【RISE.114】花田元誓インタビュー「叩き潰してやる!」11/25(金)

【興行名】RISE114
【日 時】2016年11月25日(金)
【時 間】開場17時/※オープニングファイト17時40分開始/本戦開始18時15分
【場 所】後楽園ホール
【主 催】RISEクリエーション株式会社

・SRS席 12,000円(1、2列目)
・RS席 8,000円(3列目~)
・S席 6,000円(完売)
・A席 4,500円
・小中学生スタンディング ¥1,500-(当日のみ)
※当日券は各500円アップ/未就学児は保護者膝上に限り無料

・問い合わせ RISEクリエーション 03-5319-1860
・ホームページ www.rise-rc.com
・Facebook www.facebook.com/rise2003
・Twitter @RISE_2003
・Instagram www.instagram.com/rise_2003official

8c2cf0_8ad4278d74574cd28de72d358e254c9cmv2

☆RISE114 イベントトレーラー完成‼︎

☆初防衛戦の花田元誓 挑発する狂犬に怒りの鉄拳を浴びせるか!?

14358964_1265692496823388_84896804423977330_n

来る11月25日(金)後楽園ホールにて開催される『RISE114』の大会情報についてお知らせ致します。
メインイベントでタイトル初防衛戦に挑むフェザー級王者・花田元誓の事前インタビューをお送りします。
挑戦者の森本“狂犬”義久が試合決定前から挑発を続けるなか、チャンピオン花田はどんな戦いを見せるのか!?

■RISE114 花田元誓インタビュー『心からへし折ってやろうかなと。絶対やりたくないって思わしてやる』

–前回7月のコブシット戦はまさかのTKO負けでした。
「まだ戦いたかったですね。はじめてカットで負けちゃったんで。
負けた実感が無いし、もっと試合を楽しみたかったですね。」

–リベンジしたい気持ちは?
「不完全燃焼だったから機会があったらリベンジしたいですね。」

–そして今回がフェザー級の初防衛戦になりますね。
「チャンピオンになった限り防衛はしていかないといけないですね。防衛を重ねて本当に強い王者と言われないと。
今回は絶対防衛しなくちゃいけない気持ちで臨みます。」

–ベルトを守ることを考える?それとも防衛するチャレンジの気持ちで行きますか?
「その辺はどんなスタンスとかは無いけど勝つ。勝たないと話にならないから。
チャンピオンだからこそ言える事もあって、チャンピオンじゃなかったら存在価値が無くなるので。」

–では今回挑戦者になる森本選手の印象から教えて下さい。
「ブンブン丸じゃないですか?でも勢いがあるのかなって感じはしますよね。」

–一刀選手と本戦で引き分けて延長にいったり、小山選手との接戦を制するなど勢いはありますね。あまりその辺は気にはしていないですか?
「全然興味は無いですね。でも周りから結構言われてますよとか、さっきもビデオ見たけどかなり舐めた奴なんで。
こっちから言わせたらお前なんて眼中にねぇよって話なんで。言いたいだけ言わせればいいんじゃないですか?負けて恥ずかしいのはあいつだからね。
犬はキャンキャン鳴かせとけばええんです。調教してやりますよ。」

–狂犬を飼いならすと?
「俺の前では、ただの犬になってもらおうかなって。」

–今回、何か試合のプランはありますか?
「色々考えてるけど基本的にはど突き合いでしょ。まぁ噛み合うと思いますよ。
その上で叩き潰して格の違いを教えてやりますよ。」

–今年、珍しく勝ててないですがそのうっ憤をここで晴らしますか?
「スカッと勝ちたいですね。そろそろ。」

–そういえば、森本選手がアイツは負けてばかりだから嫌いだとおっしゃってました。
「そりゃね、俺に勝てたら言えばええんですよ!まぁアイツなんかに負ける訳無いから大丈夫ですよ!」

–タイトルマッチ以来のフェザー級です。減量は順調ですか?
「順調ですね。普段で62㎏切ってるんで。節制してたら57.5㎏が適正なのかなって。
今回もしっかり食べながら調整して、最後に上手くいきそうな感じもしますよね。」

–前回、60㎏でしたが身体の調子は良さそうでしたね。
「そうっすね。無理な減量してなかったし。リカバリーもゆっくりできたし。
カツカツの時はね、とりあえずストレスで食ってたから。今考えてしっかりリカバリーも出来て調子は良かったですね。」

–今日の練習を見てて気になったのは左ミドルなど基本的な動きをしてましたが、そういった動きを取り入れているのですか?
「僕自身考える事があって色んなものを取り入れようと思って。
ボクシングに行ったり何だりしてたけど、やっぱり畔田会長の教えが1番ていう事に色々やって気付いて。もう1回最初から指導してもらって。
ボクシングやって軸もクソも無くなってたからですね。ボクシングとかも避けて打つばっかりだったんで。
良い所を取り入れながら。基本的にやれって言われても僕聞かないんで。会長もそれわかってるんで。とりあえず会長の教えをしっかり。
もうホントRISE向きなのは会長の教えだとそれは昔から思ってるんで。でも色んなとこで練習したけど会長が1番キツイっすね。」

–今日の練習でも軸を意識してましたね。これはチャンピオンになっても基礎からしっかりやっていこうという事ですか?
「というかもう色んな技術をやるよりチャンピオンだからこそ基礎だけはやっておかないといけない。
基礎の上に高いものが建つからね。そこが最近おろそかになってたんでね。そこ会長が言ってるんで。」

–確かに長年やると新しいものや自分のやりたい事しかしなくなってしまう事がありますね。
「だからボクシング行ったりでキレイに倒したいだったり色んなことしてたけど、やっぱり会長の指導が1番だなって。」

–最近の練習に手応えを掴んでますか?
「ボクシングとか色んなとこに練習行ったけどそれが上手く出せてるかなと。脱力だったり。
昔は力んで力んで会長の言うとおりにしてたけど脱力出来てるかなって。」

–スタイルは変わらずにレベルアップをしていると?
「そうですね。基本的にド突き合いで。その上で叩き潰してやるっていう。」

–今回の相手は叩き潰しがいがありそうですね。
「舐めてるんでね。潰してやろうかなって感じですよ。」

–防衛後に見据えているものはありますか?
「考えてる事はあるけど、連敗中で今回タイトルマッチなんで。勝ったら言います、とりあえず勝つ事だけに。
今後は勝たないと意味が無いんで。勝ったら話そうかなと思います。」

–今回、この技で森本選手を叩き潰したいというのはありますか?
「やっぱ腹ヒザで苦しめてやろうかなと。心からへし折ってやろうかなと。絶対やりたくないって思わしてやる。」

–さっきの小崎選手がそんな感じでしたね…
「つっても小崎君、体重一緒ですからね。フェザーとかでもやってるから何1つ言い訳できないですからね。
昔は僕も70㎏あったんでアレやったけど今はね。フェザーでやるんやろ?こんなやつおるぞ?みたいなね。」

–最後、森本選手に一言お願いします。
「舐めた事言ってるけどボコボコにしてやるから覚悟しとけよ!」

(RISEリリースより)


≪RISE114 全対戦カード≫

メインイベント フェザー級(-57.5kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
花田元誓(王者/リアルディール)
森本“狂犬”義久(挑戦者/BRING IT ONパラエストラ葛西/同級3位)

セミファイナル SuperFight! -60.5kg契約 3分3R延長1R
野辺広大(1-saiam gym/第4代RISEスーパーフェザー級王者)
シリル・パジット(SVK/Scorpio fight gym Nitra/WKNスロバキア スーパーフェザー級王者)

第8試合 -57kg契約 3分3R延長1R
深田一樹(龍生塾ファントム道場/SB日本フェザー級王者)
宮崎就斗(TARGET/バンタム級3位)

第7試合 ライト級(-63kg)3分3R延長1R
丹羽圭介(HAYATO GYM/同級4位)
直 樹(BRING IT ONパラエストラ葛西/同級5位、2015年RISING ROOKIES CUPスーパーフェザー級優勝)

≪休 憩≫

第6試合 フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
皇 貴(インスパイヤード・モーション/同級9位、2015年RISING ROOKIES CUPフェザー級優勝)
村山智耶(HAYATO GYM/同級10位、2016年RISING ROOKIES CUPフェザー級優勝)

第5試合 ヘビー級 3分3R延長1R
夏 樹(ハートRボクシングジム/同級4位)
高瀬大樹(アイアムアイ)

第4試合 フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
北薗翔大(田畑ジム/同級5位)
佐野貴信(創心會/バンタム級6位、2013年KAMINARIMON全日本大会60kg級優勝・MVP選手)

第3試合 ウェルター級(-67.5kg)3分3R
KENGO(RIKIX)
ジョームタップ・ハーデスワークアウト(ハーデスワークアウトジム/アマチュアシュートボクシング2014全日本大会ウェルター級準優勝)

第2試合 スーパーライト級(-65kg)3分3R
勝本竜矢(健成会/第27回全日本新空手道選手権大会 K-2GRAND PRIX 2016軽中量級&中量級優勝)
田村亮太朗(リアルディール)

第1試合 バンタム級(-55kg)3分3R
佐藤 駿(PHOENIX/2015年KAMINARIMON全日本大会-55kg級優勝)
加藤 雄(リアルディール)

オープニングファイト.2 フェザー級(-57.5kg)3分3R
KEN・FLYSKYGYM(FLY SKY GYM)
福島草太(MASTER JAPAN)

オープニングファイト.1 -53kg契約 3分3R
飯田“440”諒(TEAM SUN)
下野魁斗(新宿レフティージム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)