【K-1】山崎を下した、ゴンナパー・ウィラサクレックがK-1ライト級への参戦を熱望!!


9月20日(火)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP IN JAPAN 2016~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」(※-60kgから表記変更)の一夜明け会見が行われた。

スーパー・ライト級(-65kg)王者ゲーオ・ウィラサクレックの欠場を受け、急遽、山崎秀晃と対戦したゴンナパー。スクランブル発進となったが、ダウンの奪い合いの末に強烈なローで山崎の足を破壊し、インパクト大の判定勝利を収めた。

一夜明け会見でゴンナパーは「率直に昨日の試合に勝つことが出来て、とてもうれしかったです」と挨拶。「山崎選手はパンチが重くてびっくりしました」と山崎の強打に驚く場面もあったが「私の心は折れなかったので、絶対に取り返せると思って戦いました。(ローキックの手応えは?)相手の立ち方を見て、効いているなと思いました。具体的に言うと、一度、山崎選手が転んだタイミングです」と早いタイミングでローに手応えがあったことを明かした。

K-1ルールでの試合について「もともと問題があるとは感じていませんでしたし、多少、蹴り足を掴んだ部分がありましたが、今後はそういった部分もなくしていけると思います」というゴンナパーは「これからもK-1で試合をやりたいと思います」とK-1再出撃をアピール。

今回は緊急参戦だったためスーパー・ライト級での試合だったが「適正階級のライト級(-62.5kg)で戦いたい。チャンスがあれば来年の2月の初代王座決定トーナメントに出たいと思います。ゲーオのあとを追うわけではないですが、彼のように日本で有名になりたいですし、K-1でムエタイがナンバーワンであることを証明したいです」とK-1ライト級への本格参戦を宣言した。

奇しくもこの日はスーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント優勝者の卜部功也がライト級への転向&2月の初代王座決定トーナメント出場の意思を明かしている。功也だけでなくゴンナパーの参戦アピールで新階級ライト級も一気に加速していきそうだ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る