【KHAOS.1】KHAOS ROYAL出場の芦澤竜誠・KAZUMUが意気込みを語る!3/18(土)

【興行名】KHAOS.1
【日 時】20167年3月18日(土)
【時 間】17:00開場 18:00開始 (本戦開始前にプレリミナリーファイト予定)
【場 所】新宿FACE
【主 催】株式会社グッドルーザー

 

芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス)

3月18日(土)新宿FACEで開催される「KHAOS.1」の「KHAOS ROYAL」(カオス・ロイヤル)に出場する芦澤竜誠のインタビューを公開!(※KHAOS ROYAL=今大会のメインカード3試合を-58kg Fightとして実施。出場6選手が前日計量後の抽選で組み合わせを決める)

――新しくスタートするイベント「KHAOS」の試合のオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「(梶原)龍児さんからイベントのコンセプトを聞いて俺に合ってるなと思ったし、龍児さんからも『お前に合ってるよ』って言われました。俺は凄い良い大会と思ったんですけど…対戦相手を聞いたらカスみたいな奴ばっかだったので、そこに関しては『つまんねぇな…』って思ってます。まぁ、俺も半年ぶりの試合なので、とりあえず目の前の相手をぶっ飛ばさないと話にならないので、誰が見ても『やっぱり芦澤竜誠だろ!』っていう試合をします。だから相手は誰でもいいって感じっす」

――芦澤選手は「KHAOS」から次の舞台に上がっていきたいという野望や野心はありますか?

「とりあえず全試合KOして上まで行きたいです。KOしないと話にならないので、KHAOSでどうしたい、Krushでどうしたい、K-1でどうしたい…じゃなくて、一個ずつKO勝ちしていくことが上に行く近道なので、KO勝ちしなきゃいけないって感じっす」

――今回は“KHAOS ROYAL”(カオス・ロイヤル)という形式で6選手が集まりましたが「このメンバーと一緒にするなよ」みたいな気持ちですか?

「これ、龍児さんにも言ったんですけど『俺がなんであんな奴らと一緒にやらないといけないんすか?』って。その気持ちは今もありますね。俺からしたら他のメンバーは格下で、前の団体だったらレベルが違うんで試合してないと思います。ただそこも『KHAOS』だなと思うし、口で言ってもしょうがないので試合で見せます。

KHAOS ROYALが終わったら『芦澤竜誠を出場させてよかったよ』や『KHAOSの旗揚げ戦は芦澤竜誠が盛り上げてくれたな』って思ってもらえるような試合をします。後悔させるのは相手だけで十分っすね」

――芦澤選手が格闘技を始めたのは何歳の時だったのですか?

「中一の終わりぐらいに格闘技を始めました。当時から誰にも負けない自信があって、自分が髪の毛を切りに行っている所の人が格闘技をやっていて『格闘技やる?』って誘われたんですよ。で、『やります。やります』って調子乗った感じでジムに行ったらボコボコにされました(苦笑)。それで『こんなんじゃ粋がってられねぇ』っていう気持ちになって、ジムに通うようになりました。

それから真面目に練習するようになったら、周りのみんなを倒しちゃって。その時にチャンピオンになりたいと思って、いざ前の団体でチャンピオンになったら、チャンピオンになっただけじゃ物足りなくて、今1番盛り上がっているK-1でチャンピオンになりたいと思って、ここに来ました」

――格闘技を始める前から腕っぷしに自信があったですか?

「子供の頃って何の根拠もない自信があったりするじゃないですか。小学生ぐらいの時に、父親がK-1が好きで大晦日にバダ・ハリとかを見てたんですけど『俺、バダ・ハリにも勝てるし』みたいに言ってました(笑)。父親からは『格闘技を始めたらそんな甘くないよ』って言われて、自分も負けず嫌いなので今に至る感じっす」

――ずばり芦澤選手は10代の頃は喧嘩はしてましたか?

「して…ましたね。俺は自分が悪ければ謝りますけど、自分が悪いこと以外は絶対に謝らないんですよ。だから先輩とかにも好かれなかったし、喧嘩を売って来るやつとは喧嘩をしてきました。こんな小さい話してもしょうがないですけど(苦笑)、俺は誰にも負けないよっていう気持ちは頭の中にあります」

――例えば全く顔も知らない相手と喧嘩することもありましたよね。

「ありました。だから『KHAOS ROYAL』って喧嘩じゃんって思いました。ぶっちゃけ周りの選手はスポーツマンシップがあって、いい子ちゃんばっかじゃないですか。いい子ちゃんが多いからスポーツでしか戦えないだろうけど、俺は喧嘩のつもりで、いつでもいくって気持ちです。俺は格闘技のために東京に出てきて『明日試合に出ろよ』と言われてもいいように準備したいなって。格闘技はそんなに甘くないものだけど、そういう気持ちでいつも練習してます」

――他の選手を見て自分と同じ匂いを感じる選手はいましたか?

「いないっすね。強いて言えば真辺(龍太)選手かな。昔はワルだったけど、今は猫を被っているかなって感じがします(笑)。他はみんないい子ちゃんで格闘技をスポーツでやっている選手が来たな~ってぐらいです。だからそんな選手には負けられないです」

――芦澤選手は格闘技をどう捉えているんですか?

「格闘技の試合は怖くもないし、自分にとって1番楽しい場所です。本当に楽しんでリングに上がっているし、人を殴って怒られない場所はこの世にないじゃないですか。人を殴って褒められる世界なので最高ですね」

――こうしてお話を聞いていると、芦澤選手はもっと強くなって、有名になりたいという野望や野心があるんですね。

「男として1番にならなきゃ、俺も格闘技を辞められないので。男の1VS1の戦いだったら何でも負けないよってところを見せて、1番強い男になりたいです」

――芦澤選手はファンのみなさんに「芦澤竜誠の試合を見ないと損をする」と思わせたいですか?

「それは思いますね。俺だけを見に来ればいいです。俺がKHAOSを締めるので、俺が良かったら全てがいい大会になります。KHAOSらしい芦澤竜誠らしい試合をしてしっかり締めます」


KAZUMU(Gwinds)

3月18日(土)新宿FACEで開催される「KHAOS.1」の「KHAOS ROYAL」(カオス・ロイヤル)に出場するKAZUMUのインタビューを公開!(※KHAOS ROYAL=今大会のメインカード3試合を-58kg Fightとして実施。出場6選手が前日計量後の抽選で組み合わせを決める)

――新しくスタートするイベント「KHAOS」の試合のオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「凄いチャンスだなと思いました。自分はまだ無名なので、これで勝って良い結果を出して、一気に上にいくチャンスだなって。だからバチバチの試合をしないといけないなと思っています」

――“KHAOS ROYAL”(カオス・ロイヤル)は大会前日に対戦相手が決まる形式ですが、最初に聞いた時はどう思いましたか?

「そういうやり方もあるんだって。それだったらそれで誰が来てもいいし、記者会見で初めて出場する5選手も知ったので、それも楽しみの1つかなって感じです。特に気になる相手もいなかったので、相手は誰でもいいです」

――普段とは違う試合形式でワクワクしますか?

「対戦相手が分からないので、対策も何もできないし、前日に対戦相手が分かった所で、誰と当たっても戦うしかない。もともと自分は細かいことは気にしないタイプで、自分の持ち味を出すだけなので楽しみですね」

――KAZUMU選手が格闘技を始めたのは何歳の時だったのですか?

「小学校6年生になる前ぐらいに、友達が格闘技を始めたから一緒に始めたって感じでした。元から体を動かすのが好きで、その時は野球とかサッカーとか色々なスポーツをやってたんですよ。その中で格闘技を始めて、自分にしっくりきたのが格闘技で、今も続けているって感じです」

――小さい頃から運動神経はいい方だったんですか?

「サッカーやっても野球やっても普通に出来たし、バトミントンとかも出来ましたよ(笑)。基本的に昔から何をやっても出来る方でした」

――格闘技は他のスポーツとは違うものですが、実際に格闘技を始めてみて楽しかったですか?

「そうですね。格闘技は戦う時に1対1じゃないですか。そういうところも他のスポーツと全部違うし、精神的に抱えるものが違いますけど、それがなんか楽しいと思えるんですよね。殴ったり蹴ったりすることにも抵抗はなかったし、殴られたり蹴られたりすることにも抵抗はなかったです。格闘技をやっているとアドレナリンしか出ないんでしょうね」

――KAZUMU選手は自分のどこをお客さんに見せたいですか?

「パンチで打ち合いたいので、パンチを見てもらいたいです。それに加えて気合いで負けないので、そこも見て欲しいですね」

――上手く戦う相手よりもバチバチくる選手の方が戦いやすいですか?

「そうですね。自分もバチバチきてくれる相手の方が戦いやすいかなと思います。距離を取られて戦われるよりはバチバチ戦ってくれる方が全然いいです」

――例えば試合中に自分が興奮している・戦闘モードに入っているなと感じますか?

「う~ん…アドレナリンが出てるんで分からないです」

――「KHAOS」には色んな選手がそれぞれの野望を持って出てくると思いますが、KAZUMU選手はどんな野望を持っていますか?

「とりあえず『KHAOS』に出場して、いい結果を出して、どんどん上を目指したいなって。いずれはK-1に出場してベルトを狙うことを考えてます」

 

(KHAOSリリースより © 2017.M-1 Sports Media)


KHAOS.1 KHAOS ROYAL(カオス・ロイヤル)58kg Fight
※前日計量時・6名による対戦相手を抽選により決定。

翔也(K-1ジム相模大野KREST)
芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス)
真辺龍太(ゴリラジム)
林京平(JTクラブジム)
里見柚己(K-1ジムYOKOHAMA TEAM TORNADO)
KAZUMU(Gwinds)

[KHAOS -65kg Fight/3分3R] 和氣光春(TANG TANG FIGHT CLUB)
細越貴己(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

[KHAOS -63kg Fight/3分3R] “バズーカ”巧樹(菅原道場)
原一仁(TEAM ONE LINK)

[KHAOS -60kg Fight/3分3R] 剣闘士“俊”(K-1ジム総本部チームペガサス)
秋元僚平(K-1ジム五反田チームキングス)

[KHAOS -63kg Fight/3分3R] 木村茂樹(REX JAPAN)
竹内悠希(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

[KHAOS -54kg Fight/3分3R] 笠見玲慈(TEAM OJ)
大岩翔大(チームYMC栃木)

[KHAOS -65kg Fight/3分3R] 山下和希(MAD MAX GYM)
櫻井光(K-1 GYM YOKOHAMA TEAM TORNADO)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)