【Krush.71】郷州征宜vs原田ヨシキ・山本真弘vs加藤港トーナメント前インタビューを公開!12/18(日)

【興行名】Krush.71
【日 時】2016/12/18(日)
【時 間】18:00開始(17:00開場/本戦開始前にオープニングファイト予定)
【場 所】後楽園ホール
【主 催】グッドルーザー

 

1477585549_0sp-2

12月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で郷州征宜と対戦する原田ヨシキのインタビューを公開!

――今回の王座決定トーナメントのオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「自分は-63kgの王座決定トーナメントにも出場させていただいて、今は2連敗しちゃってるんですけど、こうしてまたチャンスをもらえたので、ここで仕切り直してチャンピオンベルトを獲りたいという気持ちですね」

――原田選手は-60kgと-63kgと二つの階級で戦っていますが、-60kgの方が自分のベストな動きが出来るという感じですか?

「普段からもっと摂生すれば正直50kg代ぐらいまでいけると思うんですけど、試合をするなら-60kgが一番いいかなと思います」

――原田選手の言葉にもあったように現在2連敗中ですが、この2試合で分かったことや変えなければいけないと思ったことは何ですか?

「今までは正直…天才的というか練習しなくても勝てるというようなおごりがありました。そんあおごりがあったせいで、最近は連敗しちゃったので『Krushは甘くない世界だな』と思っています(苦笑)。次の試合はもっとしっかり練習して、実力を発揮して勝ちたいですね」

――ずばり総合格闘技から立ち技格闘技に移って、Krushで試合をしてる時も「余裕で勝てるだろう」という感覚だったんですか?

「そうですね。練習も総合格闘技の練習をしていたし、キックボクシングのジムに行くこともなく、ずっとマッハ道場で練習してました。それでも普通に勝てていたので、次は逆にもっとキックボクシングの練習をしっかりやっていきたいって気持ちですね」

――原田選手は立ち技格闘家としてもまだ成長できると感じていますか?

「年齢は32歳になりましたけど、立ち技格闘家としては他の選手よりも伸びしろがあると思います」

――今回の-60kg王座決定トーナメントには色んな選手が出場しています。他の出場選手と比べて自分が自信をもっている所はどこですか?

「うーん…。そうっすね…センスですね(笑)」

――おお!持って生まれたものが違うという感じですか?

「はい(笑)。まぁ、あんまり言うとあれなんでギャグっぽい感じにしてください(笑)」

――分かりました(笑)。でも自分の実力や練習をしてきたものを出せば今回のトーナメントでも優勝できるという自信はありますか?

「そうですね。昔から『やればできる子』って言われてきたし、総合格闘技のトップの選手たちからも『もっとちゃんとやればチャンピオンになれるよ』と言われていたので、今回はしっかり戦いたいです。ずっと僕を応援してくれるファンの人にも申し訳ないので、次でちゃんとした姿を見せるためにも、まずはしっかり身体を作りたいです」

――Krushの王座決定トーナメントは-63kgのトーナメントに続いて2度目になります。Krushのベルトにはどんな想い入れがありますか?

「Krushではいつも大会前にフォトセッションがあって、写真を撮影するじゃないですか。僕、普段はポッチャリしちゃってるので、結構それが恥ずかしいんですよ。なので今回、Krushのベルトを獲って、ベルトを巻いて、お腹を隠して隠して撮影したいと思いました。今回はその気持ちでベルトを獲りたいと思います(笑)」

――-63kg王座決定トーナメントの時には『総合格闘技から来た自分を倒してみろ』という発言がありましたが、今回の-60kg王座決定トーナメントはどんな気持ちで挑みますか?

「あの時は周りに『KOしてみろ』って言ったら、本当に平本蓮選手にKOされちゃったんで(苦笑)。次、何を言えばいいかなって感じです。逆に言うと自分はまだKrushでKO勝ちがないんで、次はガンガン行ってKOで勝ちたいですね」

――今までは上手く戦って勝つことが多かった原田選手ですが、今回は倒して勝ちたい、と。

「そうですね。僕、格闘家なんですけど痛いのが嫌いなんですよ。だから無難というかアウトボクシングで戦っちゃっていました。でも次の対戦相手(郷州征宜)は結構、前に来る相手なので僕も逆に引かないで立ち向かってやろうと思います」

――郷州選手は直線的にどんどん前に来るタイプですが、このようなタイプの選手はどう感じていますか?

「変な言い方ですけど…本当ならしっかり相手の攻撃を避けながら上手く戦えたら戦いやすいんですけど、今回は引かないで真っ向勝負で打ち勝ちたいですね」

――郷州選手はK-1・Krushでも実績のある選手ですが、そういった実績に関係なく勝てる姿を見せたいですか?

「僕は2連敗していてKO勝ちもないので、僕の印象は口だけの奴になってると思うので(苦笑)、次はしっかり結果も出したいです」

――最後に原田選手の試合を楽しみにしているファンの皆さんへ一言お願いできますか?

「今回は身体を見てもらえば分かると思うので、次は本来の自分を見て欲しいです」


1477591498_0sp

12月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で原田ヨシキと対戦する郷州征宜のインタビューを公開!

――今回の王座決定トーナメントのオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「自分が出ないとダメでしょ!っていう感じですね。もちろんKrush-60kgのチャンピオンベルトは獲りたいですし、僕は明戸仁志選手や“DYNAMITE”髙橋佑太選手に勝っているので、トーナメントに出て当然かなと思います」

――郷州選手は7・18「Krush.67」でKrushに初参戦していますが、-60kgのベルトは意識していましたか?

「はい。ちょうど-60kg王座が空位になっていたので、ベルトを獲りたいと思って戦っていました」

――郷州選手はまだ一度もベルトを巻いたことがないんですよね?

「そうですね。トーナメントに出ているどの選手よりもベルトに対する気持ちは一番強いと思っています」

――対戦相手の原田選手にはどんな印象を持っていますか?

「大沢(文也)選手とツイッターで舌戦したり、記者会見をドタキャンしたり、短気な方かなと思うので、あまり刺激を与えないように気を付けます(笑)」

――原田選手のファイトスタイルについてはいかがでしょうか?

「パンチをぶんぶん振り回すスタイルですが、KO数は少ないので大丈夫かなと思っています」

――立ち技格闘技のキャリア・実績では郷州選手の方が上です。しっかり倒さなければいけない相手だと思っていますか?

「はい。原田選手は階級を下げて勢いに乗りそうな選手ですが、僕から見ればまだまだなので、きっちりKOできると思います」

――優勝するまでには4試合勝たなければいけません。そのためには何が必要だと思いますか?

「長い期間、試合が続くので集中力を切らさずにやることが大事だと思います。今までは緊張しすぎたり、練習をやりすぎたり、プレッシャーで眠れないこともあったのですが、今は試合のことを考えすぎないようにしています。またいい練習が出来ているので、いつも通りに戦えば自然とベルトを獲れると思っています」

――それでは最後にファンの皆さんに一言お願いできますか?

「K-1ジム総本部で練習を始めて、だんだんと実力がついてきた自覚があります。ファンのみなさんもそろそろ僕のKOが見たいと思うので、4試合KOで勝ってベルトを獲るので楽しみにしていてください」


1478016367_0sp

12月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で山本真弘と対戦する加藤港のインタビューを公開!

――今回は約1年3カ月ぶりの試合になりました。その間に所属ジムも変わりましたが、今の練習の状況や調子はどうですか?

「当たり前ですけど今までで一番強い状態ですね。何ランクも上の選手になったんじゃないかなと思います」

――新たに所属しているウィラサクレックジムの練習が自分に合っているのですか?

「(ウィラサクレック)ジムに入る前はフリーみたいな感じで色んな練習をしていて、ジムに入ってからはそれにプラスアルファという感じで練習してるんですよ。それが自分自身いい感じになっています」

――加藤選手自身ではどんな所が変化してきたなと感じていますか?

「具体的にあまり言いたくないんですけど、パンチにしても蹴りにしても、正しく強く打つっていうのを意識してやっていますね」

――試合を見た人が「変わった」や「強くなった」と感じるような変化でしょうか?

「どうですかね…そこまで劇的に変わったって感じではないと思うんですけど、自分の中では全然違います」

――さて今回のKrush-60kg王座決定トーナメントへの出場オファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「最初は12月大会の出場オファーを受けて、それからトーナメントの概要が発表されて『自分はトーナメントに出場できるのかな?』と思ってました。10月の【開幕戦Round.1】のメンバーを見て、自分の中で12月の【開幕戦Round.2】にこの人が出るだろうなと思って数えていたら8人になっちゃったんで(笑)。そうしたら自分もトーナメントの出場メンバーに入っていて、対戦相手も山本(真弘)さんだったのでアドレナリンは全開ですね」

――ベルトがかかったトーナメントに出場するという部分ではいかがでしょう?

「こういうトーナメントは初めてで、今までは試行錯誤しながらやっていたんですけど、もう年齢も年齢ですし、ちょうど自分の全盛期も作って、最強の自分を作っていこうと思っていたところでした。なので凄くいいタイミングだなと思っています」

――対戦カード会見でも真弘選手に想い入れを持っていることが伝わってきましたが、真弘選手にはどんな印象を持っていますか?

「僕が格闘技を始めた時にはすでに“日本-60kg最強”と言われていて、その当時は戦うなんて全く思いもしていなかったです。そういう強い想いはありますけど…今の自分はベルトを獲れるぐらいの実力があると思っているので、特別に相手の胸を借りるとか、そういう意識は全くないですね。あくまで自分がチャンピオンベルトを獲るために戦う相手の一人です」

――加藤選手はどんな立ち位置でトーナメントを戦うことになると考えていますか?

「客観的に見ても、自分が優勝候補ではないと思います。でも僕が起爆剤として『こいつが爆発したら一回戦が盛り上がるんだろうな』みたいな感じですよね。今回は気持ちの面で今までと変わっていて、試合にかける気持ちの作り方や試合に勝つという精神の練り上げ方が全然違うんですよ。だから僕、勝つと思いますね」

――一回戦が終わった時には見ている人たちに「加藤が優勝するんじゃないの」と思わせたいですか?

「そうですね。今回は試合期間も空いてますし、技術プラスメンタル面もレベルアップしています。今まで僕はメンタル面は必要ないと思っていたんですけど、色んな選手と戦ってきて、勝ちに対する執着心や精神の練り上げ方がすごく大切だということが分かりました。だから今回は精神面も良い状態で来ているので、その辺を見せたいですね」

――今回のトーナメントは色んな実績のある選手が出ていますが、トーナメントをかき乱す存在になりたいですか?

「最初は下馬評が低いと思うので、まずはトーナメントをかき乱す存在から、徐々に本命になっていきたいですね」

――最後に加藤選手の試合を楽しみにしているファンの皆さんへ一言お願いできますか?

「僕はKO、KOと言っていて、あんまり評価されてないですけど(苦笑)、ディフェンスとテクニックが凄くあると思うんですよ。一回戦では山本さんとスリリングな技術の攻防や一発のカウンターの取り合いを見せられると思うので、そういう部分にも注目していただければと思います。それに僕が勝つ時はKOだと思うし、凄い倒し方をして盛り上がると思うので、そこにも期待してください」


1478021328_0sp

12月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で加藤港と対戦する山本真弘のインタビューを公開!

――今大会からN.F.T.T所属として試合をすることになりました。所属ジムを変えて心機一転しようと思った理由はなんだったんですか?

「今まで自分はずっと藤原(敏男)先生から教わっていたのですが、それが変わって自分の中でモヤモヤがあったんですよね。それで1年ほど前から環境を変えたいと考えていました。実際に環境的にもずっと一人でやっているような感じだったし、これだったら自分一人でやろうかな、と。4月のK-1(-60kg日本代表決定トーナメント)の前から環境を変えることは決めていて、トーナメントが終わったあとに所属していたジム(Golden Globe)に話をしました」

――今はどのような場所で練習しているのですか?
「昔から通わせているボクシングジムでトレーニングさせていただいていて、フィジカルトレーニングも変わらずやっています。今はそこが中心になっているので、キックボクシングの練習の拠点を探しているところですね」(※取材は対戦カード発表会見後)

――大幅に練習環境が変わったと思うのですが、新しい環境での練習はどうですか?

「やっぱり外に出ると緊張感が出てきて、今まではなあなあになっていた部分がかなりあったと思います。例えば今までも出稽古でボクシングジムに行っていて、そこでやっていること自体はそんなに変わらないんですけど、今の方が独り身になって色々と気づいたりするので収穫は多いですね」

――あくまでN.F.T.Tは真弘選手が試合をする上でのチームということなので、基本的には真弘選手が自分で考えなければいけない環境なんですね。

「はい。だからちゃんと一つ一つの物事に対してしっかり考えて動いてます。ここ2年間ぐらいは惰性でやっていたところもあって…今までやってきた練習を引き続きやって、息だけ上げればいいやって感じだったんですよ(苦笑)。技術的なものも何も考えずに、ただただ時間を費やして練習して満足して……その繰り返しだったので、結局結果も出せず、負けても改善されずって感じでした。ここ1~2年はそういった練習への姿勢が完全に試合に出てましたね」

――なるほど。今は練習から緊張感を持って取り組んでいるのですか?

「ずっと頭で考えてやっているので、それが久しぶりの感覚というか。藤原先生がいた時は常に緊張感もあって、その中で自分で考えて、藤原先生がアドバイスをしてくれるというのが当たり前だったんです。そこが昔と似たような環境で、自分で考えているところに周りからアドバイスしてもらって出来ている感じですね」

――かつての藤原先生のポジションが今はボクシングのトレーナーさんであり、フィジカルトレーニングのトレーナーさんだったりするわけですね。

「はい。ボクシングのトレーナーさんも僕をボクシングの型にはめようとするのではなく、キックとボクシングをしっかり分けて話してくれる人たちなので、ちゃんとこちらも意見も聞いてくれます」

――試合の間隔こそ空きましたが、真弘選手としては気持ちの面でガラッと変わった所が試合で見せられそうですか?

「そうですね。やっぱり気持ちの面ですね…。今は良い感じでリフレッシュ出来て、気持ちと頭を整理出来ています」

――さて今回のKrush-60kg王座決定トーナメントへの出場オファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「特には。試合があったらやるというスタンスは前から変わらないし、『あ~トーナメントか~』ぐらいの感じです(笑)」

――純粋に今、練習でやっていることを試合で出したいという感じですか?

「今は特にそんな感じですね。ちゃんと練習で考えていることをいかに相手に合わせて出せるかって感じです」

――対戦相手は加藤選手に決まりました。真弘選手は試合が決まらない限り、あまり対戦相手のことを見ないタイプだと思いますが…どんな印象がありますか?

「僕はそこまで対戦相手を研究しない方なので『対戦相手が加藤選手です』と言われて『はい。わかりました』って感じです。今は『どんな選手だろうな』や『構えが右か左か、どっちかな』ってくらいです」

――トーナメントであってもなくても試合に勝ちたい気持ちは変わらないと思いますが、この試合にかける意気込みや考えていることはありますか?

「4試合勝って初めてベルトなので、まだベルトのことは意識していません。この試合そして一試合一試合、しっかり集中していきたいです」

――今回のトーナメントには全16選手が出場していて、様々なキャリアを持った選手たちがいます。その中に交じってベルトを争うことをどう感じていますか?

「若い子がいっぱいいるので面白いですよね。自分の中で凄く印象にあるのが朝久(泰央)君で、まだ朝久君が小学生の時に藤原先生が主宰していた大会に朝久館長と一緒に福岡から来て出場してたんですよ。その時に試合に負けて落ち込んでる姿を見ていたりしたので、まさかその選手が年齢も重ねて、ここまで上がってきて、同じトーナメントに出てくるっていうのが面白いですよね」

――真弘選手も気持ちをリフレッシュして、一選手として戦っていくって感じですか?

「新章と言いますか…(笑)。過去のことは終わって、また新しく自分も変わって第一章のスタートだと思っています」

――厳しい言い方になってしまうかもしれませんが、真弘選手は周りから「昔は強かった」という見方をされることもあると思います。それについてはどう感じていますか?

「格闘技はなんでもそうだと思います。勝っている時は周りもチヤホヤするし『今がピークだ』と言ったりするけど、負けたら負けたで『もう引退だ』みたいな(苦笑)。でもボクシングの長谷川穂積選手も前回まで散々周りから言われてきたと思うんですけど、世界王座に返り咲くと周りの評価がガラリと変わるじゃないですか。だから強い選手は強いし、王座に返り咲く選手は返り咲く。そういう“波”だと思っています」

――最後に真弘選手の試合を楽しみにしているファンの皆さんへ一言お願いできますか?

「自分の試合を見に来てくれてる人たちの気持ちは裏切れないので、そこだけはしっかりやりたいと思います」

(Krushリリースより © 2016 GOOD LOSER)


Krush-53kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R
武居由樹(POWER OF DREAM/王者)
隆聖(ドージョー☆シャカリキ/挑戦者)

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
レオナ・ぺタス
“DYNAMITE”髙橋佑太

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
山本真弘
加藤港

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
郷州征宜
原田ヨシキ

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
稲石竜弥
安保璃紅

Krush-58kg Fight/3分3R・延長1R
大岩龍矢(KREST)
伊藤健人(K-1ジム目黒TEAM TIGER)

Krush-70kg Fight/3分3R・延長1R
山崎陽一(K-1ジム・シルバーウルフ)
藤村大輔(A-BLAZE×KICK GYM)

Krush-65kg Fight/3分3R・延長1R
小宮由紀博(HEAVY CLASS)
眞暢(TEAM ONE LINK)

Krush HEAVYWEIGHT Fight/3分3R・延長1R
木村秀和(HALEO TOP TEAM)
K-Jee(K-1ジムFUKUOKA小比類巻道場)

Krush -55kg Fight/3分3R
桑田裕太(TEAM OMEGA)
小只直弥(K-1ジム総本部チームペガサス)

Krush -63kg Fight/3分3R
石川祐樹(K-1ジム・シルバーウルフ)
将 -MASA-(K-1ジム総本部チームペガサス)

Krush -67kg Fight/3分3R
鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)
郡司光(池袋BLUE DOG GYM)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る