【タイ】ラジャダムナンスタジアム「スック ワンキントーン」にWMC日本フライ級王者となった大崎一貴が出場!4/12(水)

oosaki

先月の「ムエローク2017 1st」(3月5日(日)、新宿FACE)でWMC日本フライ級王者となった大崎一貴(OISHIGYM)が王者第1戦をラジャダムナンスタジアム「スック ワンキントーン」平日興行で迎えることとなった。

大崎はキレのあるパンチと的確なムエタイテクニックで今年、2月6日(月)にもラジャダムナンスタジアムに出場しKO勝ちを収めている。過去、タイでの試合経験も豊富で “ムエ・マッド”(パンチャー)としてプロモーターの目にとまり、今後の定期参戦も予定されている。

今回は第9試合でジャムタレイ・シットクンティン(タイ)と対戦する。ジャムタレイの詳細は明らかではないが、ムエタイが盛んなタイ南部出身の若手選手ということで、侮れない選手であることは間違いなさそうだ。

なお、今大会のメインにはスーパーフライ級の現役ランカー、フルックノーイ・ムーサパーンマイとウィラポンレック・ウォーワンチャイの新旧対決が予定されている。

(写真・記事提供:MuayThai Super Fight)


〜4月12日(水)ラジャダムナンスタジアム「スック ワンキントーン」〜

※メイン 116ポンド契約 3分×5R
フルックノーイ・ムーサパーンマイ(タイ/ラジャダムナンスタジアムスーパーフライ級9位)
ウィラポンレック・ウォーワンチャイ(タイ)

※第9試合110ポンド契約 3分×5R
カズキ・ウォーワンチャイ(大崎一貴/WMC日本フライ級王者/OISHIGYM)
ジャムタレイ・シットクンティン(タイ)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る