【J-NETWORK】渡辺理想vs冨田健祐、”ブラックパンサー”ベイノアvs藤倉悠作の王座決定戦を追加 8/20(日)

【興行名】『J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~3rd』
【日 時】2017年8月20日(日)
【時 間】開場:17:00 試合開始:17:10(予定)
【場 所】東京・後楽園ホール
【主 催】J-NETWORK

 

<チケット料金>
VIP席15,000円(数量限定)SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-5784-0544
e-mail:jnetwork.info@gmail.com

 

2017年8月20日(日)東京・後楽園ホールにて『J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~3rd』が行われる。

J-NETWORKライト級王者・内堀裕斗(UNDER GROUND)が引退の為王座を返上。これにより空位となる王座を懸け、渡辺理想(極真会館/J-NETWORKライト級1位)vs冨田健祐(MA・真樹ジムAICHI/J-NETWORKスーパーライト級8位 MA日本ライト級4位)でJ-NETWORKライト級王座決定戦を行うことが決定した。
渡辺は、極真空手仕込みの足技を武器とし、昨年10月にJ-NET初参戦。MAランカーのMO刃KIを3Rに左ローキックでTKOに下した。今年2月には前口太尊が返上したベルトを懸けて内堀裕斗と対戦。内堀の首相撲地獄と巧さを崩すことが出来ず、あと一歩のところで戴冠を逃した。
対する冨田は名門・真樹ジムAICHI所属で、昨年2月のJ-KICKでは、無敗で二冠となった内堀裕斗を肘で切り裂き唯一引き分けた実力者。今年3月には伊東伴恭と対戦し、豪快に右フックを炸裂させ1R1分47秒でKO勝ちを収めている。

渡辺がチャンスを物にし悲願のベルトを手にするのか?冨田がまたも豪快な右フックを炸裂させ王座戴冠となるのか?

 

また、J-NETWORKウェルター級王者・栄基(エムトーン)が引退の為王座を返上。これにより同級次期王者挑戦者決定トーナメントを勝ち上がっている”ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/J-NETWORKウェルター級3位 J-NETWORK2016年度ウェルター級新人王)vs藤倉悠作(ASSHI-PROJECT/J-NETWORKウェルター級1位)で行う予定だった同トーナメント決勝戦を王座決定戦として行うことが決定した。
ベイノアは極真空手仕込みの多彩な蹴り技とパワーを武器とし、2016年5月のJ-KICKでプロデビュー。デビュー戦を衝撃的なKOで勝利を飾り、その後はJ-NETWORK新人王トーナメントで優勝。今年3月にはMAランカーの竹市一樹相手に縦ヒジ一閃。1Rわずか26秒という秒殺TKO勝ちで決勝戦へ駒を進めた。
対する藤倉はMMA(総合格闘技)出身で、”90年代キックのカリスマ”立嶋篤史の弟子。突進力を生かして前に出るファイトスタイルを持ち味としている。今月25日に行われたCAZ JANJIRAとの一戦では、蹴拳王者のCAZ相手に終始パワーで圧倒し判定勝利を収めた。

ベイノアが無敗で王者となるのか?藤倉がベテランの洗礼を浴びせて王座戴冠となるのか?

 

<追加対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-NETWORKライト級王座決定戦 3分5R(延長1R)
渡辺理想[わたなべ ゆうと](極真会館/J-NETWORKライト級1位)
冨田健祐[とみた けんすけ](MA・真樹ジムAICHI/J-NETWORKスーパーライト級8位 MA日本ライト級4位)

▼J-NETWORKウェルター級王座決定戦 3分5R(延長1R)
“ブラックパンサー”ベイノア[”ぶらっくぱんさー”べいのあ](極真会館/J-NETWORKウェルター級3位 J-NETWORK2016年度ウェルター級新人王)
藤倉悠作[ふじくら ゆうさく](ASSHI-PROJECT/J-NETWORKウェルター級1位)


<決定対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-NETWORKバンタム級王座決定戦 3分5R(延長1R)
小嶋勇貴[こじま ゆうき](NFG/J-NETWORKバンタム級暫定王者 J-NETWORK2016年度スーパーフライ級新人王)
森貴慎[もり きしん](トイカツ道場/J-NETWORKバンタム級3位 J-NETWORK2016年度バンタム級新人王)

▼J-NETWORKヘビー級王座決定戦 3分5R(延長1R)
アレックス・ロバーツ[あれっくす・ろばーつ](空柔拳会館/J-NETWORKヘビー級1位 MA日本ヘビー級王者)
坂本英則[さかもと ひでのり](修実館/J-NETWORKヘビー級2位)

▼J-NETWORKライト級王座決定戦 3分5R(延長1R)
渡辺理想[わたなべ ゆうと](極真会館/J-NETWORKライト級1位)
冨田健祐[とみた けんすけ](MA・真樹ジムAICHI/J-NETWORKスーパーライト級8位 MA日本ライト級4位)

▼J-NETWORKウェルター級王座決定戦 3分5R(延長1R)
“ブラックパンサー”ベイノア[”ぶらっくぱんさー”べいのあ](極真会館/J-NETWORKウェルター級3位 J-NETWORK2016年度ウェルター級新人王)
藤倉悠作[ふじくら ゆうさく](ASSHI-PROJECT/J-NETWORKウェルター級1位)

※試合順は未定
※選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

7/20(木)
ROAD TO KNOCK OUT.2

7/23(日)
J-FIGHT&J-GIRLS 5th

タグ検索

過去の記事

ページ上部へ戻る