【K-1】ウェルター級(-67.5kg)牧平圭太 vs 久保優太 試合前インタビュー!11/3(木・祝)

【興行名】K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~
【日 時】2016年11月3日(木/祝)
【時 間】開場・14:30  本戦開始・16:00
【場 所】代々木競技場第二体育館
【主 催】K-1実行委員会

1475579011_0sp

 

牧平圭太 vs 久保優太 試合前インタビュー


11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)。スーパーファイト出場選手インタビュー第2弾はウェルター級(-67.5kg)で牧平圭太と対戦する久保優太だ。

――今回からウェルター級(-67.5kg)に階級を上げる形になりました。階級を上げることは以前から考えていたのですか?

「ずっと考えていましたね。4年前ぐらいに将来的には-70kgに上げると宣言して、そこから身体作りをバンバンやっていました。その中で新生K-1で-65kg(現スーパー・ライト級)ができるということで、少し無理をして体重を落としていたので、自分的にはウェルター級がベストかなという感触がありました。なので今回こういった形で新階級のチャンスをもらえて、自分の中で『おっ!来たか!』というのがありました」

――新生K-1のスタートに合わせて、-65kgに体重を合わせていたという状況だったのですね。

「はい。なので減量はちょっと辛かったです。3月の試合もかなりムキムキマッチョになったんですけど、あの時は11kgほど減量して干からびてました(苦笑)。3月の減量は過酷でしたね…」

――本格的にウェルター級で戦うことが決まり、試合のための練習を続けているところだと思いますが、コンディションはいいですか?

「かなりいいですね。スーパー・ライト級時代は体重を落としていくにつれて、最後の方は減量のための練習や(コンディションを)調整するための練習になっちゃっていましたが、今はそこでもしっかり練習できるという部分でウェルター級の方がいいかなと思っています」

――久保選手にとってパワーもスピードも全てを活かせられるのが、この階級だという手応えはありますか?

「そうですね。『今度こそ!』という言葉を何回言っているか分かりませんが(苦笑)、今度こそ“新生・久保優太”を見せたいです」

――階級のこともあったかと思いますが、まだ久保選手は新生K-1で思うような活躍が出来ていないと思います。それは久保選手にとっても心残りですか?

「やっぱりそれはあります。2011年に旧K-1のトーナメントがあって、僕はそこで優勝することが出来ました。K-1が活動休止してから、GLORYの世界トーナメントで優勝したり、この世界を引っ張ってきたのは自分だという自負もあるのですが、K-1が復活してからは結果を残すことが出来なくて……悩みました。

本当に、今年は特になんですけど『このまま引退してしまおうか』と思ったことが何度もあって…。そんな中、色んなことを考えて、もう一度頑張ろうと思えるような出会いがあったり、支えてくれる人のおかげで、自分は復活できました。だから今回は『久保優太が復活した!』というところを見せたいと思っています」

――一選手として「また輝きたい」や「もう一度、世界一の座につきたい」という気持ちが強くなっていますか?

「凄く強くなっています。3月の試合の時、僕が試合に出るとなったら、プロ志望の選手たちがジムにめちゃくちゃ集まってきたんです。“自分と一緒にやりたい”ではないですけど、ジムへの問い合わせが多くなったり、すごく反応・反響がありました。

僕は今年で29歳になるんですけど、自分の格闘技人生を考えたら、プロでもう12年やってきて、あと本当にやれて5年ぐらいだと思うし、ピークは3年ぐらいだと思うんです。そこでこれから自分が結果を残せるかどうかと言われたら、それは分からないですけど、本当に1試合・1試合を大切にして、今ジムで育っている選手たちのために自分の背中を見せて、追いかけてもらえるようになりたいと思います」

――久保選手も若いイメージがありましたが、自分に憧れてプロになりたいという選手が出てきて、責任感や使命感が芽生えてきたんですね。

「芽生えましたね。自分も今までずっと若いつもりでいるんですけど、ふと鏡を見て『あっ、白髪かな?』と思っちゃったりもするし(笑)、なかなか疲労が抜けなかったりもします。でもそういう時こそ、支えてくれる人であったり、自分に憧れて付いてきてくれる生徒、プロの選手たちがすごく力になります。その子たちのためにも僕は絶対に負けないと誓って頑張ろうと思ってます」

――対戦相手の牧平圭太選手にはどんな印象をもっていますか?

「手足が長くて、手数も出し続けるので、K-1らしいいい試合になるんじゃないかなと思っています」

――久保選手がウェルター級でエースになる&K-1の世界チャンピオンになるという目標を掲げてる以上、ここで強さを見せなければならないという気持ちはありますか?

「ここでは負けられないと思ってますね。本当に自分はウェルター級で世界一になって、いずれは他の階級でもチャンピオンになることを目標にしています。それがスーパーライト級なのか、スーパー・ウェルター級(-70kg)なのか。それはウェルター級で自分がチャンピオンになって、初めて出てくる目標だと思うのですが、その最低ラインとして、自分の残りの格闘技人生をかけるためにも今回のチャンスは絶対に逃せないと思ってます」

――それでは最後に久保選手が新階級ウェルター級で試合をするところを楽しみにしているファンの皆様にメッセージをお願いします。

「自分がウェルター級でエースになりますので、その姿をぜひ見てくれたらと思います。よろしくお願いします」



11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)。スーパーファイト出場選手インタビュー第4弾はウェルター級(-67.5kg)で久保優太と対戦する牧平圭太だ。

――今回、K-1の新階級であるウェルター級(-67.5kg)で久保選手との対戦が決まりました。牧平選手はK-1では今までスーパーウェルター級(-70kg)で試合を続けてきましたが、新階級で戦いたいという気持ちはあったのですか?

「そうですね。自分がこの階級のエースとしてやっていきたいというのは試合が決まった時点から思っていました」

――牧平選手にとってウェルター級がベストな力を出せるという手応えはありますか?

「はい。スーパーウェルター級はちょっと相手がデカかったなというのがあって。僕はKrushでも-67kgでやっていたので、ウェルター級が自分に1番合ったベストの体重かなと思います。やっぱりそこで自分の力を試したいですね」

――牧平選手は自分が新階級を引っ張っていきたいという気持ちがあるのですか?

「もちろんありますね。前回のKrushの試合(山際和希に判定負け)は、-67.5kg契約でやらせてもらったんですけど、心と身体が一つになっていなかったと思います。自分のファンの人たちにも期待してもらっていたのですが、その期待を裏切ってしまい、自分の甘さや弱い所が出た試合でした。なので今回は新階級であるウェルター級の一発目の試合で、しかもすごく強い久保選手が相手という凄いチャンスをもらったので、何としても掴みたいと思います」

――スーパーウェルター級で試合をして、牧平選手はどんなことがプラスになっていますか?

「やはり外国人選手と戦えたことが大きいですね。それが自分の中で強みになってる部分ではあります」

――試合に向けてどんな心境で準備を続けていますか?

「今は本当に『やるしかない』という気持ちと、ここでやらなきゃ先はないかなと思ってます。僕は今まで格上の選手に勝ったことがあまりないので、ここで勝たんと先はないかなと思います」

――牧平選手にとって久保選手は一つの大きな壁という位置づけですか?

「そうですね。ここで勝ったら自分ももう一つ変われるのかなと思うんで…本当に自分自身の勝負ですね」

――改めて久保選手にはどんな印象を持っていますか?

「最近は階級が違っていたので、あまり対戦するイメージはなくて、対戦相手として名前が出た時は結構ビックリしました。選手としては純粋に強いというのと凄く目がいいなと思っています」

――牧平選手はこの試合に向けて、どんな準備をして、久保選手に勝ちたいと思っていますか?

「色んなプライドを捨ててじゃないですけど、なんとしても勝たんと…。繰り返しになりますが、ここで勝つことで自分が変われるかもしれないというのが一番です。そしてここで格上の選手を倒して、もう一回上がっていくぞという気持ちです」

――牧平選手にとってもK-1は想い入れのある舞台だと思います。そんなK-1どんな自分を見せていきたいですか?

「自分は気持ちを見せるスタイルで、言ったら不器用なんですけど(苦笑)。でも気持ちを見せて久保選手に打ち勝って、ここから上っていくところを見てもらいたいですね」

――最後に牧平選手の試合を楽しみにしているファンの皆さんへメッセージをお願いします。

「前回出場した昨年7月の初代スーパーウェルター級王座決定トーナメントもそうだったんですけど、今回も自分の気持ちを見てもらいたいし、勝って自分が変われるというところを、自分自身もそうですし、ファンの皆さんにも見てもらいたいです」

(K-1 WORLD GP サイトより引用・ © 2014.M-1 Sports Media)


K-1 WORLD GP初代フェザー級(57.5kg)王座決定トーナメント

一回戦(1) 3分3R(延長1R)
小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場)
ジョシュ・トナー (オーストラリア/ストッケード・トレーニングセンター)

一回戦(2) 3分3R(延長1R)
戸邊隆馬(K-1ジム・シルバーウルフ)
エリアス・マムーディ(フランス)

一回戦(3) 3分3R(延長1R)
神戸翔太(POWER OF DREAM/TEAM AK)
ユン・チー (中国/大東翔クラブ/CFP)

一回戦(4) 3分3R(延長1R)
武尊(KREST/元K-1 WORLD GP -55kg王者)
ジェイミー・ウィーラン(英国/ダブルKジム)

リザーブファイト 3分3R(延長1R)
大滝裕太(ネクサスジム)
朝久裕貴(朝久道場)

準決勝(1) 3分3R(延長1R)
一回戦(1)勝者
一回戦(2)勝者

準決勝(2) 3分3R(延長1R)
一回戦(3)勝者
一回戦(4)勝者

決勝 3分3R(延長1R)
準決勝(1)勝者
準決勝(2)勝者

ワンマッチ

スーパー・ウェルター級(70kg) 3分3R(延長1R)
城戸康裕(谷山ジム)
サニー・ダルベック(スウェーデン)

ウェルター級(67.5kg) 3分3R(延長1R)
久保優太(K-1ジム五反田チーム・キングス)
牧平圭太(HALEO TOP TEAM)

スーパー・ライト級(65kg) 3分3R(延長1R)
左右田泰臣(K-1ジム・シルバーウルフ)
ファワド・セディッキ(オランダ/メジロジム)

プレリミナリーファイト スーパー・ライト級(65kg) 3分3R
峯山竜哉(ウィラサクレック・フェアテックス西川口)
篠原悠人(DURGA)

プレリミナリーファイト ライト級(62.5kg) 3分3R
東本央貴(KREST)
瑠輝也(TRY HARD GYM)

プレリミナリーファイト スーパー・バンタム級(55kg) 3分3R
江川優生(POWER OF DREAM)
リョウタ(鷹虎ジム)

K-1甲子園 -65kg 決勝 2分3R(延長1R)
近藤拳成(大阪府立西成高校2年)
本間 海(東京都立大山高校3年)

K-1甲子園 -60kg 決勝 2分3R(延長1R)
横山 巧(群馬県立新田暁高校3年)
西京佑馬(神奈川県立厚木清南高校1年)

K-1甲子園 -55kg 決勝 2分3R(延長1R)
椿原龍矢(大阪府立枚方なぎさ高校2年)
軍司泰斗(東京都立大山高校3年)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る