【J-NETWORK】J-KICK 2017 1st 坂本英則vs山中政信 ヘビー級次期王者挑戦者決定トーナメント決勝戦 2/25(土)

【興行名】J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~1st
【日 時】2017年2月25日(土)
【時 間】開場:17:00 試合開始:17:30(予定)
【場 所】後楽園ホール
【主 催】J-NETWORK

<チケット料金>
VIP席15,000円(数量限定)SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-5784-0544
e-mail:jnetwork.info@gmail.com

C2D5DolUQAA1PxT

2017年2月25日(土)東京・後楽園ホールにてJ-NETWORK旗揚げ興行から20周年のアニバーサリーイヤー1発目となる『J-KICK 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~1st』が行われる。

昨年6月から開催されたJ-NETWORKヘビー級時期王者挑戦者決定トーナメントがついに決勝戦を迎える。

昨年6月のJ-F&Gで遊笑(Y’s glow)を下し決勝戦へと駒を進めた坂本英則(修実館)と昨年12月のJ-NEXUSで元力士で蹴拳ヘビー級王者の野尻和暉(レンジャージム)を下した山中政信(正道会館)で決勝戦を行うことが決定した。

坂本は長野県のジム、修実館が誇るヘビー級ファイターで、2014年のJ-NETWORKヘビー級新人王トーナメント準優勝者であり、昨年3月のJ-NET興行にて、格上のダビデ篤志(BLUE DOG GYM)と対戦。判定2-0で勝利しランキング入りを果たし、本戦トーナメントに参戦。格上に勝ったことで自信をつけた坂本が遊笑との再戦を制し決勝戦進出となった。昨年12月のビッグバンでは名門・真樹ジムAICHI所属の実方宏介を右フックからの右ローでTKOで下している。

対する山中は正道会館総本部で内弟子として修行を積み、1999年に行われたヘビー級育成プロジェクト「K-1モンスターファクトリー」の一期生として合格。K-1 JAPANにも出場し、2015年RISEヘビー新人王トーナメントで優勝し、RISEのランカーとなり、昨年12月にJ-NET初参戦。体重125kgの野尻と同トーナメント一回戦で対戦し、体重差を物ともせず的確にローをヒットさせ判定勝利となった。

12月の試合後のリングには坂本が登壇し、坂本は「王者を目指して頑張っています。会場にいる人達の記憶に残る試合がしたい」と語り、山中は「今日は自分が指導している少年たちのパワーをもらった。ヘビー級では(体が)小さいけれど、頑張っていきたい」と、それぞれに次戦の意気込みを語った。

また、昨年8月から総勢8名で開催されたJ-NETWORK 2016 ライト級新人王トーナメントの決勝戦として冨沢貴人(OOTA DOJO)と髙橋優斗(STB JAPAN)の対戦も決定した。

(J-NETWORKリリースより)
<追加対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-NETWORKヘビー級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
坂本英則[さかもと ひでのり](修実館/J-NETWORKヘビー級3位)
山中政信[やまなか まさのぶ](正道会館/J-NETWORKヘビー級6位 RISEヘビー級8位)

▼J-NETWORK 2016 ライト級新人王トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1※肘なし
冨沢貴人[とみさわ たかひと](OOTA DOJO)
髙橋優斗[たかはし ゆうと](STB JAPAN)

▼ライト級 3分3R※肘有り
吉田優太[よしだ ゆうた](マカコ柔術アカデミー/J-NETWORKスーパーフェザー級5位)
宮里康司[みやざと やすし](TARGET)

<決定対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-NETWORKフェザー級タイトルマッチ 3分5R
八神剣太[やがみ けんた](レジェンド横浜/J-NETWORKフェザー級王者 WPMF日本同級王者 RISEフェザー級2位)
宮﨑勇樹[みやざき ゆうき](MA・相模原Sジム/J-NETWORKフェザー級3位)

▼J-NETWORKスーパーフライ級タイトルマッチ 3分5R
若山龍嗣[わかやま りゅうじ](DRAGON GYM/J-NETWORKスーパーフライ級王者 DBSスーパーフライ級王者)
日畑達也[ひばた たつや](FKD/J-NETWORKスーパーフライ級1位 KOSス-パ-フライ級1位、元GLADIATOR武士道キックフライ級王者)

▼J-NETWORKスーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
岩﨑悠斗[いわさき ひろと](Ten Clover Gym/J-NETWORKスーパーライト級王者 S-Battleライト級王者)
杉本卓也[すぎもと たくや](WSRフェアテックス/J-NETWORK同級2位)

▼J-NETWORKスーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R
渡辺優太[わたなべ ゆうた](チューティンムエタイジム/J-NETWORKスーパーバンタム級王者 WMC日本同級王者 元MAキック同級王者)
伊仙町典久[いせんちょう のりひさ](BLA-FREY/J-NETWORKスーパーバンタム級1位)

▼ライトヘビー級 3分3R
西山鋼[にしやま はがね](芦原会館 西山道場)
ナンファーCHU[なんふぁー ちゅう](アントジム)

▼J-NETWORKライト級王座決定戦 3分5R(延長1R)
内堀裕斗[うちぼり ゆうと](UNDER GROUND/J-NETWORKライト級3位 WMC日本同級王者)
渡辺理想[わたなべ ゆうと](極真会館/J-NETWORKライト級4位 RISE同級9位)

▼J-NETWORKライトヘビー級タイトルマッチ 3分5R
木村秀和[きむら ひでかず](HALEO TOP TEAM/J-NETWORKライトヘビー級王者)
武来安[ぶらいあん](上州松井ジム/J-NETWORKライトヘビー級2位)

▼59kg契約 3分3R※肘有り
鷲尾亮次[わしお りょうじ](レグルス池袋/J-NETWORKスーパーフェザー級王者)
シンダムOZGYM[しんだむ おずじむ](OZ GYM/元ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級王者)

▼54kg契約 3分3R※肘有り
工藤”red”玲央[くどう”れっど”れお](ファイヤー高田馬場/J-NETWORKスーパーバンタム級8位)
清志[きよし](NJKF・新興ムエタイ/NJKF・バンタム級9位)

▼J-NETWORKヘビー級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
坂本英則[さかもと ひでのり](修実館/J-NETWORKヘビー級3位)
山中政信[やまなか まさのぶ](正道会館/J-NETWORKヘビー級6位 RISEヘビー級8位)

▼J-NETWORK 2016 ライト級新人王トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1※肘なし
冨沢貴人[とみさわ たかひと](OOTA DOJO)
髙橋優斗[たかはし ゆうと](STB JAPAN)

▼ライト級 3分3R※肘有り
吉田優太[よしだ ゆうた](マカコ柔術アカデミー/J-NETWORKスーパーフェザー級5位)
宮里康司[みやざと やすし](TARGET)

※ カード順は未定
※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)