【KHAOS.1】KHAOS ROYAL 里見柚己・翔也のインタビューを公開! 3/18(土)

【興行名】KHAOS.1
【日 時】20167年3月18日(土)
【時 間】17:00開場 18:00開始 (本戦開始前にプレリミナリーファイト予定)
【場 所】新宿FACE
【主 催】株式会社グッドルーザー

 

里見柚己(K-1ジムYOKOHAMA TEAM TORNADO)

3月18日(土)新宿FACEで開催される「KHAOS.1」の「KHAOS ROYAL」(カオス・ロイヤル)に出場する里見柚己のインタビューを公開!(※KHAOS ROYAL=今大会のメインカード3試合を-58kg Fightとして実施。出場6選手が前日計量後の抽選で組み合わせを決める)

――新しくスタートするイベント「KHAOS」の試合のオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「率直に嬉しかったですね。1月の試合(「Krush.72」で藤橋光に判定勝ち)が終わって、すぐにオファーをいただいたので『KHAOS』に気持ちを切り替えて練習をしています」

――“KHAOS ROYAL”(カオス・ロイヤル)は大会前日に対戦相手が決まる形式ですが、どんな試合をしたいですか?

「抽選で相手も決まるし、自分がメインで試合をして、しっかりメインを締めたいです。そのためにも今回はしっかり練習して、絶対に倒さないといけないと思っています。今まだ自分は10代ですが、将来K-1のチャンピオンになりたいと思っているので、今回は目立ちたいです」

――里見選手は何がきっかけで格闘技を始めたんですか?

「もともと小さい頃からプロレスファンで、格闘技も好きで会場によく観に行っていたんですね。それで小学校5年生の時に近所にキックボクシングジムがあったので、そこのジムに入会してキックボクシングを始めました」

――好きなプロレスラーは誰ですか?

「新日本プロレスだったら内藤哲也選手と後藤洋央紀選手です。内藤選手はあの体型なのに結構飛ぶし、最後の決め技もカッコいいので昔から見ていました。その内藤選手と後藤選手が試合したのを見て後藤選手も好きになりました。なので今はどちらも好きです」

――物心がつく頃から戦うことが好きだったんですか?

「はい。戦うことが一番好きで、幼稚園の卒園アルバムにも『将来の夢はプロレスラー』って書いてました(笑)」

――小さい頃は喧嘩もよくやっていたのですか?

「いや、喧嘩するような子供ではなかったですね」

――ではただ戦いたいというよりも、リングの上で戦うことに憧れがあったんですね。

「そうですね。だから格闘技を始めてからもチャンピオンになることしか頭になかったし、一番にならないといけないと思って毎日練習に行っていました」

――現在、里見選手はK-1ジム横浜に所属していますが、プロとして目立ちたい・成り上がりたいという気持ちは強いですか?

「はい。僕は絶対に誰よりも目立ちたいって気持ちがあります。今、K-1では武尊選手が有名ですが、いつか武尊選手を越えたいって思っていますね」

――例えば武尊選手は『スーパースターになりたい』と発言していますが、里見選手にもそのような気持ちはありますか?

「もちろんそういう気持ちもあるんですけど、目立ちたくて戦うわけではなくて、強ければ勝手に目立てると思います。それに目立ったからといって強くなれるわけではないし、とにかく今は必死に毎日練習して強くなる。そうなれば自然に目立てると思っているので、今は練習するのみですね」

――試合ではどんなインパクトを残したいですか?

「いつも自分の中ではインパクトを残すことを大事に戦っているんですけど、前回のKrushでは失敗しちゃって(※里見が序盤にダウンを奪って相手をKO寸前まで追い込むものの、反撃を許して判定決着に終わった)結構落ち込みました(苦笑)。でも今回の試合ではいつもの自分を見せれば、間違いなくお客さんにインパクトを与えられると思います」

――ずばり里見選手の中で『今の自分を見ていないとと損するぞ』ぐらいに思っていますか?

「はい。僕はこれから絶対にチャンピオンになるので今から注目してほしいですね。あと僕は新日本プロレスの1・4東京ドーム大会が大好きなんで、いつかK-1でも東京ドーム大会を開催するようになったら、その時は僕がメインイベントのリングに立ちたいです」


翔也(K-1ジム相模大野KREST)

3月18日(土)新宿FACEで開催される「KHAOS.1」の「KHAOS ROYAL」(カオス・ロイヤル)に出場する翔也のインタビューを公開!(※KHAOS ROYAL=今大会のメインカード3試合を-58kg Fightとして実施。出場6選手が前日計量後の抽選で組み合わせを決める)

――新しくスタートするイベント「KHAOS」の試合のオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「去年の9月から試合をしていなくて、純粋に試合をしたかったんですよね。だからオファーを受けた時は、すぐにOKしました」

――KHAOS参戦が決まるまで、ずっと試合したいという気持ちだったのですか?

「はい。今までも試合の期間が空いたことはありましたが、今回は今までになく1日1日が遅く感じました。2016年の暮れには『早く2017年になってくれ』と思っていましたね(苦笑)」

――“KHAOS ROYAL”(カオス・ロイヤル)は大会前日に対戦相手が決まる形式ですが、楽しみな部分はありますか?

「僕は楽しみですね。自分はある程度の対策はしますけど、ほとんど相手の映像は見ないので、逆に前日に対戦相手が決まる方が楽しめるかなと思っています」

――KHAOS ROYALには色んな個性を持った選手たちが参戦します。開催発表会見でも他の出場選手からギラギラした言葉も飛び出していましたが、翔也選手からは生意気に見えたりしましたか?

「若手って感じですかね。自分もそうかもしれないですけど(苦笑)。自分は普段からあんまり怒らないので、周りの発言を聞いて生意気とは思わなかったし、別に気にならなかったです。まあ他の選手はキャラがいいんじゃないんですかね。ただいくら言ってもリングで結果を出さないと意味がないので、自分はリングで暴れます」

――そういう意味でも他の参戦選手は若いと思ったんですね。

「自分も最初はそうでしたが『KOします』や『絶対勝ちます』と思うのは当たり前じゃないですか。だから自分はそういうことは言わないようにしました」

――翔也選手は今回の参戦メンバーの中でもキャリアが上です。自分はここにいるメンバーとは違うというプライドはありますか?

「あります。でも自分も前回の試合で負けていて、今回が復帰戦になるので、そこは勝ってからじゃないと言えないですね。自分は常に『他の選手とは違うんだぞ』という気持ちを持っているので、それは試合で見せたいと思います」

――翔也選手この「KHAOS」のリングで、自分のどんな姿を見せたいですか?

「自分は-58Kgの中では倒せる選手だと思うので、しっかり倒す力を見せたいと思います」

――「KHAOS」には色んな選手がそれぞれの野望を持って出てくると思いますが、翔也選手はどんな野望を持っていますか?

「自分はKHAOSで勝って、Krushに出場して、Krush-58kgのタイトル戦線に加わっていきたいです。K-1出場という目標もありますが、今はKrushの-58kgのベルトが欲しいです」

 

(KHAOSリリースより © 2017.M-1 Sports Media)


KHAOS.1 KHAOS ROYAL(カオス・ロイヤル)58kg Fight

※前日計量時・6名による対戦相手を抽選により決定。

翔也(K-1ジム相模大野KREST)
芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス)
真辺龍太(ゴリラジム)
林京平(JTクラブジム)
里見柚己(K-1ジムYOKOHAMA TEAM TORNADO)
KAZUMU(Gwinds)
[KHAOS -65kg Fight/3分3R]
和氣光春(TANG TANG FIGHT CLUB)
細越貴己(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

[KHAOS -63kg Fight/3分3R]

“バズーカ”巧樹(菅原道場)
原一仁(TEAM ONE LINK)

[KHAOS -60kg Fight/3分3R]

剣闘士“俊”(K-1ジム総本部チームペガサス)
秋元僚平(K-1ジム五反田チームキングス)

[KHAOS -63kg Fight/3分3R]

木村茂樹(REX JAPAN)
竹内悠希(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

[KHAOS -54kg Fight/3分3R]

笠見玲慈(TEAM OJ)
大岩翔大(チームYMC栃木)

[KHAOS -65kg Fight/3分3R]

山下和希(MAD MAX GYM)
櫻井光(K-1 GYM YOKOHAMA TEAM TORNADO)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る