【K-1】第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントの組み合わせを発表!久保賢司が電撃復帰!4/22(土)

【興行名】K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~
【日 時】2017年4月22日(土)
【時 間】14:30開場 16:00開始
【場 所】国立代々木競技場第二体育館
【主 催】K-1実行委員会


1月29日(日)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて記者会見が行われ、4月22日(土)国立代々木競技場第二体育館大会で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」の対戦カードが発表された。

階級変更で武尊が返上したK-1スーパー・バンタム級の第2代王者を決めるトーナメント。日本からはKrush-53kg王者・武居由樹、Krush-55kg王者・寺戸伸近、武尊と同門の石田圭祐の出場が決定。そして久保優太の実弟でプロボクサーとしても活躍した久保賢司が電撃復帰を果たすことも発表された。

海外からは武尊とスーパー・バンタム級王座を争ったチャールズ・ボンジョバーニ、昨年11月に初代フェザー級王座決定トーナメントに出場したジェイミー・ウィーランらがエントリーしている。会見の詳細はのちほど公開予定。

[K-1 WORLD GP第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦/3分3R・延長1R] (1)石田圭祐VSチャールズ・ボンジョバーニ
(2)武居由樹VSアントニオ・オルデン
(3)寺戸伸近VSジェイミー・ウィーラン
(4)久保賢司VSリャン・ボーユー

[K-1 WORLD GP第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R] (1)の勝者VS(2)の勝者
(3)の勝者VS(4)の勝者

[K-1 WORLD GP第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・決勝/3分3R・延長1R] [K-1 WORLD GP第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R] 伊澤波人VS鈴木優也

▼出場選手プロフィール
[K-1 WORLD GP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R] 石田圭祐 Ishida Keisuke
国籍/日本 生年月日/1995年6月24日(21歳) 出身地/東京都八王子市
身長/165㎝ 所属/KREST
通算戦績/20戦16勝(8KO)4敗
twitter/@keisuke_ishida

小学生時代にテコンドーを学び、K-1出場の夢を果たすためにキックボクシングの道へ進む。2012年6月にKrushでプロデビューすると、シャープなパンチと蹴りをミックスしたバランスのとれたファイトスタイルと軽量級離れした攻撃力でKOの山を築く。2015年4月の初代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントのリザーブファイトにも抜擢されて勝利を収めている。現在、主戦場のKrushでは5連勝と波に乗っており、スーパー・バンタム級で最も勢いのあるファイターだと言っていいだろう。

チャールズ・ボンジョバーニ Charles Bongiovanni
国籍/フランス 生年月日/1986年10月30日(30歳) 出身地/フランス・ディジョン
身長/171cm 所属/Tiger’s Den
通算戦績/19戦17勝(7KO)2敗
主なタイトル歴
Kings of Muay Thai -61kg王者

10代までサッカーで名を馳せ、20代半ばでキックボクシングを始めた遅咲きのファイター。強靭なフィジカルとサウスポーから繰り出す破壊力抜群の左ストレートで勝ち星を重ね、プロデビューから16戦16勝という戦績を誇った。2015年9月のK-1初参戦ではダニエル・ウィリアムスをその拳でマットに沈めて、同年11月に当時スーパー・バンタム級王者だった武尊に挑戦。1Rに先に左ストレートでダウンを奪い、武尊をあわやのところまで追いつめた。ロングリーチから繰り出す左の強打で、悲願のK-1王座への戦いに挑む。

[K-1 WORLD GP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R] 武居由樹 Takei Yoshiki
国籍/日本 生年月日/1996年7月12日(20歳) 出身地/東京都足立区
身長/168cm 所属/POWER OF DREAM
通算戦績/11戦9勝(6KO)2敗
主なタイトル歴
初代Krush -53kg王者
twitter/@tankiti01

かつては“悪ガキ少年”だったが、中学時代にPOWER OF DREAMの古川誠一会長と出会い、会長の自宅に住みながら練習の日々を過ごす。類まれな格闘技センスですぐに頭角を現し、2014年11月にKrushでプロデビュー。初代-53kg王座決定トーナメントでは2連続KOで初代王座に就いた。Krush最軽量級ながらパンチ・蹴りどちらでもKOできる武器を持っており“究極の壊し合い”を掲げるKrushを代表するチャンピオンになった。2017年はKrushでの王座防衛と共にK-1スーパー・バンタム級王座奪取という野望を掲げている。

アントニオ・オルデン Antonio Orden
国籍/スペイン 生年月日/1991年10月14日(25歳) 出身地/スペイン・マドリード
身長/172cm 所属/Petrus&Lion Thaimartin
通算戦績/27戦25勝(2KO)2敗
主なタイトル歴
HMF Professionalトーナメント優勝
WKAスペイン王者
HMFスペイン王者
WKAヨーロッパ王者

サッカーに明け暮れた少年時代を過ごし、K-1で戦うブアカーオの姿を見たことがきっかけで格闘技の道へ進む。スペイン国内ではムエタイルールを中心にキャリアを重ね、25勝2敗という安定した強さを発揮。スペインとヨーロッパで数々のタイトルを獲得してきた。長いリーチとサウスポースタイルから繰り出す多彩な攻撃が特徴的で、最大の武器は的確に相手の足を捉える強烈なローキック。現地では“El Zurdo”(スペイン語で左利きの名手)の異名を持つ。K-1初参戦で世界中の立ち技格闘技ファンに自分の強さを知らしめたい。

[K-1 WORLD GP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R] 寺戸伸近 Terado Nobuchika
国籍/日本 生年月日/1980年9月9日(36歳) 出身地/島根県浜田市
身長/166cm 所属/Booch Beat
通算戦績/49戦38勝(16KO)10敗1分
主なタイトル歴
第5代Krush -55kg王者
第24代全日本キックボクシング連盟バンタム級王者
第2代M-1バンタム級王者
第2代RISE 55kg級王者
ISKA世界バンタム級王者
twitter/@NobuchikaTerado

2003年12月に全日本キックでプロデビュー、一時はキックボクシング3団体のベルトを保持する“キック三冠王”として軽量級に確固たる地位を築いた。Krushを主戦場にするようになってからも、リスクを恐れない勇敢な戦いぶりで会場を沸かせ、一撃必殺の右ストレートによる逆転KO勝ちも多い。最近ではベテランらしい老獪な試合運びも身につけ、2016年9月には第5代Krush-55kg王者となった。プロ生活も10年を超え、50戦近いキャリアがありながら、不屈の激闘王は今もなお成長と進化を続けている。

ジェイミー・ウィーラン Jamie Whelan
国籍/イギリス 生年月日/1994年5月19日(22歳) 出身地/イギリス・ロンドン
身長/167cm 所属/Double K Gym
通算戦績/28戦26勝(6KO)2敗
主なタイトル歴
ISKA世界スーパー・フェザー級王者
WKN欧州スーパー・フェザー級王者
twitter/@jamiemwhelan

立ち技・総合問わず多くのチャンピオンを輩出したイギリスの名門Double K Gymに所属し、これまで3本のベルトを腰に巻いた。スピード溢れるコンビネーションを駆使したファイトスタイルで、現世代のトップ選手たちを次々と倒していく姿から“Young Blood”と呼ばれ恐れられる。2016年11月の初代K-1フェザー級王座決定トーナメント一回戦で武尊と激突。武尊の強打にダウンを喫して敗れたものの、強烈なローキックで武尊の足を破壊した。2017年からはスーパー・バンタム級に階級を下げてK-1王座獲りを狙う。

[K-1 WORLD GP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R] 久保賢司 Kubo Kenji
国籍/日本 生年月日/1989年4月4日(27歳) 出身地/東京都立川市
身長/168cm 所属/K-1ジム五反田チームキングス
通算戦績/26戦21勝(14KO)5敗 ※プロボクシング戦績/10戦5勝(2KO)4敗1分
主なタイトル歴
第6代NJKFフライ級王者
WPMO世界フライ級王者
第3代RISEバンタム級王者
twitter/@kenji0404

2006年9月、17歳の若さでプロデビュー。翌年のK-1甲子園に参戦するなど、兄・久保優太と共に注目を集める。キックボクシングで国内タイトルを獲得したあと、2012年にプロボクシングへの転向を表明。ボクシングでも世界ランカーとも拳を交え、2015年8月に現役引退を発表した。その後、K-1ジム五反田でチーフトレーナーを務めていたが、第2代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントを機にK-1ファイターとして現役復帰。ボクシングで培った鋭いパンチを武器にK-1の頂点を目指す。

リャン・ボーユー Leung Pakyu
国籍/中国 生年月日/1994年5月5日(22歳) 出身地/中国・香港
身長/168cm 所属/香港富德拳館/CFP
通算戦績/31戦21勝9敗1分
主なタイトル歴
2014年 世界華人搏撃連盟 -54kg級王者
2016年 WMO -54kg級 香港王者

幼少期に家族から格闘技を勧められてムエタイを選んだという中国生まれのムエタイ戦士。アマチュアムエタイの世界大会にも出場経験があり、中国国内では武林風など数多くの大会でキャリアを積む。また魔裟斗VSブアカーオの試合を見てK-1の存在を知り、K-1のリングで戦うことを長らく夢見てきた。ムエタイで培った多彩な蹴り技を得意とし、これまで数々のパンチャーたちを蹴りで沈めてきた蹴りの名手。「ムエタイとK-1の技術を融合させて、K-1のベルトを巻きたい」とK-1のリングで中国旋風を巻き起こすつもりだ。

[K-1 WORLD GP 第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R] 伊澤波人 Izawa Namito
国籍/日本 生年月日/1992年7月15日(24歳) 出身地/神奈川県茅ケ崎市
身長/170cm 所属/KREST
通算戦績/33戦23勝(7KO)8敗2分
主なタイトル歴
中国「英雄伝説」世界-57kg級王者
twitter/@namitoizawa

空手仕込みの多彩なローキックで徹底的に対戦相手の足を破壊することから“無限ローキック”の異名を持つ。2009・2010年のK-1甲子園に出場し、Krushには2010年2月の「Krush.6」から参戦。2014年には中国・英雄伝説にも参戦し、同団体の-57kg級世界王座を2度獲得するなど、日本だけでなく中国でもその実力を知られる存在となった。今回、第2代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントのリザーブファイトでK-1参戦を果たすことになり、過去に2戦2敗している鈴木優也へのリベンジに燃えている。

鈴木優也 Suzuki Yuya
国籍/日本 生年月日/1988年1月17日(29歳) 出身地/神奈川県横浜市
身長/170cm 所属/K-1ジム目黒TEAM TIGER
通算戦績/23戦10勝(1KO)12敗1分
twitter/@17_superstar

学生キックボクシングバンタム級王者(2008年)の肩書を持ち、選手層の厚い-55kgファイターの中でも高い技術力を誇り、バランスのよいファイトスタイルを特徴としている。一時は4連敗を喫した時期もあるが、2015年以降は着実に勝ち星を積み重ね、2017年1月には元Krush-55kg王者・堀尾竜司からも勝利。第2代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントのリザーブファイトに抜擢された。対戦相手の伊澤波人とは過去に2度対戦して2勝しており、K-1という大舞台で改めて力の差を見せつけたい。


一回戦(1) 3分3R(延長1R)
石田圭祐(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
チャールズ・ボンジョバーニ(フランス/タイガーズ・デン)

一回戦(2) 3分3R(延長1R)
武居由樹(POWER OF DREAM/Krush -53kg王者)
アントニオ・オルデン [Antonio Orden](スペイン/ペトラス&ライオン・タイマーティン)

一回戦(3) 3分3R(延長1R)
寺戸伸近(Booch Beat/Krush -55kg王者)
ジェイミー・ウィーラン(英国/ダブルKジム/ISKA世界スーパーフェザー級王者)

一回戦(4) 3分3R(延長1R)
久保賢司(K-1ジム五反田チームキングス/元RISEバンタム級(55kg)王者、元NJKFフライ級王者)
リャン・ボーユー [Leung Pakyu](中国/香港富德拳館/CFP)

リザーブファイト 3分3R(延長1R)
伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/中国英雄伝説世界-57kg級王者)
鈴木優也(K-1ジム目黒TEAM TIGER)

K-1 WORLD GPスーパー・ライト級(-65kg)タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム/王者)
山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/挑戦者)

フェザー級(-57.5kg)(ノンタイトル戦) 3分3R(延長1R)
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1 WORLD GP王者)
ビクトー・サラビア [Victor Saravia](米国/ムエタイアメリカジム)

スーパー・ライト級(-65kg) 3分3R(延長1R)
HIROYA(TRY HARD GYM/元Krush -65kg王者)
大和哲也(大和ジム/K-1 WORLD MAX 2010 -63kg日本トーナメント優勝、元WBCムエタイ世界スーパーライト級王者、ライオンファイト同級王者)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)