【K-1】小澤海斗と西京春馬の注目カード・両選手が胸の内を語る 6/18(日)

【興行名】K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~
【日 時】2017年6月18日(日)
【時 間】13:00開場 15:00開始
【場 所】さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ
【主 催】K-1実行委員会

 


6月18日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」。スーパーファイト出場選手インタビュー第2弾は西京春馬と対戦する小澤海斗だ。

――3月にKrush-58kg王座を防衛したあと、K-1さいたま大会への出場アピールがありました。正式に出場が決まって、どんな心境ですか?

「出場が決まったことに関しては素直に嬉しいかなって感じです。まぁ、Krush-58kgのベルトも防衛もしたし、俺を出場させておけば間違いないでしょ?って思います」

――対戦相手は西京春馬選手に決まりましたが、最初に対戦相手の名前を聞いた時はどんな気持ちでしたか?

「何で俺がこんなガキと戦わないといけないんだろうと思って、不満すぎて言葉が出なかったっす(苦笑)。外国人選手やもっとゴツい選手と戦わせてほしかったっすね」

――今まで西京選手のことを意識したことはありましたか?

「ないっすね。あっちが俺と同じ階級に上げてきて、最初の試合でエリアス・マムーディと戦っていたので、それは見ましたけど。それでも(自分の対戦相手としては)もうちょっとかなって感じでしたね」

――正直このタイミングで西京選手と戦うのは役不足って感じですか?

「役不足。物足りない。でも試合が決まったからにはブッ倒して勝つ」

――小澤選手がK-1のリングに立つのは約7カ月ぶりですが、どんな所がレベルアップしていると感じていますか?

「まだまだ自分の理想には近づけていないので、何とも言えないっす。とにかく俺はもっとデカい存在になりたいので、もっともっと自分を鍛えます。K-1に出場できたとかKrush-58Kgのベルトを防衛したとか…そういうことで満足してないし、まだまだ今の俺は理想には全然遠いんで。今はあのお子ちゃまをブッ飛ばして早く理想に近づきたいっすね」

――小澤選手は今後K-1のリングでどんな戦いを見せたいですか?

「K-1に限らず、決まった試合は絶対に倒すって決めてます。負けは去年アイツ(武尊)に負けたので最後にする」

――対戦相手の西京選手は武尊選手と同じジムですが、意識はしていますか?

「あのお子ちゃまを倒せばアイツも黙っていないでしょ? 来年の3月21日のさいたまスーパーアリーナのメインアリーナで俺がアイツをブッ倒して、K-1チャンピオンになる。これが俺のストーリーなんで、それを現実にするだけですよ」



6月18日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」。スーパーファイト出場選手インタビュー第3弾はウマル・パスハエフと対戦する平本蓮だ。

――平本選手にとって2月の初代ライト級王座決定トーナメントは多くのことを学んだトーナメントだったと思います。あのトーナメントで何を一番学ぶことが出来ましたか?

「僕がアマチュアで試合していた頃は、ほとんどワンデートーナメントで、ダメージがあってもアドレナリンが出ていると痛さを感じないんですよ。それで昔から気持ち的にはワンデートーナメントの方が戦いやすいなと思っていました。でもそれはアマチュアの話なので、プロになったらどうなるんだろう?と思っていたんですけど、プロになってもワンデートーナメントの方が気持ちも乗りやすいなと思いました。

今回、一回戦(ブリース・デルバールに判定勝ち)はちょっと硬かったんですけど、準決勝(ゴンナパーにKO勝ち)で勢いがついて、決勝でウェイ・ルイと戦っている時には『こうやって戦えばいいんだ』と戦いながら勉強できたので、この経験は大きいですね」

――トーナメントでは対戦相手が全て外国人選手でしたが、自信になった部分はありましたか?

「まず外国人選手と戦えたこと自体が大きかったですね。戦った外国人選手はみんなファイトスタイルが違いましたが、身体もしっかりしていて強かったです。でもそういう相手と戦っていく中で、こうやれば勝てるという勝ち方が体に染みついたし、脳にもインプットもされました。試合をしながら勉強になって、自信につながりました」

――そして今回の試合からスーパー・ライト級に階級を戻すことになります。平本選手自身、スーパー・ライト級が一番動きやすい階級ですか?

「そうですね。ライト級はどうしても全力で動くのが怖かったし、精神的にストレスになることも多かったです。減量のためにやらなきゃいけないことも多くて、好きな練習が出来なかったこともありました。階級を上げて体重のリミットが2.5kg上がることで、だいぶストレスもなくなるので、試合当日も今まで以上に動けると思います」

――今回の対戦相手はK-1MAXで活躍したアルトゥール・キシェンコの推薦選手=ウマル・パスハエフです。ウマル選手にはどんな印象を持っていますか?

「ガードがしっかりしていて、真っ直ぐの攻撃よりも横の攻撃が多いっていう印象です。戦ってみないと相性は分からないんですけど、今の自分が最大限に強くなれば絶対に勝てると思います」

――スーパー・ライト級で戦うとなれば、目標はゲーオ・ウィラサクレックの持つベルトですか?

「そうですね。でもちゃんと目の前の目標にも集中して、一つ一つミッションをクリアしていくつもりです。そして次の試合も前回の試合同様に本気で自分のために戦いたいと思います。2月のトーナメントを終えて一瞬燃え尽きちゃったんですけど、色んな人と話して自分が頑張りたい理由も分かったし、やっぱりK-1チャンピオンにならないと僕の人生そのものが終わらないなという気持ちでした。だからウェイ・ルイに負けた時はショックだったんですけど…もっと強くなれる自信も感じたし、次の試合も含めて強くなる自分が初めて楽しみになりました。あの試合で僕はもっともっと強くなれるんだと思いましたね」

――用意された対戦相手に勝っていけば、ゲーオに勝つ自分を作っていけるという感覚ですか?

「きっと今ゲーオと戦っても、いい所まではいけると思うんですよ。でもそこ止まりだと思います。しっかりゲーオに勝てるという自信に繋げるためにも、用意された相手を一人一人クリアしていきたいと思います。プロで試合を続けて備わってきたものはたくさんあると思うし、あと足りないのは経験だと思うんですよね。だから試合経験を積んで格闘家として強くなって、その強さを試合で存分に出せればいいなと思います」

――ずばりゲーオを倒すのは平本蓮ですか?

「はい!僕はあまり『この選手と戦いたい!』というのは好きじゃないんですけど、ゲーオだけは特別です。なのでいつかゲーオを戦って、僕がゲーオを倒したいと思います」

(K-1リリースより © M-1 Sports Media)

 


トーナメント

一回戦(1) 3分3R(延長1R)
城戸康裕(谷山ジム/元Krush -70kg王者、WBKF世界王者)
ジョーダン・ワトソン(英国/バッドカンパニー/元ISKAムエタイ世界王者、ヨッカオ-70kg世界王者)

一回戦(2) 3分3R(延長1R)
廣野 祐(NPO JEFA/元Bigbang&J-NETWORKスーパーウェルター級王者、元J-NETミドル級暫定王者)
サニー・ダルベック(スウェーデン/オーデンプラン・ファイトジム)

一回戦(3) 3分3R(延長1R)
中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/元Krush -70kg王者)
チンギス・アラゾフ [Chingiz Allazov](ベラルーシ/グリディンジム/WAKO PRO世界-70kg王者)

一回戦(4) 3分3R(延長1R)
日菜太(クロスポイント吉祥寺/REBELS 70kg級王者)
ジョーダン・ピケオー(オランダ/マイクスジム/Krush -70kg王者、K-1 WORLD GP初代王座決定トーナメント準優勝)

リザーブファイト 3分3R(延長1R)
山崎陽一(K-1ジム・シルバーウルフ)
牧野智昭(NEXT LEVEL渋谷/WPMF日本スーパーウェルター級王者)

 

ワンマッチ

K-1 WORLD GPスーパー・ライト級(-65kg)タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)
野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

K-1 WORLD GPライト級(-62.5kg)タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
ウェイ・ルイ (中国/大東翔クラブ/CFP)
ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)

フェザー級(-57.5kg)3分3R(延長1R)
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
ブバイサ・パスハエフ(ロシア/クラブ・アクマット)

スーパー・フェザー級(-60kg) 3分3R(延長1R)
大雅(TRY HARD GYM)
皇治(SFK)

フェザー級(-57.5kg) 3分3R(延長1R)
小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場)
西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

スーパー・ライト級(-65kg) 3分3R(延長1R)
平本 蓮(K-1ジム総本部チームペガサス)
ウマル・パスハエフ (ロシア/クラブ・アクマット/チーム・キシェンコ)

プレリミナリーファイト スーパー・ウェルター級(-70kg) 3分3R
内山政人(funny-G)
神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)

プレリミナリーファイト ライト級(-62.5kg) 3分3R
竹内悠希(K-1ジムEBISU小比類巻道場)
田畑 凌(池袋BLUE DOG GYM)

プレリミナリーファイト スーパー・フェザー級(-60kg) 3分3R
川口拓真(K-1ジム総本部チームペガサス)
西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

プレリミナリーファイト スーパーライト級(-65.0kg) 3分3R
鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)
高下由暉(Fighting Kairos)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る