【K-1】城戸、撃破のダルベック「タイトルに挑戦するチャンスがあれば喜んで試合を受けたい」

1478248035_0sp

11月4日(金)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)の一夜明け会見が行われた。

昨日のスーパー・ファイトでは、約1年4カ月ぶりのK-1参戦で城戸康裕を左フックでマットに沈めたサニー・ダルベック。一夜明け会見では「昨日は自分にとって思った通りの試合になったと思う」と挨拶し「城戸は距離を掴むのが難しい選手。そのせいで何度かミスをしてイライラがたまっていたけど、最終的にはいいパンチが一発入って勝つことが出来たよ。(倒れ際のヒザ蹴りは)パンチが当たった瞬間は倒れると思っていなくて、反射的に出ていたよ」と城戸との一戦を振り返った。

久々のK-1参戦ながら会場で大きな声援を浴びていたダルベックは「日本でも応援してもらえることはうれしい。地元でこういう応援を受けることが出来ないので、日本のファンに応援してもらえることはうれしいよ」と笑顔。

ダルベックは昨年11月にスーパー・ウェルター級(-70kg)のベルトに挑戦が決まっていたものの、インフルエンザで無念の欠場となった過去があり「もしタイトルに挑戦するチャンスがあれば喜んで試合を受けたい。K-1チャンピオンになることは、どの選手にとっても夢だし、そのチャンスがあればすごくうれしいことだと思う」と改めてK-1での王座獲りに興味を示した。

(K-1リリースより © 2014.M-1 Sports Media)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る