されて、階級を下げてからは倒せる試合が出来るようになりました。今はベルトも獲って自信がついてきたし、またK-1のスーパー・バンタム級に戻ってきて、しっかり戦えると思います」

――更生目的で始めた格闘技で、これだけ脚光を浴びる舞台に立つことが出来て感慨深さもありますか?

「とにかく僕は毎日一生懸命練習をして、全然先のことは考えてなかったんですよね…。でもあっという間にここまで来れて嬉しいです」

――トーナメントの1回戦ではアントニオ・オルデンと対戦することになりました。オルデンにはどんな印象もっていますか?

「サウスポーでリーチが長くて、ムエタイっぽい動きをする選手でしたね。蹴りも伸びてくるし、パンチの回転も速かったので、しっかり気をつけながら戦いたいと思います」

――トーナメントの勝ち上がりなどは予想していますか?

「日本人選手で言えば寺戸(伸近)選手はレジェンドだし、伝説な選手だと思っているので、寺戸選手と戦ってみたいです。あと久保(賢司)選手はプロボクサーだった選手で、自分もボクシング技術に自信があるので久保選手とも戦ってみたいですね」

――武居選手はKrush-53kgでKO勝ちを量産していて、今の自分だったらK-1でも結果を残せるという自信はありますか?

「はい。-53kgであれだけKOで勝てたので、もう一回身体も作り直して、技術も磨き上げて、K-1のスーパー・バンタム級でも倒せる状態に仕上げたいと思います」

――K-1ではどんなテーマを持って戦っていきたいと思っていますか?

「Krushでの戦いと変わらず、どんな技でもしっかり倒して、本当に怖い武居由樹を見せていきたいと思います」

――K-1スーパー・バンタム級は武尊選手がチャンピオンとして、この階級を盛り上げてきました。武居選手は武尊選手以上の試合を見せていきたいという気持ちはありますか?

「武尊選手がこの階級を作ったと思いますが、武尊選手に負けないように、当たり前ですけどいい試合をして、カッコいい第2代K-1スーパー・バンタム級王者になりたいですね」

――武居選手はK-1でどのように輝いて、どんな自分を見せたいですか?

「このトーナメントは全試合・全KOで勝って、カッコいい武居由樹を見せたいと思います!」


寺戸伸近

4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」一回戦でジェイミー・ウィーランと対戦するKrush-55kg王者・寺戸伸近のインタビューを公開!

――対戦カード発表会見でも発言されていましたが、当初、第2代スーパー・バンタム級王座決定戦トーナメントに出場するつもりはなかったそうですね。

「はい。自分はトーナメントに向いてないというか、1戦1戦を本気で戦うのでダメージが残ってしまう所があるし、そんなにトーナメントをやりたいという気持ちもなかったです」

――その中でトーナメント出場を決意したのはなぜですか?

「自分を応援してくれている周りの人たちに対して、K-1に出ることが1番分かりやすいアピールになるかなと思いました。あとは自分が今回のトーナメントに出場しないと、正直パッとしないなと。みんな強い選手だと思いますが、役不足というか何か足りないんじゃないのかなと思いましたね」

――寺戸選手は初代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントにも出場していますが、今K-1のベルトに対してはどんな想いがありますか?

「今まで僕はたくさんベルトを獲らせてもらいましたが、K-1のベルトが最後でいいんじゃないのかなと思います。格闘技人生をかけて最後に獲りに行くものがK-1のベルト、という位置づけです。なので今は自分の格闘技人生をかけて、K-1のベルトを獲りにいきます」

――新生K-1では軽量級=武尊選手という印象が強いですが、寺戸選手は長らく軽量級を確立するために戦ってきたと思います。今まで自分がやってきたことへの自負やプライドはありますか?

「新生K-1が出来て、軽量級が注目されているのも、俺が軽量級で戦ってきたからだと思います。武尊選手どうこうではなく、今結果を残している選手は凄いと思いますが、それ以前は俺の時代だったと思うので、俺がいたから新生K-1の軽量級が出来たと思っています」

――例えば今の若い選手たちに挑発的なことを言われて『舐めんなよ!』と思うことはないですか?

「別にどうでもいいですね。言いたければ言えよって感じです」

――トーナメント一回戦の相手はフェザー級から階級を下げてくるジェレミー・ウィーランです。ウィーランは昨年11月の初代フェザー級王座決定トーナメント一回戦で武尊選手と戦い、武尊選手に多くのダメージを負わせた相手ですが、どんな印象を持っていますか?

「やっぱり階級を落としてくるということで、体格も大きいと思います。注意するべき点はたくさんあると思うので、しっかり研究したいと思います」

――寺戸選手の最近の試合を見ていると、しっかりと対策を立てて作戦通りに戦って結果を出している印象があります。今回のトーナメントを勝ち上がっていく戦略は考えていますか?

「まだ明確には考えていないですけど、最近の試合では自分の戦いの幅が広がってきていると感じています。チャンスが来たら針に糸を通すような攻撃をしていきたいですね。初代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出ていた時のような激しい試合だけでなく、戦略を練って戦う試合も見せていきたいです」

――トーナメントの勝ち上がりなどは予想していますか?

「決勝まで上がってくるのは武居(由樹)くんじゃないんですかね。彼は凄く強い選手なので、一階級上げて体格差があったとしても、彼のテクニックは凄いと思います」

――最後に寺戸選手の試合を楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをいただけますか?

「出場するからには優勝を狙います。みんな自分のために試合をするのは当たり前で、僕はファンのために、応援してくれる人や周りのみなさんのために、そして自分を応援していない『寺戸早く負けろ』と思っている人たちのために俺が勝ちます」


久保賢司

4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」一回戦でソン・ダーチェンと対戦する久保賢司のインタビューを公開!

――今回、K-1で電撃復帰が決まりました。久しぶりに記者会見などに出席して、どんな気持ちでしたか?

「もともと公の場で話すのが大好きなんですけど、格闘家を引退してからは、公の場で話す機会はないんだろうなと思っていました。でもこうして会見で話してみて…やっぱりゾクゾクしましたね」

――久保選手はキックボクサーとしてプロデビューし、ボクシングに転向したあと、2015年に現役引退を表明しました。そこで今回、復帰を決意する決め手となったのは何だったんですか?

「今、僕はK-1ジム五反田を経営していて、いつも『どうしたらこのジムがもっといい場所になるだろう?』と考えていました。その時に『俺、まだ動けるな』と思ったんですよね。実際にプロ練習でも若い選手とバチバチ練習して、ブッ飛ばして体で覚えさせるみたいなこともやっていて。そういう時期に今回のオファーをいただいて『自分がK-1のトーナメントに出場して、K-1のベルトをジムに持って帰ってくるのが、ジムにとって1番いいんじゃないのかな』と思って一気にモチベーションが上がりました」

――例えばボクシングを引退して、格闘技に未練はなかったですか?

「完全に(格闘技を)やり切って、自分の中で完結していたので、全く未練はなかったですね。K-1ジム五反田がなかったら、絶対に復帰もなかったです」

――なぜそこまでジムへの愛が強くなったんですか?

「今まで僕はずっと個人スポーツをやってきて、今はジムで色んなスタッフや会員さんに囲まれて『ここが自分の居場所だな』って思うんですよね。そういう環境を提供してくれたK-1には凄く感謝しているし、今回のオファーをいただいた時にK-1チャンピオンになって、K-1のベルトをジムに持ち帰ることが、ジムやK-1に対しても1番だなと思いました」

――復帰に向けて練習を続けていて、ファイターとしての勘は戻ってきていますか?

「ジムでトレーナーをやっていて、若い選手に指導している時に『人に教えると自分も強くなるな』と思ったんですよね。指導をしていて、自分が現役で戦っている時には全く気付かなかった発見があったりして『俺、強くなってるんじゃないか?』と思っていました。今、本格的に練習を再開しているんですけど、以前よりも強くなって戻ってこれるという感覚を掴んでいます。

正式に復帰を決めて何百キロ走ったか、何百ラウンドミット・サンドバック打ちをやったか分からないぐらい…そのくらいやっています。そうすると自分の中の狂気が大きくなっているのを感じるんですよね。この狂気の気持ちを日常生活で抑えるのが苦しくなってきているので、この狂気がどうにかなってしまう前に早く試合が来てほしいです」

――久保選手は実兄の久保優太選手と一緒に格闘技を始めたのですか?

「先に兄が格闘技(テコンドー)をやっていて、中学生の時に『僕も格闘技始めようかな』と思って、たまたまインターネットで検索して出てきたのがムエタイのジムだったんです。それで僕はムエタイのジムに入って、あとから兄もそのジムに入ってきたという流れです」

――久保選手は第1回のK-1甲子園(2007年)に出場しているんですよね。

「はい。18歳の時に出場しました。ただ新生K-1は過去のK-1と比べて全然雰囲気が違って、色んな意味で凄い舞台だなって思っています」

――一回戦の対戦相手がリャン・ボーユーからソン・ダーチェンに変更となりましたが、ダーチェンにはどんな印象がありますか?

「とても手強い選手で、間違いなく世界レベルの選手だと思います。でもトーナメントの初戦はウォーミングアップなので、リングの中で新生K-1がどういう雰囲気かを感じてから瞬殺します」

――一回戦を突破すると準決勝で寺戸伸近選手と対戦する可能性があります。寺戸選手には過去に敗れていますが、そこは意識していますか?

「意識していますね。ただ寺戸選手の1回戦の相手のジェイミー・ウィーラン選手も凄く強い選手だと思います。ジェイミー選手とも戦いたいという想いもあるので、どっちが勝ってくれてもラッキーって思う部分はあります」

――改めて久保選手は今K-1のベルトにはどんな想いがありますか?

「僕はK-1というモノに対して凄く愛着があります。ジムの運営にも携わらせてもらっていますし、K-1への愛着はどんどん強くなっています。だから絶対にK-1のベルトをジムに持って帰りたいですね」

――もしK-1がなければ格闘技に携わることもなかったと思いますか?

「そうですね。ボクシングの引退をして、K-1ジムの話がなければ、K-1に携わっていなかったと思います。そもそも格闘技に携わるつもりもなかったですし、ジムを経営することなんて一切頭になかったんです。だけどいざジムを経営するようになって、こんなに格闘技やK-1が素晴らしいものだと分かったので、もっともっと色んな人にK-1を広めたいと思っています」

――それでは最後に久保選手の復帰そして試合を楽しみにしているファンの皆さんへメッセージをいただけますか?

「僕がこのトーナメントに出場する意味、そして何をするべきか自分で分かっているつもりです。みなさんには僕の戦いぶりを見てほしいです」

(K-1リリースより © 2014.M-1 Sports Media)


K-1 WORLD GPスーパー・ライト級(-65kg)タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)
山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

フェザー級(-57.5kg) 3分3R(延長1R)
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
ビクトー・サラビア(米国/ムエタイアメリカジム)

スーパー・ライト級(-65kg) 3分3R(延長1R)
HIROYA(TRY HARD GYM)
大和哲也(大和ジム)

ヘビー級 3分3R(延長1R)
KOICHI(バンゲリングベイ・スピリット)
K-Jee(K-1ジムFUKUOKA小比類巻道場)

 

K-1 WORLD GP第2代スーパー・バンタム級(-55kg)王座決定トーナメント

一回戦(1) 3分3R(延長1R)
石田圭祐(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
チャールズ・ボンジョバーニ(フランス/タイガーズ・デン)

一回戦(2) 3分3R(延長1R)
武居由樹(POWER OF DREAM)
アントニオ・オルデン(スペイン/ペトラス&ライオン・タイマーティン)

一回戦(3) 3分3R(延長1R)
寺戸伸近(Booch Beat)
ジェイミー・ウィーラン(英国/ダブルKジム)

一回戦(4) 3分3R(延長1R)
久保賢司(K-1ジム五反田チームキングス)
リャン・ボーユー (中国/香港富德拳館/CFP)

リザーブファイト 3分3R(延長1R)
伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
鈴木優也(K-1ジム目黒TEAM TIGER)

 

プレリミナリーファイト スーパー・ウェルター級(-70kg) 3分3R
和島大海(月心会・チーム侍)
記村一成(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

プレリミナリーファイト ライト級(-62.5kg) 3分3R
上田誠也(TRY HARD GYM)
将 -masa-(K-1ジム総本部チームペガサス)

プレリミナリーファイト スーパー・フェザー級(-60kg) 3分3R
西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
小久保裕気(TANG TANG FIGHT CLUB)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る