【ムエタイ】ムエタイで勝つための100の法則27~ボディを攻めろ!~

キング・ムエ佐藤孝也氏がムエタイで勝つ為の100の法則をキング・ムエ日記に書いている。

ムエタイを知らない人にも知っている人にも読んで欲しい内容だ。

今回のサブタイトルは~ボディを攻めろ!~

その①はこちら

その②はこちら

その③はこちら

その④はこちら〜外国人はKO以外勝てない?〜

その⑤はこちら~海斗戦で見せたタナデーの試合運びの妙~

その⑥はこちら〜ムエタイはバランスの競技〜

その⑦はこちら~セーンマニーの強さから見る、サウスポーの特性~

その⑧はこちら~サウスポー攻略法を考える~

その⑨はこちら~反則であって反則じゃない?~

その⑩はこちら~地味だけど必ずポイントになる技~ 

その11はこちら〜ムエタイ式計量の極意~

その12はこちら~なぜ連打か?~

その13はこちら~ロープ際をどう考える?~

その14はこちら~メジャースタジアムのチャンピオンになるには?~

その15はこちら~パンチャーに対するディフェンス~

その16はこちら~グーにはパー、パーにはチョキ、チョキにはグー~

その17はこちら~ムエタイといえば・・・ヒジ打ち!~

その18はこちら~一流選手でもリズムが崩れると・・・~

その19はこちら~一番ダメなのは動きの美しさがないこと!?~

その20はこちら~7/29(金)福田海斗VSトゥッカターペット戦の判定について~

その21はこちら番外編 ~日本で行われるメジャースタジアム・タイトルマッチについて~

その22はこちら番外編 ~日本で行われるメジャースタジアム・タイトルマッチについて(中編)~

その23はこちら番外編 ~日本で行われるメジャースタジアム・タイトルマッチについて(後編)〜

その24はこちら~タイ人潰し・・・ローキックとフットワークの2段構え~

その25はこちら〜わかりにくい(と言われる)ムエタイの判定をわかり易く~

その26はこちら〜ムエタイのエッセンスがぎっしり詰まったこの試合~

 

(下記キング・ムエ日記「ムエタイ最前線」より)


ムエタイで勝つ為の100の法則27

~ボディを攻めろ!~

先日、福田海斗が出場したラジャダムナンスタジアム・国王陛下追悼興行のメイン、スーパーレックvsセクサンの試合、

自分はスーパーレックのセコンドに付いていたので、セクサンの試合を初めて生で見ましたが、すごい迫力でした。

1発1発が強打でしかも回転が効く。これぞムエタイのパンチ!でしたね。

で、

この試合でセクサンが多用していた左ボディアッパー。

セクサンは、試合前からずっとこれを練習していたようですね。

スーパーレックはどちらかというとガードを固め前蹴り・ミドル、のタイプ。

足を(フックワークを)使うタイプでもないので、セクサンとしては左ボディが当たりやすい、当てやすいと考えたのでしょう。

この左ボディ、

ムエタイではそれほど見られません。

何もパンチでボディを攻めないということではありません。

古今東西、

スタミナ切れや体力のない相手のボディを攻めるのはセオリー。

一流のタイ人や日本人であっても、ボディが効かない選手はいないでしょう。

もちろん、我慢強い選手はいるでしょうが。

ムエタイでボディへのパンチといえばボディストレート。

左ボディが当たるくらいの距離であれば組んでしまうであろうし、

ヒジを合わされる可能性もある、

そして何より、その近い距離で左ボディを打つためにスタンスを広げ重心を落とすことは、かなりのリスクと考えるでしょう。

だから、

逆に考えれば、タイ人選手はその距離でそのパンチを喰らうことは慣れていないのですよ。

もちろん、上に挙げたようなリスクはあります。もしかするとリスクの方が勝るかもしれない。

しかし、

セクサンほどの強打で当てることができれば、当たらなくてもガード越しにでもプレッシャーを与えることができれば、展開を有利に進めることができるはず。

タイ人選手攻略に有効な、絶対覚えておくべき技の一つがこの左ボディ。

早速明日から練習ですね。

もう一つ、対タイ人の必殺技があります。

それはまだ次回紹介いたします。

IMG_9255

11月14日(月)ラジャダムナンスタジアム国王陛下追悼興行「スック ワンキントーン+ペットヴィセット」メイン、スーパーレックvsセクサン。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る