【MuayThaiSuperFight vol.4】真樹親太郎がジョンホードを相手に凱旋試合が決定 8/6(日)

【興行名】Suk Wanchai MuayThai Super Fight vol.4
【日 時】2017年8月6日(日)
【時 間】
【場 所】名古屋国際会議場イベントホール
【主 催】MuayThai Super Fight

 

 

8月6日(日)名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Suk Wanchai MuayThai Super Fight」に、地元真樹ジムAICHI所属・真樹親太郎(MA日本スーパーウエルター級王者)が凱旋出場、元ラジャダムナンスタジアムランカーのジョンホード(タイ)と対戦することが決定した。

真樹親太郎は今年3月「NJKF DUEL.10」にてISKAメキシコ・スーパーウエルター級王者、トニー・アヤマと対戦。ミドルとヒザを駆使したムエタイテクニックで大差を付け判定勝利、現在は5連勝中と勢いに乗っている。タイ人選手との対戦は初めてということだが、優秀なタイ人トレーナーが揃う真樹ジムAICHIだけに不安は無いであろう。地元凱旋試合、元ランカーにムエタイルールで勝利をあげることができるか、大きな期待がかかる。

その対戦相手ジョンホードはウボンラチャターニー出身の34歳、元ラジャダムナンスタジアムスーパーフェザー級3位の実力を持つ。WBCムエタイ世界ミドル級ランキングにも名を連ね、ムエタイのほか国際式ボクシングの経験もあり、日本ではボクシングの試合に出場したことがあるという。

TARGETキックボクシングジムのトレーナーを務めていたこともあり、日本の環境にも慣れているようだ。パンチを中心に前に出るファイタータイプで、好戦的なスタイル。本人にとって久々のリングだが、「全然問題ない。トレーニングを続けていたから大丈夫だ。この階級(70kg)では外国人も強いが、テクニックでは負けないよ。シンタロウはまだ経験不足だろう?彼の攻撃は当たらないよ。」と余裕を見せる。

勢いに乗る真樹親太郎がこのままタイ人をも撃破するか、ジョンホードがムエタイの壁となって立ちはだかるか。
地元凱旋の真樹親太郎にとって負けられない一戦となる。

 

※チケット情報
VIP席          30,000円(ゲート内、テーブル付き)
スペシャルリングサイド席  15,000円(ゲート内)
リングサイド席        完売
アリーナ席         5,500円(残りわずか)
階段席           5,500円
自由席           3,000円 (階段席後方部分、枚数限定)
★当日券は1,000円アップ

※チケット発売所
・チケットぴあ(Pコード836ー302)
・出場各ジム

※チケットに関するお問い合わせ
出場各ジム
名古屋ムエタイジム「キング・ムエ』
TEL052-504-9005 FAX052-505-6667
info@kingmuay.com

(MuayThai Super Fightリリースより)


※メインイベント 59.5 ㎏契約 3 分×5R
マキ・ピンサヤーム(真樹ジム AICHI/元ルンピニースタジアム バンタム・S バンタム 2 階級王者)
チャオ・ロゲート(志村道場/元ルンピニースタジアム フライ級王者)

※ライト級契約 3分×5R
スーパーレック・モーラタナバンディット(タイ/ラジャダムナンスタジアム スーパーフェザー級1位、ルンピニースタジアム同級2位、タイ国プロムエタイ協会同級1位)
小川翔(OISHIGYM/WBCムエタイ日本ライト級王者・蹴拳ムエタイスーパーライト級王者)

※56㎏契約 3 分×5R
モンコンチャイ・ムエタイファイタークラブ(ムエタイファイタークラブ/元タイ北部王者)
伊藤勇真(キング・ムエ/元 WPMF 日本フライ級王者)

※フライ級契約 3分×5R
グックコーン・13 リアンリゾート(タイ)
大崎一貴(OISHIGYM/WMC 日本フライ級王者)

※70kg契約 3分×5R
ジョンホード・タードークプラモークー(タイ/元ラジャダムナンスタジアムスーパーフェザー級3位)
真樹親太郎(真樹ジムAICHI/MA日本スーパーウエルター級王者)

※バンタム級契約 2分×5R
マエリー・ウォーワンチャイ(タイ)
水野志保(現J-GIRLバンタム級2位/名古屋JKF)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る