【ムエタイ】大崎一貴がラジャダムナンスタジアムビックマッチ「スック ワンキントーン」に登場!2月6日(月)

2月6日(月)ラジャダムナンスタジアムで開催のビックマッチ「スック ワンキントーン」に、OISHIGYMの大崎一貴が出場する。

大﨑一貴

大﨑はキレのあるパンチを武器に14戦9勝2敗2分け(1ノーコンテスト)という好成績で、3月には「ムエ・ローク」のリングで初代WMC日本フライ級王座決定トーナメントへの出場も決まっており、優勝候補の筆頭だ。

タイでの試合も何度か経験しており、昨年8月のテレビマッチ「スック コムチャッドレック」ではKO勝ちをおさめている。

コンチャイデーン

今回のラジャダムナンスタジアムでは第8試合で在タイのミャンマー人選手、コンチャイデーン・トープラン49と対戦する。ムエタイの本場・タイには、カンボジア・ラオス・ミャンマーなどの格闘技強国から選手がタイ人と同様にリングに上がっており、特にミャンマーには「ラウェイ」と呼ばれる格闘技がバックボーンとして存在し、タイでも好成績をおさめているミャンマー人は多い。コンチャイデーンもそんな選手の一人で、何人もの有望選手を抱える「トープラン49ジム」に所属する若手選手だ。

これまでソンチャイプロモーション系テレビマッチなどにも出場しており、大崎より試合経験は格段に豊富だという。

20170202_062005000_iOS

大崎としては得意のパンチで早いラウンドで決めたいところだが、強心臓の持ち主というコンチャイデーンがどこまで粘るか見ものだろう。

なお今興行のメインにはフォーンペンヌンvsルンキット、セミにはペットンガンvsオンバック、ディーゼルレックvsトンノイなどのランカー対決がラインナップされている。


〜2月6日(月)ラジャダムナンスタジアム「スック ワンキントーン」〜
メイン
フォーンペンヌン・ポーラックブーン(ラジャダムナンスタジアム バンタム級9位)
ルンキット・ムアンシーマー(ルンピニースタジアム バンタム級7位)

セミファイナル
ペットンガン・ギャットカムポン(ラジャダムナンスタジアム スーパーフェザー級9位)
オンバック・シットサラワター

第5試合
ディーゼルレック・ウォーワンチャイ(ルンピニースタジアム ライトフライ級5位)
トンノイ・ルークバンヤイ(ラジャダムナンスタジアム ミニフライ級3位)

第8試合
オオサキ・ウォーワンチャイ(大崎一貴/OISHIGYM)
コンチャイデーン・トープラン49

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)