【J-NETWORK】J-FIGHT・3/12(日)夜興行・大会結果。KO続出!ベイノア肘で切り裂き決勝へ。

【興行名】J-FIGHT 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~1st
【日 時】2017年3月12日(日)
【時 間】開場:17:00 試合開始:17:30(予定)
【場 所】東京・新宿FACE
【主 催】J-NETWORK

3.12
2017年3月12日(日)東京・新宿FACEにて『J-FIGHT 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~1st』が行われた。

第9試合 J-NETWORK期待の新鋭・聖(フォルティス渋谷)とNJKFキラー・hayato(FOAKIJAPAN)の一戦。
1R ジャブからインローで様子を見る聖。hayatoもインローを返す。聖はワンツーから右ロー、hayatoは右フックから左アッパーを返していく。さらに組んで膝蹴りを出していくhayato。聖はフックで飛び込んでくるhayatoに右ストレートでカウンターを合わせる。
2R 左ミドルをヒットさせるhayato。聖はパンチで前へ出ていく。このラウンドから両者組み合いが多くなり、首相撲から膝蹴りを出していく。
3R パンチから右肘を狙っていくhayato。聖も右肘を返していく。組んでは両者膝蹴りを出していく。首相撲の離れ際にパンチを狙う聖だが、hayatoの顔面を捉えきれない。
終盤に、疲れをみせたhayatoに猛追を仕掛けた聖だったが、決定打を与えきれずhayatoの判定勝利。J-NETWORK初参戦のhayatoが期待のルーキーから勝利をあげた。

第8試合 昨年11月にベテランの寒川直喜からダウンを奪い勝利したOD・KEN(ReBORN経堂/J-NETWORKライトヘビー級4位)と再起戦に挑むベテラン・小澤和樹(修実館/元WPMF日本クルーザー級2位 元NJKFミドル級1位)の一戦。
1R、スピーディーな動きでジャブからローを出すOD。小澤も負けずと左フックから右ローを返す。ODはさらにギアを上げ、パンチからロー、さらには膝を突き刺す。
小澤もワンツーを返すが、後手に回るシーンが多くなる。挽回しようとする小澤に対し、ODは右フックで一つ目のダウンを奪う。
小澤は立ち上がるも、立て続けに右ストレートで二度ダウンを奪われ、ODがKOで勝利を収めた。
またもベテランから勝利をあげたODは、「去年はふがいない試合が多かったんですけど、今年は頑張って皆さんに楽しんでもらえる試合をするので、僕のことを知らなかった人も僕の応援に来てください。今年は僕がチャンピオンになるので、応援よろしくお願いします」と王座獲りへの意思を語った。

第7試合 J-NETWORKウェルター級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦、昨年J-NETWORK新人王に輝いた”ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/J-NETWORKウェルター級6位 J-NETWORK2016ウェルター級新人王)とMAランカーの竹市一樹(MA・二刃会/MA日本ウェルター級5位)の一戦。
1R 前足のローキックを連打するベイノア。竹市はストレートを返す。しつこくローを出すベイノアに対し、竹市は前に出ていくが、そこにベイノアの縦肘一閃。
竹市の顔面を切り裂きドクターストップ。ベイノアがMAランカーを秒殺TKOで返り討ちにし、見事トーナメント決勝戦へと勝ち進んだ。
試合後のマイクでは、「竹市選手はキャリアもあって、すごく強いと分かっていたので、一生懸命に練習することができました。本当にありがとうございました」と第一声。さらに、「8/20にトーナメント決勝戦を予定していますが、僕はタイトルマッチが決勝だと思っているので、次は準決勝です。あと二つ勝って必ず僕がベルトを巻きます」と王座奪取への意気込みを述べた。

第6試合 J-NETWORKスーパーライト級9位・伊東伴恭(LAILAPS東京北星ジム)と無敗の二冠王・内堀裕斗と唯一引き分けている名門・真樹ジムAICHI所属の冨田健祐(MA・真樹ジムAICHI/MA日本ライト級4位)のJ-NETWORKvsMAのランカー対決。
1R サウスポーから右ローを蹴る伊東。さらには左ミドルを繰り出す。冨田はワンツーを返す。さらにはジャンプ肘を狙っていく。
伊東が再びミドルをヒットさせ右ローを出したところに、冨田は右フックでカウンターを合わせ一つ目のダウンを奪う。再開後、一気に前に出て襲い掛かる冨田は、左フックからの右ストレートで再びダウンを奪い、即座にレフリーがストップした。

その他試合結果は以下の通り。


<全対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼第9試合 58kg契約 3分3R※肘有り
×聖[さとる](フォルティス渋谷)
○hayato[はやと](FOKAIJAPAN)
判定 0-3(28-30,28-30,28-30)

▼第8試合 ライトヘビー級 3分3R※肘有り
○OD・KEN[おーでぃー・けん](ReBORN経堂/J-NETWORKライトヘビー級4位)
×小澤和樹[おざわ かずき](修実館/元WPMF日本クルーザー級2位 元NJKFミドル級1位)
1RTKO 2’02”

▼第7試合 J-NETWORKウェルター級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
○”ブラックパンサー”ベイノア[”ぶらっくぱんさー”べいのあ](極真会館/J-NETWORKウェルター級6位 2016年度J-NETWORKウェルター級新人王)
×竹市一樹[たけいち かずき](MA・二刃会/MA日本ウェルター級5位)
1RTKO 0’26″ ※ベイノアが決勝戦進出

▼第6試合 スーパーライト級 3分3R※肘有り
×伊東伴恭[いとう ばんきょう](LAILAPS東京北星ジム/J-NETWORKスーパーライト級9位 FOK初代ウェルター級王者)
○冨田健祐[とみた けんすけ](MA・真樹ジムAICHI/MA日本ライト級5位)
1RKO 1’47”

▼第5試合 J-NETWORK 2017 ウェルター級新人王トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1※肘無し
×永島一[ながしま はじめ](レグルス池袋)
○富田誠[とみた まこと](PAL-GYM)
判定 0-3(29-30,28-30,28-30) ※富田がトーナメント勝ち上がり

▼第4試合 J-NETWORK 2017 ウェルター級新人王トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1※肘無し
×雅喜[まさき](ReBORN経堂)
○YUYA[ゆうや](DUROファイティング&フィットネス)
1RKO 2’29″ ※YUYAがトーナメント勝ち上がり

▼第3試合 J-NETWORK 2017 スーパーフェザー級新人王トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1※肘無し
×マコト・ゴールドライフジム[まこと・ごーるどらいふじむ](ゴールドライフジム)
○真樹翔太[まき しょうた](MA・真樹ジムAICHI)
1RKO 2’34″ ※YUYAがトーナメント勝ち上がり

▼第2試合 J-NETWORK 2017 スーパーフェザー級新人王トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1※肘無し
×悪七俊介[あくしち しゅんすけ](K&Kボクシングクラブ)※デビュー戦
○MAUA[まうあ](HIDE GYM)※デビュー戦
判定 0-3(28-30,28-30,28-30) ※MAUAがトーナメント勝ち上がり

▼第1試合 J-NETWORK 2017 スーパーライト級新人王トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1※肘無し
○佐藤悠平[さとう ゆうへい](レグルス池袋)※デビュー戦
×藤永優司[ふじなが ゆうじ](Y’ZD GYM)
1RKO 0’44″ ※佐藤がトーナメント勝ち上がり

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る