【Krush.70】-67kgタイトルマッチ・渡部太基 vs 塚越仁志、試合直前インタビュー!10/15(土)

【興行名】Krush.70
【日 時】2016年10月15日(土)
【時 間】開場・17:00  本戦開始・18:00
【場 所】後楽園ホール
【主 催】グッドルーザー

1474007055_2_0-3

 

1475867462_0sp-1
© 2016 GOOD LOSER

10月15日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.70」の[Krush-67kgタイトルマッチ]で挑戦者・塚越仁志と対戦する王者・渡部太基のインタビューを公開!

――試合に向けての仕上がりはいかがですか?(※インタビューは公開練習後の囲み取材のもの)

「試合の2週間前なんで、いつも通り疲れは溜まっていますけど、動きは悪くないですね」

――1・17「Krush.62」で牧平圭太選手に勝ってKrush-67kgのベルトを獲ったあとは、4月・6月とK-1に出場して-70kgの試合が続きました。-70kgで戦ったことで、どんなプラスがありましたか?

「-70kgで戦う身体を作っていたので、筋量は増えたかなと思いますね。それでパワーもついたと思うし、スピードを意識して練習してきたので、スピードもついてきました。-70kgよりも、もっといいパフォーマンスが出来ると思います」

――パワーだけでなくスピードを意識した練習をしていたのはなぜですか?

「-70kgで試合するうえで、相手がパワーで来るなら、こっちはスピードで勝負しようと思って練習していました。K-1でもウェルター級(-67.5kg)という自分の適正階級が出来たので、スピードは-67kgでも通用するように意識してやっています」

――試合に向けて練習していて、-67kgという体重は動きやすいですか?

「そうですね。やっぱり自分に合った体重だと思うし、今が一番動けているし、今が一番強いと思います」

――戦い方や技術面で意識して取り組んでいることはありますか?

「自分のダメなところを直す意識はあるし、新しくボクシングの練習も取り入れて、ボクサーともスパーリングしてきました。6月の試合から4カ月あったんで、色んな練習を取り入れました」

――公開練習でもパンチがメインのミット打ちでしたが手応えは感じていますか?

「そうですね。でも今は疲れている時期なので、疲れが抜ければもっといい動きができるので、そこは期待してもらいたいです」

――改めて挑戦者の塚越選手にはどんな印象を持っていますか?

「気持ちの強いファイターだと思います。去年一度戦ってみて、殴っても殴っても向かって来るし、実際に2回ダウンを取ったあとも向かってきたんで。僕も逆転勝ちが多いから、あまり人のことは言えないけど(塚越は)穴もあってポカもする。そこからやり返して強い選手だと思います。でも今回、自分はポカをしないでしっかり倒したい。出来れば圧倒的な勝ち方をしたいですね」

――ずばり初防衛戦のテーマは“圧勝”ですか?

「今回はタイトルマッチですけど、僕にベルトを守る想いはない。やっぱり試合は相手を倒してナンボだし、しっかり倒してベルトが僕の腰に戻ってくれば一番ベストかな、と。ベルトのことを考えると“獲られたくない”とか考えちゃいますが、ベルトのことは全く考えていない。王座決定戦のつもりで、守る気持ちは一切ないです。絶対に倒します」

――それでは最後にこの試合を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをいただけますか?

「同じ大会でタイトルマッチが2試合あるんですけど、僕的には面白くないというか、俺のタイトルマッチだけでいいだろと思っています。『渡部に任せておけば間違いない』『渡部の試合だったら安心だ』と思ってもらえるような試合をするんで、そこも期待してください」

 

1476069372_0sp
© 2016 GOOD LOSER

10月15日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.70」の[Krush-67kgタイトルマッチ]で王者・渡部太基と対戦する挑戦者・塚越仁志のインタビューを公開!

――試合に向けての仕上がりはいかがですか?(※インタビューは公開練習後の囲み取材のもの)

「この時期なので疲労が溜まっていますが、やるべきことはやっていますし、ちゃんと練習できている証拠だなという実感もあります」

――6・12「Krush.66」-67kg次期挑戦者決定戦で平山迅選手にKO勝ちして以降、どんなことを意識して練習してきましたか?

「ずっと続けていることを継続してやっています。なのでやることは変わらないです。逆にそれが自分のテーマだと思っています」

――前回の試合で掴んだものはありますか?

「渡部選手のインタビューも読ませてもらって、試合中にポカをするのが自分でもあると思うんですけど、前回は最後まで動じない精神力を出せたのかな、と。それで結果的に倒すことが出来たと思います」

――逆転KO勝ちという結果でしたが、手応えのあった試合だったんですね。

「1年前に渡部選手と対戦した時、僕が一度、渡部選手を倒したんですけど、そのあと自分の中で崩れてしまって、それが敗因につながりました。それで前回はダウンを取られても、やることを変えずに、ぶれない・動じない・焦らない。それを意識して戦って逆転KO勝ちという結果を出せたので、それが成長なのかなと思います」

――では好調を維持したまま練習が出来ていますか?

「ずっと継続して練習を続けているし、疲れのピークを何回か迎えて、今もそういう感じですけど、これを超えればいいパフォーマンスが見せられると思います」

――改めて王者・渡部選手にはどんな印象を持っていますか?

「気持ちが強い選手という印象は変わらないですね。これも渡部選手のインタビューを読んで思ったのですが、僕も渡部選手も考えていることは同じかなと思います。強いことは分かっていますが、全く穴がないわけじゃなくて、お互いにそれを埋める作業をやっているという部分で。渡部選手はそのために新しいことを取り入れると言っていますが、僕は同じことを続けて積み上げていく感じでやってきました」

――どんな試合で渡部選手に勝ちたいと思いますか?

「本当に今はベルトを獲ることだけなんですけど、お客さんが分かる形・分かりやすい形で圧倒して倒したいです。1年前に渡部選手に負けてずっと悔しい想いをしていたんで、きっちりかたをつけたいと思います」

――塚越選手にとって初めてのタイトルマッチですが、今までと心境は違いますか?

「繰り返しになっちゃいますけど、渡部選手が『ベルトを守る気はなくてガンガンいく』と言ってくれるのはうれしいです。男と男の勝負という感じで、それにしっかり勝つことでベルトを巻いている。そういうイメージですね」

――単純に渡部太基という男に勝ちたい?

「そうですね」

――ベルトに対してはどんな想いがありますか?

「僕も10年格闘技をやってきて、やっとここまで来ました。とにかく本当に全部をかけるという感じです。もうこの試合に全てをかけて、その後がどうなってもいいんでベルトを獲ります」

――それでは最後にこの試合を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをいただけますか?

「ベルトを獲ることももちろんなんですが、1年ぶりに渡部選手にしっかりリベンジして、男と男の戦いにきっちりかたをつけたいので応援よろしくお願いします」


Krush -67kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
渡部太基(ゴールデングローブ)
塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ)

Krush -63kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
佐々木大蔵(KREST)
岩崎悠斗(Ten Clover Gym)

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
島野浩太朗(菅原道場)
覇家斗(ウルフキックボクシングジム)

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)
朝久泰央(朝久道場)

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
佐野天馬(KREST)
松野祐貴(NPO JEFA)

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
明戸仁志(K-1ジムEBISU小比類巻道場)
渡辺 武(Booch Beat)

-65kg Fight 3分3R
中澤 純(TEAM Aimhight)
ソン・スター(韓国/サイコ・ピットブルズ)

-53kg Fight 3分3R
出貝泰佑(TEAM GYAKUSAN)
隆聖(ドージョー☆シャカリキ)

-55kg Fight 3分3R
西京晴馬(KREST)
大岩翔大(チームYMC栃木)

-63kg Fight 3分3R
KAZUHIRO(BTC GYM)
本村謙太(朝久道場)

-53kg Fight 3分3R
ラッセル拳斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場)
笠見玲慈(TEAM OJ)

-58kg Fight 3分3R
小久保裕気(TANG TANG FIGHT CLUB)
山本直樹(Booch Beat)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る