【Krush.76】木村”フィリップ”ミノル vs KENJIのインタビューを公開 5/28(日)

興行名】Krush.76
【日 時】2017年5月28日(日)
【時 間】17:00開場/本戦開始前にプレリミナリーファイト予定 18:00開始
【場 所】後楽園ホール
【主 催】グッドルーザー

 

5月28日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.76」の[Krush -67kg Fight]でKENJIと対戦する木村”フィリップ”ミノルのインタビューを公開!
――「Krush.74」で西川康平選手に敗れてから1カ月間、練習を休んだと聞いています。試合に向けて練習を再開して、どんな手応えや感覚がありますか?

「気持ちも休まったし、ダメージのことも含めて、格闘技は凄く頭が大事なスポーツだと思いましたね。今は戦う上のでの発想や試合のプランなどもスッキリして、色々と自分がやりたいことが分かってきました。テンション的な部分ではめっちゃ落ち込みましたけど…今は良い感覚を取り戻していますね。練習をすぐにやりたいという気持ちを我慢していた分、それが良い方向に向いています」

――前回の試合から練習環境を変えて、ウィラサクレックジムでゲーオやゴンナパーとも肌を合わせています。どんな変化がありましたか?

「ウィラサクレックジムで学ぶものを学んで、彼らの強さを肌で感じて凄くプラスになっています。やっぱりそこで自分が飛び抜けているものがパンチの技術で、これからは自分にしか出来ない戦い方を出せるような練習にも力を入れて取り組む予定です。ムエタイの技術を取り入れつつ、自分のオリジナルも出していくって感じですね。なのでここからはパンチの技術も今までよりも磨いていきます」

――そこで今回の対戦相手はKENJI選手に決まりました。木村選手の中では相手が誰になっても気にならなかったですか?

「気にならなかったですね。最近は試合自体が少なかったので、今はとにかく試合をして試合勘を取り戻すことが大事だと思っています。2015年11月にゲーオに負けた試合から始まって、去年は3月に野杁(正明)選手に負けて、6月にNOMAN選手に勝って、ここから復活という時に総合格闘技の試合が入って、バランスが取り難い部分があったんですよ。年末の試合がなくなって3月の『Krush.74』の試合まで、結果的に約半年も試合間隔が空いてしまったし。本当に試合勘は大事なものだと感じています」

――ではKENJI戦ではいかに自分らしさを出せるのかも大事なポイントですね。

「はい。試合の時にしか感じることができない緊張感をゆっくり噛みしめて試合をスタートしたいと思います。前回の試合では変な気合いの入り方をしちゃって焦りもあったので(苦笑)」

――記者会見では「前回の試合で負けた後、色んなところで対戦要求ととれる言葉があって、めっちゃムカついている」という言葉もありました。自分がやってきたことや築いてきたことが他の選手たちに軽く見られることにいら立ちがありましたか?

「こういう(結果が出ていない)タイミングを狙って、自分の名前に群がってきているのが許せなかったですね。僕はそうやって名前を売ってきたわけじゃないし、強い時期に強い選手と戦うことをモットーにしてやってきました。それと反することを周りにやられて、自分のことをナメられているなと思いました。

でも自分が特別な存在なんだということに気づきました、前回の試合に負けたからこそ。どんな偉大なファイターでも負けることはある。でも偉大なファイターが負けたことは印象に残っても、誰に負けたかは覚えてないじゃないですか。マイク・タイソンも引退する前に2連敗しているんですけど、じゃあ誰がタイソンに勝ったかってすぐに名前が出てこないですよね?

そうやって特別な選手は負けたとしても、その負けが見ている人の印象に残るんです。だからこそ特別な選手は勝っていかなきゃいけないと思うし、自分がどうやってここまできたかを軽く見られたことは凄くムカつきました。今回の試合は勝負に徹して戦います」

――それでは木村選手の復活を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いできますか?

「僕のことを心を込めて応援してくれている人たちには…すごくあっけない想いをさせてしまいました。総合格闘技に出場すると言って惨めな結果を見せてしまったし、僕がKrushで復帰することになって、Krushまで見に来てくれた人たちに悲しい思いをさせてしまいました。昔の話をすれば、ようやくKrushでタイトルマッチまでこぎ付けたのに、そこでも負けて悲しい思いをさせています。

だからこそ僕には特別な想いがあるんですよ。僕は結果が大事だと思っているんですけど、その中でファンが喜んでくれたら嬉しいです。そのためには今回の試合だけでなく、これから自分が勝ち進んで自分のゴールまで辿り着いた時、僕を応援してくれる人たちが一緒に喜んでくれたらいいなと思います。今回そのゴールに向けた一発目の試合、新しいスタートを見てほしいです」


5月28日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.76」の[Krush -67kg Fight]で木村”フィリップ”ミノルと対戦するKENJIのインタビューを公開!
――「Krush.74」での牧平圭太戦は、カットによるTKO負けというKENJI選手にとっては不完全燃焼の試合だったと思います。試合後はどんな心境でしたか?

「正直、自分の距離で戦えなかったというか…相手のプレッシャーがありましたね。気負いすぎた部分があったり、力が入りすぎてバランスを崩したり、距離を詰めすぎて強いパンチを打てなかったです」

――Krush-67kgの元王者の牧平選手と戦って分かったことや手応えはありましたか?

「自分の1番の武器であるフィジカルや気持ちでは負けないかなと思いました。そういう自分の武器が元チャンピオンにも通用したことは大きな自信になりました」

――あまり試合間隔が開かずに試合が決まりましたが、今回のオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「早く試合をやりたいと思っていたので『全然やるよ!』って感じで即答でしたね」

――しかも対戦相手は木村“フィリップ”ミノル選手です。気持ち的に燃えた部分もあったのではないですか?

「はい。木村選手は-65kgでトップの選手だったし、強い選手が来たことでモチベーションは上がりました」

――木村選手にはどんな印象を持っていましたか?

「初動が速いハードパンチャーというイメージがありますね。ただ強い時は本当に強いけど、崩れたら弱い選手だと思います。あと一つ言いたいのは俺らが戦っている-67kgという階級は真っ向勝負を持ち味にした選手が多くて、命賭けで戦っている選手たちしかいないんですよ。でも木村選手は-67kgで試合をやる前に『-67kgはどっこいどっこいの選手しかいない』みたいなことを言っていて、それは聞き捨てならなかったですね。-67kgの選手たちを馬鹿にしているように聞こえて、俺は『ナメんなよ!』と思いました」

――木村選手の発言に感情的になっていた部分もあったんですね。

「そうですね。ぶっちゃけムカつきましたよ。そのムカついた気持ちも含めて、全部ぶつけてブッ倒してやりたいです」

――KENJI選手は今年勝負を懸けていると明言していますが、このまま試合を続けて完全燃焼したいという気持ちですか?

「完全燃焼したいですね。俺は壊されてもいいからガンガン戦って、納得する形で終わりたいと思うので、強いやつともっと戦いたいです」

――KENJI選手の試合を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをいただけますか?

「気持ちがこもった命賭けの試合をするので、その姿勢を見せたいと思います」

(Krushリリースより© 2017 GOOD LOSER)


【決定対戦カード】

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント決勝 3分3R・延長1R
レオナ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット)
安保璃紅(TRY HARD GYM)

Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R・延長1R
郷州征宜(K-1ジム総本部チームペガサス)
闘士(池袋BLUE DOG GYM)

Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R・延長1R
大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)
横山 巧(リーブルロア)

Krush女子 -50kg契約/3分3R・延長1R
KANA(日本/K-1ジム・シルバーウルフ)
グレイス・スパイサー(イギリス/Double K Gym)

Krush -67kg Fight/3分3R・延長1R
木村”フィリップ”ミノル(ブラジル/Team Philip/GSA/WSR)
KENJI(日本/K-1ジムEBISU小比類巻道場)

Krush -58kg Fight/3分3R・延長1R
大岩龍矢(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
芦澤竜誠(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

Krush女子 -45kg契約/3分3R
Little Tiger(日本/WSRフェアテックス三ノ輪)
平岡 琴(日本/K-1ジムYOKOHAMA TEAM TORNADO)

Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R
眞暢(TEAM ONE LINK)
栗原圭佑(Fighting Kairos)

Krush -53kg Fight/3分3R・延長1R
隆聖(ドージョー☆シャカリキ)
隼也ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪)

Krush -58kg Fight/3分3R
翔太(K-1ジム・シルバーウルフ)
KAZUMU(Gwinds)

Krush HEAVY WEIGHT Fight/3分3R
訓 -NORI-(K-1ジム総本部チームペガサス)
OD・KEN(ReBORN経堂)

Krush 女子 -45kg契約/2分3R
テキサス・アユミ(STURGIS新宿ジム)
福原優(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る