【Krush.71】レオナ・ぺタスvs“DYNAMITE”髙橋佑太・稲石竜弥vs安保璃紅 トーナメント前インタビューを公開!12/18(日)

【興行名】Krush.71
【日 時】2016/12/18(日)
【時 間】18:00開始(17:00開場/本戦開始前にオープニングファイト予定)
【場 所】後楽園ホール
【主 催】グッドルーザー

1478424289_0sp-1

12月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]でレオナ・ぺタスと対戦する“DYNAMITE”髙橋佑太のインタビューを公開!

――今回のKrush-60kg王座決定トーナメントのオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「めちゃめちゃ嬉しかったですね。もう5年ぐらい前になりますけど、僕はKrush-60kg初代王座決定トーナメント(2010年12月~2011年4月)にも絡ませていただいて、その時に優勝できなくて悔いが残っていました。だからずっとKrushの王座決定トーナメントに出たいと思ってましたし、ずっと獲りたかったKrushのベルトなので本当に嬉しかったです」

――初代王座決定トーナメントに出場した時はどんな気持ちで戦っていたのですか?

「あの時の僕はまだ無名の選手で、卜部(引嵩)選手、“狂拳”竹内(裕二)選手、野杁(正明)選手…みんな名前がある選手の中で僕だけが無名という中で戦いました。でもあのトーナメントに出たことで、周りから評価してもらえた経験があるので、ずっとKrushのリングに上がりたいと思っていたし、だからこそベルトを巻きたいという気持ちがありました」

――あの時は準決勝で弘嵩選手に敗れてベルトを獲ることが出来ませんでした。そのことは髙橋選手の中でも引っかかっていましたか?

「そうですね。あの時は判定負けだったのですが、もしあそこでKO負けしていたら、今のような気持ちになっていないかもしれません。あの試合からずっと『もっと自分はやれるんじゃないか?』という気持ちがありました」

――今年2月から再びKrushで試合をするようになって、今のKrushの戦いをどのように感じていますか?

「Krush自体が僕の中で特別なものになっているので、1戦1戦噛みしめながら戦っています。年を取ったとか言いたくないですけど、今年で僕も31歳になるので、いつまでも夢物語のままで、格闘技をやりたいというだけでやれる状況ではないです。そう思っている時期に今回のトーナメントのオファーをいただいて、ベルトを獲るチャンスは『今しかねぇ!』と思っています。なので絶対にベルトを獲りに行きます」

――一回戦で対戦するレオナ・ペタス選手にはどんな印象を持っていますか?

「開幕戦Round.1とRound.2を合わせた16選手の中で優勝候補になるぐらい強いと評価しています。やはり長身で、上手くて、やりづらくて、正直『一回戦でレオナ(ペタス)か…』って思いました(苦笑)。でもレオナ戦を越えればトーナメント制覇もいけちゃうんじゃないかなと思うので、この一回戦がかなり重要です」

――髙橋選手自身、今自分のここは誰にも負けないと自信があるところはどこですか?

「今までの僕は打ち合い上等、気合いと根性じゃ負けないと思って戦っていました。でも9月のK-1であのような結果(郷州征宜に判定負け)になって、(打ち合いや気合い・根性に)自信がないわけじゃないんですけど、実際に結果として負けてしまいました。だから次のレオナ選手との試合に全てを懸けて、それを乗り越えて、決勝に行くまでの間に少しずつ成長していければいいなと思っています。なので勝ち方に拘らず、何が何でも1戦1戦勝っていくって感じです」

――髙橋選手の格闘技人生においてKrushのベルトやKrushのチャンピオンになることはどんな意味のあるものですか?

「これを獲らなきゃ格闘技人生を終幕できないと思っています」

――今回のトーナメントは長丁場の過酷なトーナメントになります。そのトーナメントで勝ち抜くために何が一番必要だと思いますか?

「もうここまで格闘技人生をやってきたので『一から』というのはないんですけど、自分の今までの全てを見直して、技術の精度を高めて、フィジカルも上げたいです。前回の試合までは、上手く試合をしてしまおうという気持ちがあって、それが少し悪い方に出てしまっていました。なので全てそのような気持ちは消して、改めて何が何でも勝ちにいくという気持ちで臨みたいと思います」


1478544753_0sp

12月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で“DYNAMITE”髙橋佑太と対戦するレオナ・ぺタスのインタビューを公開!

――4月のK-1-60kg(スーパー・フェザー級)日本代表決定トーナメントのあと、中国・英雄伝説のトーナメントで優勝を果たしました。中国での戦いはレオナ選手にとってどんなものでしたか?

「中国での戦いは自分が成長できる良い経験だったかなと思います。例えば減量に関しても現地にサウナやお風呂があるか分からなくて、日本でしっかり調整しなくちゃいけなかったし、日本では当たり前に出来ることが中国では出来ないことも多かったので、そういう部分でも成長できましたね」

――戦い方や試合内容についてはどんな手応えがありましたか?

「中国では1大会で2試合ずつ合計2大会で4試合やったんですけど、アウェーでの試合だったので、試合内容で勝っていてもアウェー判定で負けになると思って、自分から攻める戦い方を意識していました。実際にそういう試合は出来たと思うんですけど…試合を見返すと不細工な感じだったかなと思いました(苦笑)」

――そして今回はKrush-60kg王座決定トーナメントの出場が決まりました。オファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「僕にオファーがかからなかったら『誰が出場するんだろう?』と思ってたし、正直、オファーをもらった時は普通のことかな、と。僕は卜部(引嵩)選手がタイトルを返上する前に自分と戦うべきだろうと思ってたんで、このトーナメントに呼ばれたのは当たり前だと思っています。今回は16人トーナメントですけど、ここで勝てないようだったらベルトを獲って防衛し続けることなんて出来ない。だから16人みんな倒せばいいだけって感じですね」

――1回戦の相手は“DYNAMITE”髙橋佑太選手になりました。髙橋選手にはどんな印象を持っていますか?

「気持ちが強い選手ですね。自分も対策を練るし、相手も対策を練ってくると思うので、そこにはしっかり対応しようと思います」

――髙橋選手はタフなイメージがある選手です。そういった相手をKOしたいという気持ちはありますか?

「KOしたい気持ちはありますけど…勝たないことには何も始まらないかな、と。このトーナメントは何が何でも勝ちたいし、KOで勝つというのはチャンピオンになってからでもいいと思っています」

――2014年にWILDRUSHリーグ出場がありましたが、ベルトに直結する試合は今回が初めてです。Krushのベルトに対してはどんな想い入れがありますか?

「K-1出場が決まる前、僕はKrushのベルトを獲ってからK-1に出たいと思っていました。結局、ベルトを獲る前にK-1に出ることになったんですけど、次はちゃんと自分の描いていたシナリオ通りにKrushのベルトを獲って、K-1に出たいと思っています。だからこのトーナメントは絶対落とせないなって感じですね」

――ずっとKrushで戦っている以上、Krushのベルトは必ず獲らなければいけないと思いますか?

「途中でK-1出場があったりして、ちょっと僕の中での目標があやふやになったこともあったんですけど、ここで王座決定トーナメントのオファーをもらったので、もう一回、自分が最初に描いていたシナリオ通りに突き進んで、どんどん成功していきたいと思います」

――過去にレオナ選手は惜しいところで勝ちやチャンスを逃すこともありました。そんな自分を変えてKrushのベルトを獲りたいですか?

「確かに僕はいい所で負けているのは間違いないんですけど(苦笑)、それは相手が強かったという部分もあったと思います。でも今回は中国・英雄伝説でベルトを獲って、トーナメントに出ることになって、それで負けちゃったら『(中国で獲った)ベルトは偽者じゃん』って思われてしまいます。そうじゃなくてKrushのベルトも獲って『あいつ(中国で)ベルトを獲っただけの実力あるじゃん』と見ている人に分かってもらえるように頑張りたいと思います」


1477372071_0sp-1

12月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で稲石竜弥と対戦する安保璃紅のインタビューを公開!

――前回の試合(「Krush.69」VS三輪裕樹、2RKO勝ち)がKrushデビュー戦で、壮絶な試合になりましたが、試合を振り返ってみていかがでしたか?

「反省点になることがいっぱいあって、昨日もトレーナーたちと一緒に試合を見直してました。ダメなところがいっぱいあったので1つずつ改善して、パンチなども、もらわないように次の試合に向けてしっかり練習していこうと思いました」

――Krushのリングで試合をして勝てたという点に関してはどう感じていますか?

「それはめちゃくちゃ自分の中でデカくて、インパクトを残せたと自分では思っています」

――今までは関西で戦ってきて、現在はお兄さん(瑠輝也)と同じくTRY HARD GYMに所属されていますが、上京してきて環境を変えた一番の理由はなんだったんですか?

「関西にいるときよりも練習したいと思ったのが一番大きかったです。あとはお兄ちゃんと一緒に練習した方が絶対に強くなれると思って東京に来ました」

――関西から上京するにあたって、色んな選択肢があったと思います。その中でTRY HARD GYMを選択したのは、他のTRY HARD GYMの選手たちのようにKrushで試合をしたいという目標や夢もあったんですか?

「そうですね。Krushに出たくて、もちろんKrushのベルトも欲しいし、活躍したい主戦場だったのでTRY HARD GYMにしました」

――対戦カード発表会見の際に「中学生の頃から(Krushを)見てました」という発言がありましたが、Krushを今まで見ていて、どんな印象を持っていましたか?

「昔からずっと見ていて、自分もKrushに出たいと思っていたし、Krushのベルトもずっと欲しいって思っていました。そして色んな強い選手もいるし、その選手たちとも戦いたいです。自分の実力がどんなものか試してみたいなと思っていました」

――環境が変わって、Krushで1試合戦ってすぐに今回の-60kg王座決定トーナメントのオファーが来た時はどんな心境でしたか?

「嬉しいっていう気持ちが一番大きかったですね。めっちゃ大きいチャンスなので絶対にモノにしたいなと思っています」

――今回のトーナメントは安保選手よりもキャリアのある選手に立ち向かっていく試合が多くなると思います。その中で自分のどんな部分をぶつけてトーナメントを勝ち抜きたいですか?

「ベテラン選手にも勝る、勢いと若さで戦っていきたいです。キャリアは負けてると思うので、気持ちでは絶対に負けません。そういうところをぶつけていきたいですね」

――安保選手が自信をもっているところはどこですか?

「僕は小さい頃から空手をやってきて、世界トーナメントにも出場したこともあるんですけど、やっぱり気持ちの強さですね。それに自分は三兄弟の三男なので昔、兄弟にいじめられて、メンタル面は凄く鍛えられてきました(笑)。なので気持ちでは絶対に負けないです」

――小さい頃からずっと格闘技をやってきて、戦うことや格闘技をやることは当たり前でしたか?

「当たり前ですね。昔から学校に行くよりも格闘技って感じでした(笑)」

――今回のトーナメントを楽しみにしているファンの方々にどんな試合を見せたいですか?

「気持ちと気持ちがぶつかる熱い試合を見せたいですね。あと技術ももっと磨いてキッチリ倒せる姿を見せたいですね」

――ここまでプロになって無敗ですが、この勢いのまま一気にベルトも獲りたいですか?

「はい。これからも負けたくないって気持ちが一番強いです」

――若くして活躍するプロ選手の中には、プロでも負け知らずのままキャリアを積む選手もいます。安保選手もそういった新時代の選手として活躍したいという気持ちはありますか?

「もちろんそうですね。負けたくないって気持ちと勝ち続けたいって気持ちで戦っていきます」

――それでは最後にファンの皆さんに一言お願いできますか?

「12月18日、熱い試合をするのでよろしくお願いします!」


1477537350_0sp-1

12月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で安保璃紅と対戦する稲石竜弥のインタビューを公開!

――4・10「Krush.65」でのKrushデビュー戦は見事な勝利でした(“DYNAMITE”髙橋佑太に判定勝利)。初めてのKrushのリングはいかがでしたか?

「最高でしたね! お客さんも熱狂的な人が多くて、他の大会とは違うものがありました。ただ僕、前回の試合で減量が終わってリカバリーでちょっと体重を増やしすぎちゃったんです(苦笑)。それで本来の動きができなかったので、今回の試合ではバッチリのコンディションで臨みたいと思います」

――稲石選手はずっと-60kgで試合をしてきて、いつかはKrushで戦ってみたいとは思っていたんですか?

「結構前から自分のジム(TEAM OJ)のTURBФ先輩がKrushに出てて、ずっと『Krushアツいな』と思っていました。だから今回は念願のKrush-60kgの王座獲得へ向けて頑張りたいです」

――今回、-60kg王座決定トーナメントのオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「嬉しかったですね!」

――2009年のKrushライト級GPにTURBФ選手が出場されていましたが、稲石選手は会場で見ていたのですか?

「はい、会場で見てましたね。石川直生選手との激戦を生で見てました。そんなKrushのベルトがかけられたトーナメントに出ることになって感情深いものがありますね」

――トーナメント一回戦の相手は、プロ無敗の安保選手になりました。9月のBigbangの試合でも無敗の相手と対戦してKO勝利していますが、対戦相手が無敗だったりすると燃えますか?

「ああ…燃えるかもしれないですね。多分、今まで僕は無敗の選手に負けたことがないんですよ。だから今回も安保選手に初黒星を付けて、忘れられない思い出にしてやろうかなと思います」

――無敗の相手と試合する時は、対戦相手の方が注目されることが多いと思います。そのような相手に勝って「ほら見ろ!」と思うのが気持ち良いんですか?

「そうですね。期待されてる相手を潰すのは気持ちいいですね」

――対戦相手として安保選手にはどんな印象を持っていますか?

「倒し合いをしているようなイメージがあって、面白い相手だと思います」

――安保選手のような前にガンガン来るタイプは得意ですか?

「カウンターを合わせたりできるので得意ですね。それに前に出る選手に対して、僕が前に出て潰したりもできるので楽しみです」

――今回のトーナメントはワンマッチ形式での長丁場のトーナメントになります。それを勝ち抜くためには何が必要だと感じていますか?

「集中力を切らさないようにしたいです。スケジュールもびっちりなんで、怪我をしないように相手をぶっ壊して勝ち上がりたいですね」

――今回のトーナメントは色んなタイプの選手たちが出場します。その中で稲石選手はどんな部分を見せたいですか?

「自分は他の選手にないファイトスタイルなので『こんな奴いるのか!すごいな!』って見てる人に思わせたいですね」

――稲石選手のファイトスタイルは独特でトリッキーですが、なぜあのようなファイトスタイルになったんですか?

「TEAM OJに入った時からあんな感じだったんですけど、そこで会長が変に矯正しないで『稲石はそのまま伸ばしていこう』となったので、今のスタイルが出来上がりました」

――では他のジムだったら今のトリッキーなファイトスタイルにはなってないかもしれないですね。

「恐らくそうですね。他のジムだったら全て型にはめられてたと思うので、TEAM OJでよかったです」

――試合でも自由に思うままに戦うのが一番やりやすくて、試合していても気持ちいいですか?

「試合中も考えながら、相手のここを攻めたら嫌だろうな…と思いながら戦っています。まぁ自由に戦っていますね」

――稲石選手にとってKrushのベルトにはどんな想い入れがありますか?

「すごくKrushのベルトは欲しいです。けど一番はお婆ちゃんにKrushのベルトをあげて、Bigbangのベルトと2本持たせられるようにしたいですね(笑)」

――最後に試合を楽しみにしているファンの皆さんへ一言お願いできますか?

「Krushで自分のスタイルで大暴れするので皆さんよろしくお願いいたします!」

(Krushリリースより © 2016 GOOD LOSER)


Krush-53kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R
武居由樹(POWER OF DREAM/王者)
隆聖(ドージョー☆シャカリキ/挑戦者)

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
レオナ・ぺタス
“DYNAMITE”髙橋佑太

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
山本真弘
加藤港

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
郷州征宜
原田ヨシキ

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
稲石竜弥
安保璃紅

Krush-58kg Fight/3分3R・延長1R
大岩龍矢(KREST)
伊藤健人(K-1ジム目黒TEAM TIGER)

Krush-70kg Fight/3分3R・延長1R
山崎陽一(K-1ジム・シルバーウルフ)
藤村大輔(A-BLAZE×KICK GYM)

Krush-65kg Fight/3分3R・延長1R
小宮由紀博(HEAVY CLASS)
眞暢(TEAM ONE LINK)

Krush HEAVYWEIGHT Fight/3分3R・延長1R
木村秀和(HALEO TOP TEAM)
K-Jee(K-1ジムFUKUOKA小比類巻道場)

Krush -55kg Fight/3分3R
桑田裕太(TEAM OMEGA)
小只直弥(K-1ジム総本部チームペガサス)

Krush -63kg Fight/3分3R
石川祐樹(K-1ジム・シルバーウルフ)
将 -MASA-(K-1ジム総本部チームペガサス)

Krush -67kg Fight/3分3R
鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)
郡司光(池袋BLUE DOG GYM)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る