【krush.79】KANAが名古屋大会に初参戦「見に来てくれた人全員を虜にします」 8/20(日)

【興行名】Krush.79 ~in NAGOYA~
【日 時】2017年8月20日(日)
【時 間】16:00開始(15:00開場/本戦開始前にプレリミナリーファイト予定)
【場 所】名古屋国際会議場イベントホール
【主 催】グッドルーザー

 

6月8日(木)新宿区・GSPメディアセンターにて記者会見が行われ、8月20日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホール「Krush.79 ~in NAGOYA~」の追加対戦カードが発表された。
第2代Krush女子王者KANAの名古屋大会への初出場が決まった。K-1ジム・シルバーウルフ所属のKANAは三重県松阪市出身。地元が名古屋から近いこともあり「普段、東京まで試合を見に来ることが出来ない人がたくさん来てくれると思うので、自分が名古屋Krushを盛り上げようと思います。名古屋大会への出場が決まってうれしいです」と語る。

対戦相手は国内外から選考中で後日発表となっているが「再起戦になった前回のグレイス・スパイサー戦(KANAが判定勝ち)の試合映像を見直して、これからやっていくべきことを決めて、練習を再開しています。誰が相手でも自分が試合をすれば盛り上がる試合になると思います」と自信。「次の相手は現王者のメロニー・ヘウへスしかいないと思われるくらいの試合をして、見に来てくれた人全員を虜にします」とタイトル奪還につながる試合をすると宣言した。

そして総合格闘家で修斗世界ランカーの祖根寿麻がKrush初参戦(※対戦相手は後日発表)。「最近は立ち技の選手でMMA(総合格闘技)に上がる選手が多いので、なめられてもいけないと思って、MMAから立ち技に行って暴れてみようと思った」とKrush参戦の理由を語る祖根は「僕は打撃が得意だし、立ち技の選手たちとも練習している。僕は倒しに行くタイプで、基本的に倒れることがない。誰が相手でも僕が倒します」と力強く語った。

この日の会見では野杁正明vsディエゴ・フレイタスと大和哲也vsチャド・コリンズに加え、4試合&2人の参戦選手を発表され、佐藤嘉洋・大会実行委員長によれば大会チケットの約半数が売れているという。昨年に続いて名古屋の格闘技ショップ・公武堂の協力により8月5日(土)大須夏祭りへのイベント参加も決まり、佐藤実行委員長、野杁&大和両選手の参加も予定。今年のKrush名古屋大会も熱く盛り上がっていきそうだ!


-65kg Fight 3分3R(延長1R)
野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場/元Krush -67kg王者)
ディエゴ・フレイタスポルトガル/ISKA欧州スーパーライト級王者)

-65kg Fight 3分3R(延長1R)
大和哲也(大和ジム/K-1 WORLD MAX 2010 -63kg日本トーナメント優勝、元WBCムエタイ世界スーパーライト級王者、ライオンファイト同級王者)
チャド・コリンズ (オーストラリア/WKA豪州スーパーライト級王者)

-58kg Fight 3分3R(延長1R)
古谷野一樹(クロスポイント古賀/REBELS 57.5kg級王者)
大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

HEAVYWEIGHT Fight 3分3R(延長1R)
愛鷹 亮(力道場静岡/Bigbangヘビー級王者)
岩下雅大(BULLS/元SB日本ヘビー級1位)

-63kg Fight 3分3R(延長1R)
東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
泰斗(チーム泰斗)

-65kg Fight 3分3R(延長1R)
篠原悠人(DURGA/K-1甲子園’15 -65kg優勝)
近藤拳成(大成会館/K-1甲子園’16 -65kg優勝)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る