【SHOOT BOXING】act.3 鈴木博昭vs海人のエース対決。内藤大樹が深田一樹のタイトルに挑む 6/16(日)

【興行名】SHOOT BOXING 2017 act.3
【日 時】2017年6月16日(金)
【時 間】開場・17:15 開始・17:30
【場 所】後楽園ホール
【主 催】一般社団法人シュートボクシング協会

 

6月16日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2017 act.3』の対戦カード第1弾が発表された。

SB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭(ストライキングジムAres)vsSB日本ライト級1位・海人(TEAM F.O.D)の新旧エース対決が実現。

“SBの怪物くん”鈴木は長きにわたり、SBエースとして活躍。テクニカルかつパワフルな攻撃で2015年8月、世界の強豪が集まったSB世界スーパーライト級王座決定トーナメントでは見事優勝を果たし世界王座を獲得。前戦となった4月の後楽園大会でのWBCムエタイ日本&INNOVATIONスーパーライト級王者・山口裕人との一戦では、他団体進出を視野にヒジありルールを要求。激闘の末に5Rヒジでの豪快なKO勝利を収めた。

対する海人はデビュー以来、その多彩なテクニックと倒せる力を高く評価され、他団体の新人トーナメントでも優勝を果たすなど次世代のエース候補として期待されてきた。階級を上げることを視野に入れている中、4月の後楽園大会ではメインイベントに大抜擢され、S-cup65kg世界トーナメント2016優勝ザカリア・ゾウガリーと対戦。判定で敗れはしたが、ザカリアの猛攻を凌ぎ、逆に追い込む場面を作るなど海人の名を広める一戦にもなった。

ここで自信を深めた海人はザカリアへのリベンジ、そしてスーパーライト級の頂点を狙い、いきなり鈴木戦を要求し、今回新旧エース対決が実現。果たして勝利するのはどちらか。


6月16日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2017 act.3』の追加対戦カードが発表された。

同時2階級制覇を狙うSB日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹(ストライキングジムAres)が深田一樹(龍生塾ファントム道場)のSB日本フェザー級王座に挑戦することが決定した。

昨年11月に当時11連勝中だった最強の挑戦者・植山征紀を3RKOで退け、初防衛に成功した内藤は、今年の2月にRISEからの刺客・宮崎就斗を撃破。「55kgから階級を変更するつもりはないですが、もうひとつ上の階級を獲りに行きたいと思います。同時2階級制覇を狙います」とフェザー級王座獲得を宣言した。そのアピールを受けて、続く4月にはSB日本フェザー級2位・元貴と対戦。手数とテクニックで翻弄する内藤が文句なしのフルマークの判定勝利を収め、今回のタイトルマッチに大きく前進した。

一方、深田は昨年8月、元貴とSB歴史上に残る7Rに亘る激闘を制しSB日本フェザー級王座を獲得。王者初戦となった11月にはRISEバンタム級3位・宮崎就斗にKO負けを喫してしまったが、今年3月に中国のビッグイベント『全民英雄 拳時代』で地元の強豪・初光福を判定で下し復活をアピールしている。

深田が王者の意地を見せ初防衛成功なるか、それとも内藤がフェザー級2戦目で二階級制覇を実現するのか。激闘必至、注目のSB日本フェザー級タイトルマッチ!

 

(SHOOT BOXING リリースより)


<決定カード>

鈴木博昭(ストライキングジムAres)
海人(TEAM F.O.D)

SB日本フェザー級(-57.5kg)タイトルマッチ 3分5R(無制限延長R)
深田一樹(龍生塾ファントム道場)
内藤大樹(ストライキングジムAres)

 

<出場選手予定選手>

SB日本スーパーバンタム級王者
内藤大樹(ストライキングジムAres)

前SB日本スーパーウェルター級王者
坂本優起(シーザージム)

SB日本スーパーバンタム級1位
植山征紀(龍生塾ファントム道場)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る