【SHOOT BOXING】act.2 14連勝中のMIOが香港強豪と対戦。伏見和之vs片島聡志、笠原弘希vs雄一が決定!

【興行名】SHOOT BOXING 2017 act.2
【日 時】2017年4月8日(土)
【時 間】OPEN 17:15 / START 17:30
【場 所】後楽園ホール
【主 催】一般社団法人シュートボクシング協会

 

IMG_0502-e1490698270525IMG_4970

4月8日(土)東京・後楽園ホールで開催の『SHOOT BOXING 2017 act.2』に出場するSB日本女子ミニマム級王者MIO(シーザージム)の対戦相手が決定した。

2014年9月の華DATE戦以降、約2年半負けなし、14連勝中のMIOが今回迎え撃つのは香港のヴィッキー・タン。毎月ビッグマッチが開催され強豪選手を続々輩出するなど、キック大国となりつつある香港キック界からの刺客で、WMFムエタイ48㎏級世界タイトルを保持しムエタイ王者ながらもイケイケなパンチャータイプだという。MIOとは壮絶な打撃戦になることは必至か。
また、ヴィッキーは普段ピエロとしても活動しており世界大会に出場するなど、香港ではメディアにも取り上げられる有名な存在だ。

なお、ヴィッキーは今年開催予定の女子の祭典「Girls S-cup」参戦を目指しており、MIOを倒せば出場のチャンスを掴むだけでなく一気に知名度が上がるだけに、やる気は満ちているようだ。

一方、MIOは昨年11月に朱里との4度目の対決を制し、念願のSB日本女子ミニマム級王座を獲得。前戦となった2月の香港王者クォク・ホイ・リン戦では判定勝利したものの、狙っていたKO勝利は出来ず。今回こそはとKO勝ちに向け燃えている。

その他、元SB日本スーパーバンタム級王者・伏見和之(シーザー力道場)vs元WPMF日本スーパーフライ級王者・片島聡志(フリー)、笠原弘希(シーザージム)vsNJKFスーパーバンタム級3位・雄一(TRASH)など、国内ランカー同士による団体対抗戦も熱い。

 


64.5㎏契約 肘あり
鈴木博昭(ストライキングジムAres)
山口裕人(山口道場)

フェザー級(57.5㎏契約) エキスパートクラスルール 3分5R無制限延長R
元貴(立志會館/SB日本フェザー級2位)
内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級王者)

64.0㎏契約 エキスパートクラスルール 3分5R無制限延長R
ザカリア・ゾウガリー(オランダ/S-cup65kg世界トーナメント2016優勝)
海人(TEAM F.O.D/SB日本ライト級1位)

48.0kg契約 エキスパートクラス 特別ルール 3分3R延長無制限R
MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級王者)
ヴィッキー・タン(香港/BOMBER GYM/WMFムエタイ48㎏級世界王者)

55.0kg契約 エキスパートクラス 特別ルール 3分3R延長無制限R
伏見和之(シーザー力道場/SB日本スーパーバンタム級2位)
片島聡志(フリー/元WPMF日本スーパーフライ級王者)

57.5kg契約 エキスパートクラス 特別ルール 3分3R延長無制限R
笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級2位)
雄一(TRASH/NJKFスーパーバンタム級3位)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る