【KNOCK OUT vol.3】廣虎と対戦のT-98インタビュー「この試合で大きなインパクトを残す」6/17(土)

【興行名】KNOCK OUT vol.3
【日 時】2017年6月17日(土)
【時 間】開場16:00 開始17:00
【場 所】TOKYO DOME CITY HALL
【主 催】キックスロード

 

“ムエタイゴリラ”T-98「僕はフィジカルゴリラ。相手は顔がゴリラ」

6月17日(土)TOKYO DOME CITY HALLで開催の「KNOCK OUT vol.3」。沖縄に生息する“琉球タイガー”廣虎(ヒロト)と激突!人間離れしたフィジカルを誇る“ムエタイゴリラ”T-98(タクヤ)のインタビューを公開!

・今回も大きなインパクトを残す
・廣虎は自分よりもゴリラっぽい?
・新しいスタイルを予告

T-98 ロゴ インタビュー

この試合で大きなインパクトを残す

-KNOCK OUTには昨年の12月5日に行われた旗揚げ戦以来となる、久々の参戦となりました。同門の小笠原瑛作選手と不可思選手は継続参戦中で、所属するクロスポイント吉祥寺としては、KNOCK OUTで6勝無敗(6KO)の結果を挙げています。

T-98「後輩の活躍は嬉しいですけど、早く俺を出せと思っていました。2月の出場もあるかもって言われていて実現しなくて、あるある詐欺にあっていましたよ。早く俺にやらせろよって。今回も前回(12.5の長島戦でKO勝利)同様インパクトのある勝ち方をして、KNOCK OUTから『お願いします』って言われて毎大会出場出来るような結果を残したいです。」

廣虎は顔が自分よりもゴリラ

-対戦相手として決まった廣虎選手の印象は?

T-98「廣虎選手に注目して試合を見たことはないんですが、僕が対戦する相手の相手とかで試合を見たことはありました。まあ、日本チャンピオンくらいの実力かなって印象です。自分とは差があるなって。存在は知ってましたけど、対戦することはないと思っていました。」

-廣虎選手は元ボクサーで、キックボクシングではISKAの世界タイトルを獲るなど、沖縄を主戦場に大活躍中です。

T-98「ISKAの世界タイトルを持ってるのは試合が発表されるまで知りませんでした。日本タイトルを何個も持ってる人って認識だったんですが、世界タイトルも持ってたんですね。元ボクサーってことですが、彼の中ではパンチが得意なのかってくらいの感じで、パンチの打ち合いでも負ける気がしない。やってみて、場面場面で打ち合いの展開になることもあるかも。」

T-98vs秀虎

-今回の試合はゴリラvs虎というキャッチでも注目されていますが、この試合の会見では、「廣虎選手のほうが顔はゴリラっぽい」とコメントされていました。

T-98「対戦カードが発表されたときの写真を見てびっくりしました(笑)。ああ、相手のほうが顔がゴリラじゃんって。僕は見た目がゴリラで売っているわけじゃなくて、フィジカルがゴリラってことで売っている。でも相手は見た目だけゴリラ。その差ですよ。彼は顔がゴリラ。」

-なるほど。もしかすると、T-98選手的にはゴリラという呼び名をあまり気に入っていない?

T-98「僕がゴリラって言われることに対してですか?まあ、そこは仕方ないと思ってます。お客さんに浸透していて、T-98選手って呼ばれるより、ムエタイゴリラって呼ばれるほうが多いですし。逆にインパクトがあっていいと思ってます。それにT-98は読みづらくて、未だにネットでもT-98(タクヤ)って表記されますから。」

-T-98表記は映画「ターミネーター」から来てるんですか?自分で付けたんですよね?

T-98「自分でつける訳ないじゃないですか!ジムの会長ですね。いろいろな案があって、それを並べながら悩んでいたんですけど、その時は何故かT-98をいいじゃんって思ってしまって。それでT-98という名前が付いちゃいました。」

T-98

新しいスタイルのT-98を見せる?

-今回は3月のREBELSでカットを奪われた試合からの復帰戦になります。

T-98「腹もローも効かせていて、ここから倒しにいくかってときにタイミングでヒジを貰って切られちゃいました。欧州系のトップ選手が相手でも、圧力負けはまったくしなかったんですけど。僕のファイトスタイルはとにかく前に出て潰すってことしか出来ないので、その辺はファイトスタイルを変えて、引き出しを増やさないといけないなって思います。」

-廣虎選手との試合は現在のがんがん前に出るファイタースタイルから変化した、新しいT-98選手のスタイルが見られるかもしれない?

T-98「まさかの距離をとって蹴りを中心に闘う選手になっているかもしれない(笑)。僕がロープを背負いながら闘って、廣虎選手は戸惑うかもしれませんよ。」

-想像できないですね(笑)。今回は3月、4月に国内で試合があり、5月にラジャダムナンの防衛戦が決まりました。6月のこの試合まで4連戦となります。

T-98「ハイペースで試合が続きますが、自分はそっちのほうがコンディションはいいので問題ないです。4月、5月と連勝して調子を上げて、絶好調の状態でKNOCK OUTに出てきたいです。」

-ラジャダムナンの試合とKNOCK OUTでの試合はビッグマッチとなりますが。

T-98「KNOCK OUTに参戦した去年の12月も、10月にラジャダムナンの防衛戦で勝利してからの試合だったので、今回もいい流れだと思います。ビッグマッチが続くとモチベーションが上がるんですよ。モチベーションを保つためにいっぱい試合をしたい。試合がないときも練習はしますけど、試合があるときほどトレーナーも練習を見てくれないので。試合があるほうが練習の質も上がって、いっぱい練習出来ます。いっぱい試合をして強くなりたいです。」

-最後にKNOCK OUTでT-98選手の試合を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

T-98「ここ2大会に僕が出ていなくてがっかりしている人もいると思う。その人達の為にもど派手なインパクトを残す試合をして、KNOCK OUTには僕が必要だっていう選手になります。次回の試合を楽しみにしていてください。」

“ムエタイゴリラ”vs“琉球タイガー”!最強動物園が開園!ラジャダムナン王者vsISKA王者による、日本を代表するスーパーウェルター級の実力者対決が行われる、6.17「KNOCK OUT vol.3」。チケットは各種プレイガイドにて好評発売中です!いい席の確保はお早めに!

KNOCK OUT vol.3

 

チケットぴあ https://goo.gl/DwcK1r
ローソンチケット https://goo.gl/YLFmw8


71kg契約 3分5R
T-98(クロスポイント吉祥寺)
廣虎(ワイルドシーサー沖縄)

KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント一回戦Aブロック 61.5kg契約 3分5R(延長1R)
町田 光(橋本道場)
DJ.taiki(パンクラスイズム横浜)

KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント一回戦Bブロック 61.5kg契約 3分5R(延長1R)
山口侑馬(山口道場)
前口太尊(PHOENIX)

KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント一回戦Bブロック 61.5kg契約 3分5R(延長1R)
不可思(クロスポイント大泉)
勝次(藤本ジム)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大会スケジュール

タグ検索

過去の記事

ピックアップ記事

  1. 【興行名】スック カグラザカ 12【日 時】2017年6月4日【時 間】計量 11:30~ …
ページ上部へ戻る