【J-NETWORK】追加カード発表!バンタム級新人王がNKBのランカーと対戦 5/5(日)

【興行名】J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~2nd
【日 時】2017年5月5日(金・祝)
【時 間】開場:17:00 試合開始:17:10(予定)
【場 所】後楽園ホール
【主 催】J-NETWORK

2017年5月5日(金・祝)東京・後楽園ホールにて『J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~2nd』が行われる。

森貴慎海老原竜司①

今年3月に強豪揃いのSTRUGGLE所属・中田ユウジを1RKOで下しJ-NETWORK2016年度バンタム級新人王に輝いた森貴慎(トイカツ道場/J-NETWORKバンタム級10位)が参戦。自身初の肘有りルールでNKBバンタム級3位の海老原竜二(NKB・神武館)と対戦することが決定した。
森は昨年8月にJ-NET初参戦。J-NETWORK2016年度バンタム級新人王トーナメント一回戦で対戦相手のラッセル拳斗(小比類巻道場)を1R1分39秒でTKOで下し、さらに同年12月、今年3月と対戦相手を1RKOで下し連勝街道まっしぐら。現在5戦4勝4KOと脅威のKO率を誇るJ-NETWORK軽量級のホープ。
その森に対するのは海老原竜二(NKB・神武館)だ。海老原はデビューから2連敗を喫したものの、その後4連勝と今NKBで最も勢いがあると噂される神武館・榎本館長の秘蔵っ子。今年2月のNKB興行ではベテランの前島マルコス(テツジム)から3度のダウンを奪い勝利した。

共に連勝中の森と海老原。連勝をストップさせ、勝利を掴み取るのは果たして・・・!?

また、4月から開幕したJ-NETWORKライトヘビー級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦の第2グループとして、藤田智也(小比類巻道場/J-NETWORKライトヘビー級2位)vs中村充利(キックロード)が決定。
藤田は今年2月にJ-NETWORKライトヘビー級王者になった武来安(上州松井ジム)と昨年2月大会で対戦。2Rにダウンを奪い判定勝利を収めている。対する中村は昨年12月に行われたJ-NETWORK2016年度ライトヘビー級新人王トーナメント決勝戦にて、ムハナド・アスラン(谷川道場)と対戦。惜しくも優勝は逃したものの、激しい攻防を繰り広げ準優勝と奮闘した。

<追加対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼バンタム級 3分3R※肘有り
森貴慎[もり きしん](トイカツ道場/J-NETWORKバンタム級10位 J-NETWORK2016年度バンタム級新人王)
海老原竜二[えびはら りゅうじ](NKB・神武館/NKBバンタム級3位)

▼J-NETWORKライトヘビー級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
藤田智也[ふじた ともや](小比類巻道場/J-NETWORKライトヘビー級2位)
中村充利[なかむら みつとし](キックロード)

▼54kg契約 3分3R※肘有り
高木慎一[たかぎ しんいち](ウルフキックボクシングジム)
工藤”red”玲央[くどう”れっど”れお](ファイヤー高田馬場/J-NETWORKスーパーバンタム級8位)


<決定対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-NETWORKスーパーフライ級王座決定戦 3分5R(延長1R)
鳩[あつむ](TSKjapan/J-NETWORKスーパーフライ級2位 蹴拳ムエタイ初代スーパーフライ級王者)
松﨑公則[まつざき きみのり](STRUGGLE/J-NETWORKスーパーフライ級4位 REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者 元WPMF日本スーパーフライ級王者 元REBELS-MUAYTHAIフライ級チャンピオン)

▼J-NETWORKスーパーウェルター級次期王者挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1
笹谷淳[ささたに あつし](Team COMRADE/J-NETWORKスーパーウェルター級1位 元J-NETWORKウェルター級王者)
加藤智亮[かとう ともあき](バンゲリングベイ・スピリット/誠真会館/J-NETWORKスーパーウェルター級3位 2015北斗旗全日本空道体力別選手権大会-250優勝)

▼57kg契約 3分3R※肘有り
伊仙町典久[いせんちょう のりひさ](BLA-FREY/J-NETWORKスーパーバンタム級王者)
村越優汰[むらこし ゆうた](湘南格闘クラブ/元RISEバンタム級王者 J-NETWORKスーパーバンタム級4位)

▼J-NETWORKバンタム級次期暫定王者挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1
小嶋勇貴[こじま ゆうき](NFG/J-NETWORKスーパーフライ級6位 J-NETWORK2016年度スーパーフライ級新人王)
リヨン・ウバイ[りよん・うばい](ウズベキスタン/MA・國土會/MA日本バンタム級8位)

▼J-NETWORK 2017 スーパーフライ級新人王トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1※肘無し
響波[きょうは](Y’s glow)
比嘉龍一[ひが りゅういち](FKD)

▼J-NETWORKフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
BRO.RYO[ぶらざー りょう](バンゲリングベイ・スピリット/J-NETWORKフェザー級7位)
原島モルモット佑治[はらしま もるもっと ゆうじ](TESSAI GYM)

▼J-NETWORKフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
浜川慎司[はまかわ しんじ](クレインムエタイジム)
聖[さとる](フォルティス渋谷)

▼56kg契約 3分3R
塚原圭[つかはら けい](T-GYM)
桜井悠生[さくらい ゆうき](レーング東中野)

▼バンタム級 3分3R※肘有り
森貴慎[もり きしん](トイカツ道場/J-NETWORKバンタム級10位 J-NETWORK2016年度バンタム級新人王)
海老原竜二[えびはら りゅうじ](NKB・神武館/NKBバンタム級3位)

▼J-NETWORKライトヘビー級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
藤田智也[ふじた ともや](小比類巻道場/J-NETWORKライトヘビー級2位)
中村充利[なかむら みつとし](キックロード)

▼54kg契約 3分3R※肘有り
高木慎一[たかぎ しんいち](ウルフキックボクシングジム)
工藤”red”玲央[くどう”れっど”れお](ファイヤー高田馬場/J-NETWORKスーパーバンタム級8位)

※試合順は未定
※選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る