【Krush.76】レオナ・ぺタス、安保璃紅の直前練習の様子を公開 5/28(日)

【興行名】Krush.76
【日 時】2017年5月28日(日)
【時 間】17:00開場/本戦開始前にプレリミナリーファイト予定 18:00開始
【場 所】後楽園ホール
【主 催】グッドルーザー

 

5月8日(月)東京・バンゲリングベイ江古田にて、5月28日(日)東京・後楽園ホール「Krush.76」の第5代-60kg王座決定トーナメント決勝戦で安保璃紅と対戦するレオナ・ぺタスが公開練習を行った。

 王座決定トーナメントでは”DYNAMITE”高橋佑太、覇家斗、朝久泰央を下して決勝進出を果たしたレオナ。中国・英雄伝説から続く連勝記録を「7」まで伸ばし、キャリアの中でも絶好調と言える状態だ。

レオナはトーナメントの試合を振り返り「1試合1試合、課題を見つけてやってきているから、徐々に(実力が)上がってきていると思う」と語る。

「今まで自分は『ローキックをカットしない』と言われることが多くて、別にローが効いているわけじゃないのに印象が悪かったりするので、ちゃんとカットするようにしました。そうやって自分の弱いところを潰していけば、自然にチャンピオンになっていくだろうって感じでやってましたね。

他にも僕は試合中すぐムキになっちゃうところがあったんですけど、今は冷静に戦えているので、精神的にも成長できているのかなと思います。後輩からも『1年前とは違いますね』と言われて、周りからそう言われるということは実際に変わってきていると思います」

レオナは公開練習としてシャドーボクシングとミット打ちを3分1Rずつ公開。”石の拳”と称されるパンチを最大の武器にしているレオナだが、ミット打ちではヒザ蹴り・ミドルキック・三日月蹴りなど蹴り技も見せ「コンディションはいいし、色々と発想も出てきていい感じですね」と調整は順調だ。

決勝ではプロ無敗の新星・安保との対戦となり、レオナは「トーナメントに出る前の安保選手はプレリミナリーファイトに出ていた選手だったので、決勝に勝ち上がってくることは全然予想してなかったです」。

想定外の相手とベルトを争うことになったが「安保選手は何でも出来る選手で、パンチも蹴りも強い。プレリミナリーファイトから出てきて無敗のまま決勝まで来たのでスター性があるなと思います」と安保の実力を認めている。

その一方で「ここで僕は負けられないし、負けちゃいけない。勝たなきゃいけないと思っています」とレオナ。Krushのベルトへの執念を熱く語った。

「僕はプロデビューからずっとKrushでやってきて、今年で5年目になります。ずっとKrushのベルトに挑戦したい、Krushのベルトが欲しいと思っていました。そういう5年分の強い気持ちがあります。

(ベルトを獲るなら今しかない?)本当に獲りたいですね。獲るのは今だろうというよりも、いつチャンスが巡ってくるか分からないし、自分で決められるものでもない。ようやく自分もここまでこれたし、今、ベルトを獲りたいというのが素直な気持ちですね。

僕はバイトも辞めて色んな方にお世話になって、今ここにいます。そういう人たちに『ありがとう』という言葉を返すだけでは軽いので、結果で見せたいです。それも勝つだけじゃなくて目に見えて証明できるもの=ベルトで恩返したいと思っています」

またレオナは「次は決勝戦でタイトルマッチだから派手に倒したい」とKO勝利での王座奪取に強いこだわりを持っている。

「(トーナメントの)ここまでの試合では行けるところで行って、KOしたいと思って戦っていました。それでみんな相手も強くてチャンピオン級だったので、KOではなくダウンで終わっちゃってた感じです。

でも次が決勝戦なので『終わりよければすべてよし』でKOできたらいいなと思います。自分自身、中国ではKO勝ちしているんですけど、日本ではしばらくKO勝ちしていないので、タイトルマッチでKO勝ちしたいなという意識ですね」

インタビューの最後にレオナは「プロになってから色んな人に応援してもらって、何度かチャンスもあったのですがものに出来ず、がっかりさせてしまいました。そういう人たちのためにも絶対にベルトを獲ります。応援よろしくお願いします」とファンにメッセージ。Krushでのプロデビューから約5年、レオナは悲願のベルト獲りを成し遂げることが出来るか?


5月11日(木)神奈川・古淵のTRY HARD GYにて、5月28日(日)東京・後楽園ホール「Krush.76」の第5代-60kg王座決定トーナメント決勝戦でレオナ・ぺタスと対戦する安保璃紅が公開練習を行った。

 試合まで3週間を切り「順調に追い込みも出来ていて、ここから残り2週間ほど追い込んでいきたい。体調はばっちりです」と語った安保。公開練習としてパンチ主体のサンドバック打ちを3分1R公開し、”無限の速射砲”の異名通り、鋭いパンチをサンドバックに叩き込んでいった。

安保が出場している第5代-60kg王座決定トーナメントは昨年10月・12月から開幕。その時点で安保はプロ戦績わずか4戦、Krushでもプレリミナリーファイトで1勝している選手にすぎなかった。しかしトーナメントでは稲石竜弥、山本真弘、郷州征宜というチャンピオンクラスの選手たちを次々と撃破し、プロ無敗のまま決勝に駒を進めた。

ここまでの試合を振り返り、安保は「心配・不安はなくて、逆にキャリアが上の選手を倒してやろうという気持ちでやってきた」と語る。

「ここまではベテランやキャリアがある相手にどこまでやれるのか?というテーマで戦ってきたのですが、気持ちの面では相手に勝っていたと思うし、それが結果につながって自信になっています。

(不安はなかった?)全くなかったですね。トーナメントが決まった時に覚悟を決めて全力で頑張ってきました。僕はずっと空手をやっていて、持っているものはそれなりの選手よりもあると思うし、(キャリアが上の選手と)やっても負けない自信もありました。だから心配・不安はなくて、逆にキャリアが上の選手を倒してやろうという気持ちでやってきました。

準決勝の郷州戦では自分の技術やテクニックを出せたと思うんですけど、もうちょっと自分から攻められたら良かったかなと思いました。決勝戦はKO勝利を狙って、最後はきっちりKOで締めたいと思っています。僕は一回戦から絶対にチャンピオンになるつもりでやってきたし、絶対にこのチャンスを逃さないように全力投球で戦います」

今年2月には同門で同世代、そして同階級の大雅がK-1スーパー・フェザー級王座を獲得し、安保も「すごく刺激になっています。K-1チャンピオンが同じジムにいることでモチベーションが上がるし、一緒に練習している人間が今のK-1で一番強いわけなので、自信にもつながる」と日々自信を深めている。

決勝でベルトを争うのは優勝候補としてトーナメントを勝ち上がってきたレオナ。安保は「実力があって掴みどころがない選手」とする一方で「普段から似たようなタイプの選手ともスパーリングしているので不得意ではないです。どう攻略するかを考えているし、特に問題はないです」とレオナ攻略に自信を持っている。

また「決勝はKOにこだわりたい」と話すレオナと同じく、安保も「KOはお客さんも喜んでくれるし反響もいい。何より自分もすっきりします。KOしたあとは興奮もするし、試合自体も楽しいです。3Rやるのもいいんですけど、KOで倒した方が楽しいので、決勝はKOで勝ちます」と呼応。「決勝戦は魅せる試合・華のある試合をして、僕がベルトを持って高く突き上げます」と王座奪取を誓った。

(Krushリリースより© 2017 GOOD LOSER)


【決定対戦カード】

第5代Krush -60kg王座決定トーナメント決勝 3分3R・延長1R
レオナ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット)
安保璃紅(TRY HARD GYM)

Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R・延長1R
郷州征宜(K-1ジム総本部チームペガサス)
闘士(池袋BLUE DOG GYM)

Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R・延長1R
大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)
横山 巧(リーブルロア)

Krush女子 -50kg契約/3分3R・延長1R
KANA(日本/K-1ジム・シルバーウルフ)
グレイス・スパイサー(イギリス/Double K Gym)

Krush -67kg Fight/3分3R・延長1R
木村”フィリップ”ミノル(ブラジル/Team Philip/GSA/WSR)
KENJI(日本/K-1ジムEBISU小比類巻道場)

Krush -58kg Fight/3分3R・延長1R
大岩龍矢(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
芦澤竜誠(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

Krush女子 -45kg契約/3分3R
Little Tiger(日本/WSRフェアテックス三ノ輪)
平岡 琴(日本/K-1ジムYOKOHAMA TEAM TORNADO)

Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R
眞暢(TEAM ONE LINK)
栗原圭佑(Fighting Kairos)

Krush -53kg Fight/3分3R・延長1R
隆聖(ドージョー☆シャカリキ)
隼也ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪)

Krush -58kg Fight/3分3R
翔太(K-1ジム・シルバーウルフ)
KAZUMU(Gwinds)

Krush HEAVY WEIGHT Fight/3分3R
訓 -NORI-(K-1ジム総本部チームペガサス)
OD・KEN(ReBORN経堂)

Krush 女子 -45kg契約/2分3R
テキサス・アユミ(STURGIS新宿ジム)
福原優(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る