【RISE.116】優吾・FLYSKYGYMvs植山征紀の事前インタビューを公開。3/5(日)

【興行名】RISE116
【日 時】2017年3月5日(日)
【時 間】開場17時/本戦開始18時 ※本戦開始前にオープニングファイトを予定
【場 所】後楽園ホール
【主 催】RISEクリエーション株式会社

8c2cf0_02810d1160ab4712ac223a0045331567~mv2

【イベント情報|3月5日 RISE116】
今大会の裏メイン?優吾・FLYSKYGYM、植山征紀 事前インタビュー

RISE116第5試合で行われます『優吾・FLYSKYGYMvs植山征紀』両者の事前インタビューをお送りします。
今大会でも前評判が高く裏メインとも言われているカードです。
那須川天心を頂点とした55kg級戦線で重要な一戦となるのは必至。どうぞご期待下さい。

■RISE116事前インタビュー 優吾・FLYSKYGYM『植山選手、格闘家っぽい感じがして格好良いですね。僕は一般人なんで…』

16938754_1391878920871411_5898151085484671876_n

–昨年9月のRISE以来で久しぶりの試合になりますね。ほぼ半年近く空きましたね。不安は無いですか?
「不安は無いですね。練習はずっとやってました。」

–試合はしていない間に何か成長した事はありますか?
「真面目になった事ですかね。」

–真面目…?
「練習をするんですよ。」

–前々から練習は好きじゃなかったですよね?
「今でも全然好きじゃないですけど、とりあえずジムに来るようにし始めました。
ジムに来るまでが嫌なんです。あぁやんなきゃなってのが嫌なんで。とりあえずジムに行こうっていう決心をしました。」

–その成果は出てますか?
「出てるんですかねぇ?疲れて練習しての繰り返しで動けてんのかなって不安になるぐらい疲れ貯まってます。逆に身体に良くないんじゃないかなって。」

–去年は3試合行いました。振り返っていかがでしたか?
「最初は津田選手とやって良い感じにスタートできたと思いきや、工藤選手に1ラウンドKOされての、1ラウンドKO出来たんで、プラマイゼロぐらいですかね。
点数で言うと50点ぐらいですね。」

–今年は何点にしたいですか?
「今年は100点で。」

–どうすれば100点取れそうですかね?
「良い試合して、負けないように勝ち続ければ満点かなって。」

–随分とざっくりした点数の付け方なんですね。誰かに勝てばというのは無いのでしょうか?
「無いですね。全勝だったら内容がどうあれ100点です。頑張ったから良いかと。」

–なるほど…では久しぶりの試合で相手がシュートボクサーの植山征紀選手です。印象を教えて下さい。
「パンチが強い。パンチが強くて、気持ちが強くて、身体も強いです。」

–優吾選手と比較して自分が勝っている所はありますか?
「え、自分が勝ってる所ですか!?自分が勝ってる所?どこだろう!?ブサさ?顔?
自分が強いとか思ってないんで、弱い所にいると思ってるんで、なんなんすかね?
えー!?自分が勝ってる所とか無いんで。え?若さですか?じゃあ若さですかね?」

–1つか2つしか違わなかったはずですが…。
「若さでお願いします!」

–年の近い選手と戦う時は何か意識しますか?
「いや、しないですね。関係無いですね。」

–植山選手も内藤大樹選手と試合をして互角以上の試合をしてました。日本トップクラスと言っていい強さだと思います。
「自分がですか?」

–いや、植山選手です…。
「ハハハ(笑)。」

–相手が強いなと感じる事はありますか?
「めちゃくちゃ強いなって感じですね!」

–相手はシュートボクシングの1位です。勝ったらシュートボクシングのベルトも狙いたい?
「あー、そうですね。出来れば良いですね(笑)。」

–いま格闘技をするモチベーションは何ですか?
「モチベーションですか!?自分でもなんでやってんだろって思う時がよくありますね。」

–強くなりたいとか有名になりたいとか、またモテたいとか。
「あぁ、強くなりたいってのはありますね。強くなりたいだけなんですよ。」

–そういえば孫悟空に憧れてるんでしたよね?
「始めた時はそうでしたね!」

–今はどうですか?
「今は子供じゃなくなったんで、孫悟空に憧れるとかないんですけど。
本当に辞めたら何も残んないですね。生活の一部みたいな感じになってるんで辞めるに辞めれないっていうかそんな感じですね。」

–最近は試合に向かう時の気持ちはや、練習に対する姿勢に変化はありますか?
「練習しなきゃ危ないんで怪我しちゃうんで。練習しなきゃ痛い思いすんのは自分だなと思うんで、だから練習します。
勝ちたいんで、勝った時のアレとか大好きなんですけど、怖いんでホントに。超臆病者なんですよね。」

–中学生でジムに入ってからずっとアマチュアでも活躍して続けてるのは楽しいからではない?
「楽しいのは楽しいです。ジム来るのは嫌なんですけど、楽しいんで続けられますね。」

–随分、(会長の)顔色をうかがいながら喋りますね(笑)試合の話に戻しますが、久しぶりの試合ですがリングで何を見せたいですか?
「応援してくれる人が喜んでくれれば良いかなって。勝った所を見せれたら嬉しいんで。自分の為にもみんなの為にも勝つ所を見せたいです。」

–勿論、KO勝ちは狙いますか?
「狙っ…、頑張ります。いや、頑張ります。」

–相手は全部が強いと言ってましたが、その中でどう戦いたいですか?
「距離取って戦う練習を今してるんで、それを上手い事出来たら良いかなって思いますね。」

–やっぱり試合は怖いですか?
「怖いですね。怖いから練習してます。」

–今の心境を植山選手に伝えるとしたら?
「よろしくお願いしますって言います。」

–もし、相手を見た目で判断するとしたらどう思いますか?
「怖そうだなって。格闘家っぽい感じがして格好良いですね。僕はちょっと格闘家っぽくないんで、一般人なんで。」

–いつも1人だけキャラが違いますよね。
「なんかポスターとか見ても自分だけめっちゃ笑顔なんですよね(笑)。なんでなんすかね、ホントに。
なんか理想と違いますよね。バイト先の人にも友達に自慢しにくいって言われました。」

–ちなみに大学生活は楽しんでますか?友達は?
「ハハハ(笑)。もう出来ないっていうか諦めモード入ってるんで、もういいかなって、1人で良いかなって思ってます(笑)。」

–友達は何人ですか?
「いつも話してるっていうか、居るのが2人です。1人は高校からの友達なんで、実質1人しか友達が出来てないです。約1年で毎日話してる友達が1人です。」

–友達作りで今年の目標は?
「できれば多い方が良いんですけど、3人ぐらいは増やしたいです。」

■RISE116事前インタビュー 植山征紀元『もちろん他団体に出るんでシュートボクサーの強さを見せてやりたい』

16939025_1391878957538074_7257230794351598181_n

–植山選手は今回RISE初参戦ですが、SB以外での試合経験はありますか?
「DEEP☆KICKや大阪でやったREBELSには出たことありますが、東京で他団体に出るのは初めてです。」

–今回はいつものシュートボクシングルールではないですが。
「ルールは特に問題ないですね、僕は殴り合いが好きなんで。倒し合いがしたいんで全然大丈夫です。」

–いつも試合を見てると確かにそんなファイトスタイルですよね。
「僕の持ち味は爆発力なんで、倒した方が盛り上がるし“倒し合い”を心掛けてます。」

–昨年11月の内藤大樹選手と試合はあと一歩まで勝利が近づいてての逆転負けでしたね。
「前回は倒しきれない所をやられたんで、今回は一発で倒しきれる練習をしてます。バッチリ倒せると思います。」

–今回の対戦相手である優吾・FLYSKYGYM選手の試合とか見てたら印象を教えて下さい。
「ちょっとしか見てないですが、僕より若いって言うのとサウスポーって言うイメージだけですね。」

–優吾選手が一つくらい下ですよね。同じくらいの歳の選手は意識しますか?
「そうですね、最近は自分よりも年下の選手も多くなってきたので、そこら辺の選手には負けたくないなって思いますね。」

–RISEで55kgと言えばチャンピオンの那須川天心選手ですね。
「意識はしますね、最後はそこなんで。そこを目指して行きます。」

–その那須川選手と戦うため今回RISE一発目の試合は重要ですね。
「ここでインパクトを残して、面白い勝ち方してRISEのファンの皆さんにも植山征紀と言う名前を覚えてもらいたいですね。」

–RISEのリングでもシュートボクサーの強さで見せたいですか?
「もちろん他団体に出るんでシュートボクサーの強さを見せてやりたいですね。
必ず倒して、盛り上げて勝ちます。」

–昨年11月のRISEで同門の深田一樹選手が破れましたが、その時はセコンドでしたよね?
「はい、試合見てて悔しかったですね。それも同じRISEだったんで。
今回は僕がしっかり借りを返そうと思います。」


≪RISE116 試合順≫
▼メインイベント SuperFight! -60.5kg契約 3分3R延長1R
野辺広大(1-siam gym/RISEスーパーフェザー級王者)
チャンヒョン・リー(KOR/仁川ムビジム/WKN-64.4kg級インターナショナル王者)

▼セミファイナル フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラ葛西/同級3位)
コブシット・フェアテックス(タイ/フェアテックスジム)

▼第7試合 フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
工藤政英(新宿レフティージム/前REBELS 55kg級王者)
佐野貴信(創心會/同級5位)

▼第6試合 菅原勇介 引退エキシビションマッチ
菅原勇介(TARGET/元RISEスーパーライト級1位、元J-NETWORKスーパーライト級王者)
宍戸大樹(シーザージム/元SB東洋太平洋ウェルター級王者)

▼第5試合 バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
優吾・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM/バンタム級4位)
植山征紀(龍生塾ファントム道場/SBスーパーバンタム級1位)

▼第4試合 スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
番長兇侍(習志野トップチーム/同級4位)
憂 也(魁塾/DEEP☆KICK -65kg級王者)

▼第3試合 ライト級(-63kg)3分3R延長1R
仲江川裕人(フリー/同級7位)
北井智大(チームドラゴン)

▼第2試合 -56kg契約 3分3R延長1R
鈴木雄大(STURGIS新宿ジム/バンタム級9位)
村山智耶(HAYATO GYM/フェザー級9位、2016年RISING ROOKIES CUPフェザー級優勝)

▼第1試合 スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R
皇 貴(インスパイヤード・モーション/2015年RISING ROOKIES CUPフェザー級優勝)
アイオロス純(STURGIS新宿ジム)

▼オープニングファイト.2 フェザー級(-57.5kg)3分3R
MAIKI・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM/第16回J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会フェザー級優勝・大会MVP)
澤谷大樹(HAWK GYM/JAPAN CUP 2016 -60kg級優勝・大会MVP)

▼オープニングファイト.1 スーパーライト級(-65kg)3分3R
田村亮太朗(リアルディール)
山田洸誓(正道会館 高知/2016年全日本空手道選手権大会軽量級優勝、第26回全日本新空手道選手権大会K-2GP軽中量級優勝)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る