【J-NETWORK】J-KICK 2017 1st 若山龍嗣が日畑達也を迎え防衛戦!! 2/25(土)

【興行名】J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~1st
【日 時】2017年2月25日(土)
【時 間】開場:17:00 試合開始:17:30(予定)
【場 所】後楽園ホール
【主 催】J-NETWORK

<チケット料金>
VIP席15,000円(数量限定)SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-5784-0544
e-mail:jnetwork.info@gmail.com

 
2017年2月25日(土)東京・後楽園ホールにてJ-NETWORK旗揚げ興行から20周年のアニバーサリーイヤー1発目となる『J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~1st』が行われる。

%e8%8b%a5%e5%b1%b1%e9%be%8d%e5%97%a3 %e6%97%a5%e7%95%91%e9%81%94%e4%b9%9f

J-NETWORKスーパーフライ級王者・若山龍嗣(DRAGON GYM)が昨年取り戻したベルトを懸け防衛戦を行うことが決定した。若山は2013年5月にJ-NETWORKスーパーフライ級王座に冠位。2014年6月大会で優希にJ-NET王座を奪い返されるも、その後は本場タイでPK-1王座を獲得し、ホームであるドラゴンボクシングスタジアム(DBS)の王座も防衛も果たし、2015年6月に当時僅かプロ6戦目で王座戦に大抜擢された鳩(TSKjapan)を激しい攻防の末、僅差の判定で下し一年ぶりにベルトをその腰に取り戻した。今年11月に行われたDBSスーパーフライ級タイトルマッチでは大差を付けて判定勝ちし、2度目の防衛を果たしている。
その若山に対するは、今年8月に約4年ぶりに参戦を果たした元GLADIATOR武士道キックフライ級王者・日畑達也(FKD)。日畑はKrushやBOMで経験を積み、長年活躍してきたバンタム級から階級を下げ、J-NETWORKスーパーフライ級次期王者挑戦権を懸けて、若山と王座決定戦を行った鳩と対戦。蹴拳王座を獲得して波に乗る鳩を接戦を制し、王者・若山への挑戦権を手に入れた。

王者の貫禄を見せ始めた若山が防衛を果たすのか?日畑がタイトルマッチを制しベルト戴冠となるか?

%e5%b2%a9%ef%a8%91%e6%82%a0%e6%96%97%e6%9d%89%e6%9c%ac%e5%8d%93%e4%b9%9f

また、今年2月に元J-NETWORKライト級王者・高橋幸光を破ってJ-NETWORKスーパーライト級王座に輝いた岩﨑悠斗(Ten Clover Gym)が参戦。今年5月から開催されたJ-NETWORK同級時期王者挑戦者決定トーナメントを見事勝ち抜いた”若き和製ナックモエ”杉本卓也(WSRフェアテックス/J-NETWORKスーパーライト級2位)を迎え初防衛戦を行うことが決定した。
岩﨑は10月のKrushにて-63kgタイトルマッチの挑戦者に抜擢されるもダウンを奪われ敗戦、今回が復帰戦となる。対する杉本はK-1などで活躍中のゲーオやゴンナパーと同門の24歳。トーナメントを勝ち上がった勢いそのままに、自身初のタイトル奪取となるか?

(J-NETWORKリリースより)


<追加対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-NETWORKスーパーフライ級タイトルマッチ 3分5R
若山龍嗣[わかやま りゅうじ](DRAGON GYM/J-NETWORKスーパーフライ級王者 DBSスーパーフライ級王者)
日畑達也[ひばた たつや](FKD/J-NETWORK同級1位 KOSス-パ-フライ級1位、元GLADIATOR武士道キックフライ級王者)

▼J-NETWORKスーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
岩﨑悠斗[いわさき ひろと](Ten Clover Gym/J-NETWORKスーパーライト級王者 S-Battleライト級王者)
杉本卓也[すぎもと たくや](WSRフェアテックス/J-NETWORK同級2位)

<決定対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-NETWORKフェザー級タイトルマッチ 3分5R
八神剣太[やがみ けんた](レジェンド横浜/J-NETWORKフェザー級王者 WPMF日本同級王者 RISEフェザー級2位)
宮﨑勇樹[みやざき ゆうき](MA・相模原Sジム/J-NETWORKフェザー級3位)

▼J-NETWORKスーパーフライ級タイトルマッチ 3分5R
若山龍嗣[わかやま りゅうじ](DRAGON GYM/J-NETWORKスーパーフライ級王者 DBSスーパーフライ級王者)
日畑達也[ひばた たつや](FKD/J-NETWORKスーパーフライ級1位 KOSス-パ-フライ級1位、元GLADIATOR武士道キックフライ級王者)

▼J-NETWORKスーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
岩﨑悠斗[いわさき ひろと](Ten Clover Gym/J-NETWORKスーパーライト級王者 S-Battleライト級王者)
杉本卓也[すぎもと たくや](WSRフェアテックス/J-NETWORK同級2位)

※ カード順は未定
※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】初代ヘビー級王座決定トーナメント【日 時】2017年11月23日(木・祝)【時 間…
ページ上部へ戻る