【K-1】フェザー級トーナメント・武尊、小澤海斗、戸邊隆馬、神戸翔太のインタビュー公開! 11/3(木・祝)

 

【興行名】K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~
【日 時】2016年11月3日(木/祝)
【時 間】開場・14:30  本戦開始・16:00
【場 所】代々木競技場第二体育館
【主 催】K-1実行委員会

 



11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)。トーナメント出場選手インタビュー第4弾は一回戦でジェイミー・ウィーランと対戦する武尊だ。

――今回は保持していたスーパー・バンタム級(-55kg)のベルトを返上して、初代フェザー級王座決定トーナメントへの出場となりました。最近は-55kgよりも重い契約体重で試合をしていましたが、階級を上げることは頭にあったのですか?

「そうですね。減量がきつかったこともあるし、スーパー・バンタム級のチャンピオンとして勝ち続けていると、毎回“勝って当たり前”と言われて試合をするのが、自分の中ではモチベーションにならないというか。それよりも“勝ったらすごい!”と言われるような試合をしていきたいと思っていて、そのタイミングで新階級ができるという話があったので挑戦したいと思いました。今までK-1で2階級制覇した選手も、2階級制覇に挑戦した選手もいないと思うので、自分がそれを成し遂げたいと思います」

――武尊選手は性格的に安定しているよりも新しいことに挑戦している方が合っていますか?

「僕は恋愛もそうなんですけど、追っかける方が好きなんですよ。逆に追っかけられるのは嫌いです。常に追っかけていたいというか、守りに入ってる時は自分の中でもつまらないんで。試合スタイルもそうなんですけど、攻めて攻めて新しいことに挑戦している時が一番モチベーションが上がるし、練習も凄く頑張れるというのが自分でも分かります。だから今は凄くモチベーションが上がっていますね。それに加えてフェザー級は減量も少し楽になるので、身体を今まで以上に強くできるところもあります。今までは減量に入ると、せっかく付けた筋肉も落とさなければ体重が落ちない状況だったので、フェザー級は自分の1番いい動きが見せられると思います」

――スーパー・バンタム級王者として試合を重ねていく中で、勝って当然というプレッシャーややり難さはありましたか?

「プレッシャーややり難さよりも自分はそれが楽しくないというか。なんていうんですかね…勝って当たり前の試合は勝ってもそんなに褒められないじゃないですか? 僕は褒められて伸びるタイプで、褒められたいタイプなんで『あの選手に勝ったら凄いな!』や『2階級制覇をしたら凄いな!』と言われるような試合がしたいですね」

――では今はベルトを獲る前のような心境ですか?

「チャンピオンベルトを持っているということは1番強いという証なんで、それに見合った試合をしなければならないというプレッシャーはありました。でも今回はスーパー・バンタム級のベルトを返上して、すごく大事にしていたベルトだったし、ずっと持っていたい気持ちもあったんですけど、ベルトを返上したことでそういうプレッシャーはなくなりました。だから僕の中では今回のフェザー級初代王座決定トーナメントは本当に挑戦だと思っていて、初めてKrushで-58kgのベルトを獲った時と同じぐらい気持ちがギラギラ燃えていますね」

――トーナメント一回戦ではイギリスのジェイミー・ウィーランと対戦します。ほぼ負けなしで非常に評価の高い選手ですが、どんな印象を持っていますか?

「K-1の世界トーナメントで戦うからには中途半端な選手と戦ってもしょうがないと思っています。今回の対戦相手は周りの人から海外でもかなり有名な選手だと聞いたんで、そういう有名な選手がK-1に上がってきてくれて、一回戦で対戦できることがすごく嬉しいですね」

――初戦からこのような実績のある選手と戦いたかったですか?

「去年の11月の防衛戦で戦ったチャールズ・ボンジョバーニも当時無敗の選手でしたし、そういう強い選手と戦うことによって自分も成長できます。強い選手と一回戦で戦うことは僕にとっても良い流れで、一回戦に勝てば一気に(優勝まで)いけると思うので、そういう意味でも楽しみです」

――また対戦発表記者会見でも出場する小澤海斗選手から挑発される場面もありました。今、小澤選手についてはどんな心境ですか?

「まず(小澤は)8月のKrush名古屋大会で同門の(大岩)龍矢とタイトルマッチを戦って、龍矢もすごく善戦して、そんなに差がない試合だったと思います。逆に言うと龍矢とほとんど差がない試合をしておいて、俺の名前を出すなよって。試合後に名前を呼ばれた時にそれを思って、イライラが溜まっていました。今はそのイライラがモチベーションになっていて、前回(6・24代々木大会)ではKOできなかったので、今回のトーナメントで黙らせてやろうという気持ちが強いです。トーナメントの逆ブロックになってしまったので、決勝に上がってこないと戦うことがないですが、決勝まで上がってくることが出来たら、俺の名前を呼んでもいいよって感じですね。逆に決勝に上がってくるまでは、俺の名前を呼ぶなよって言いたいです」

――武尊選手はK-1で実績を残して、周りの選手から狙われる立場になると思います。今までとは違うシチュエーションになると思いますが、そこに関してはどう考えていますか?

「周りは僕のことをそう思っているかもしれないですけど、僕は今回“挑戦”という気持ちでトーナメントに挑むので、そこの部分は気にしてないですね。思いっきり戦うだけです」

――新生K-1が始まって、武尊選手は色んな試合でK-1を引っ張ってきました。またフェザー級という新階級でも初代王者になって、よりK-1を盛り上げていきたいという気持ちはありますか?

「もちろんです。フェザー級のベルトもそうだし、2階級制覇はK-1でまだ誰もやっていないことなので、それを僕が達成して、僕がK-1の中心として、もっとK-1を大きくする・僕がK-1を引っ張っていきたいと思います」



11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)。トーナメント出場選手インタビュー第1弾は一回戦でジョシュ・トナーと対戦する小澤海斗だ。

――6・24代々木大会で武尊選手と戦って以来のK-1参戦が決まりました。今回は初代フェザー級(-57.5kg)王座決定トーナメントへの出場ですが、試合が決まった時はどんな心境でしたか?

「やってやるよって気持ちですね。ワンデートーナメントに出場するの初めてですけど、いつも通り相手をぶっ飛ばす気持ちでオファーを受けました」

――新階級=フェザー級がスタートするにあたって、自分が出なければいけないという気持ちはありましたか?

「もちろん。自分はずっと-58kgでやってきて、新階級が-57.5kgと聞いたので『俺が出ないと始まらねえだろ』と気持ちです」

――初代王座のベルトがかかったトーナメントに出ることもモチベーションになっていますか?

「それは当然。しかもそれがK-1という舞台だからこそっていうのもあるし、世界一を決めるトーナメントだから闘争心は過去最高っす」

――小澤選手の中で、K-1の舞台で世界王者になることはずっと追いかけてきた夢ですか?

「やっぱり世界一っていう響きもカッコいいし、殴り合いで世界一になれるというのは、男にとってこれは持って来いって感じでしょう」

――一回戦で対戦するジョシュ・トナーにはどんな印象持っていますか?

「一応は映像見たけどそんなにインパクトもないし、外国人選手だし、全然興味がない」

――興味があるのは逆ブロックにいる武尊選手だけですか?

「やっぱりアイツをぶっ飛ばさないと本当に気が済まないんで。早くアイツと戦って、アイツの顔面をぶん殴りたいっす」

――6月にK-1で試合をして以来、初めて記者会見で武尊選手と同じテーブルに並びましたが、あの時はどんな心境でしたか?

「6月の試合が終わってから、ムカつく気持ちが全然とれなくて。ふと気づいた時には(武尊が)ムカつくって気持ちが浮かんでくる(苦笑)。顔を見る度にムカつきが増してきますね」

――ずばり武尊選手とは人間的に交わることもなく、受けつけないタイプですか?

「俺は血液型がB型ってこともあるけど、嫌いな人間は嫌いなんですよ。どうでもいい人間は興味ないし。で、俺はアイツがめっちゃ嫌いだから、アイツを早くぶっ飛ばしたい」

――トーナメントの決勝で武尊選手に勝って、世界王者になることが理想の形ですか?

「それしか想像してないし、それしか思いつかない。早く試合がしたくてメラメラしていますよ」

――ただし2人が対戦するとしたらお互いに決勝戦まで勝ち上がらなくてはなりません。どちらかが途中で敗れるリスクもあるわけですが、武尊選手に伝えておきたいことはありますか?

「お互い2回勝たないと決勝では戦えないわけだけど、俺と戦うまで負けるなよって気持ちはありますよ。俺とアイツが決勝まで勝ち上がって、俺がアイツをブッ飛ばす。11月3日がお前の最後だよって感じです」

――新生K-1は2年前(2014年11月3日)に旗揚げして、その大会のオープニングファイト第1試合に出場して、KO勝ちしたのが小澤選手でした。

「俺の試合が新生K-1の本当の一発目の試合だったんですよ。新生K-1は俺のKOから始まって、あれから2年後に新階級のフェザー級が出来た。だったらフェザー級も俺からスタートしないと始まらないと思っているんで、俺がチャンピオンになってフェザー級をスタートさせますよ」

――まさに自分が主役になる舞台が全て整ったわけですね。

「整いましたね。俺が主役です」

――11月3日が終わったあとはどんな自分になってると思いますか?

「暮らしも生活も何もかもすべて。世界が変わっているでしょうね」



11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)。トーナメント出場選手インタビュー第2弾は一回戦でエリアス・マムーディと対戦する戸邊隆馬だ。

――今回、初代フェザー級王者決定トーナメントの出場のオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「最初は凄くビックリしましたね。凄く嬉しかったし、それと同時に『僕でいいのかな?』という想いもありました。でもトーナメントのメンバーに選んでもらったということは、もっと自分に自信を持っていいという気がして、自分に対する期待も自信も今回の試合で出していきたいと思います」

――K-1にはスーパーファイトでも参戦経験(2015年1月)がありますが、それ以降は出場がありませんでした。今回K-1の階級が細分化され、フェザー級(-57.5kg)で試合をしたいという気持ちはありましたか?

「ありましたね。昔、-57.5kgで試合してた頃があって、減量も-55kgの時よりもきつくなく、体調も身体も心も順調にいけてたので、今回フェザー級ができて僕はチャンスだなと思いました」

――階級がフェザー級に変わることによって、コンディションや気持ちの面、身体の仕上がりは違いますか?

「はい。-55kgの時は練習に対する気持ちもあるんですけど『減量しないと…』という気持ちもあって、試合が近づくにつれて減量メインの練習になってしまうこともありました。それがフェザー級になることによって、なくなると思うので、もっと全力で練習できると思っています」

――改めて戸邊選手はK-1というものに対してどんな想い入れがありますか?

「小さい時からTVで見ていて、憧れの舞台ですね。そこにプレミナリーファイト(2014年11月)と前回のスーパーファイトと2回試合させてもらって、自分としてはそこまでいい試合が出来ていないので、今回の試合でK-1という憧れの舞台でいい結果を出したいと思っています」

――過去2回出場した時と比べて、自分の変わった点やこういうところを見せたいというのはどこですか?

「過去2回のK-1での試合と前回のKrushでの試合(2016年1月)は精神状態が不安定でした。自分の試合に対する気持ちの部分で、誰が見ても分かるぐらいに『ちょっと違うな』という感じで試合をしていたので、それをきっかけに精神的なトレーニングも加えました。今は凄く精神的にも充実していて、最高の状態を作れるのではないかと思います」

――ずばり身も心も変わったのですね。

「そうですね。その変わりようが自分でも分かります。トーナメントに出ている全選手が僕よりも実績を残していますが、ここで新しい戸邊隆馬を見てもらいたいと思います」

――一回戦で対戦するマムーディにはどんな印象を持っていますか?

「長身で手足が長くてリーチを活かした選手だと思います。ほとんど負けなしで怖いもの知らずの素晴らしい選手だと思いますが、その手足の長さ・リーチを関係なく突っ込んで殴り合いがしたいと思っています」

――戸邊選手の試合はいつも激しくて会場が沸く印象があります。今回もそのような試合を見せて結果を出したいですか?

「自分では殴り合いたいとか血を出してとかは求めてないのですが(苦笑)、自分のそのままを出せればいいかなと思います」

――トーナメントは1日3試合になりますが、戦いたい相手や気にしている選手などはいますか?

「外国人の映像はまだそこまで見てないのですが、やっぱり日本人選手とやりたい気持ちがあります。一回戦を勝って準決勝で小澤(海斗)選手、決勝戦は神戸(翔太)選手か武尊選手で。特に武尊選手は今活躍していて、武尊選手がデビューした頃から凄くやりたいなと思っていた相手なので、決勝で殴り合いたいと思います」

――武尊選手は今注目されていて、新生K-1を引っ張る存在ですが、武尊選手に対してはどんな感情がありますか?

「結果も出していて凄いなと思っているだけです。僕が武尊選手になろうとしてもなれるわけではないですし、僕は僕なりのスタイルでやっていきたいので、僕自身を見ててくださいって感じです」

――最後に戸邊選手がK-1フェザー級初代王者決定トーナメントに出場することを楽しみにしているファンの皆様へ一言お願いします。

「11月の試合は過酷なトーナメントになると思いますが、そこで僕の生き様を見せることができるのではないかと思います。来られる方は会場で見てほしいです。ぜひ期待しててください」



11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)。トーナメント出場選手インタビュー第3弾は一回戦でユン・チーと対戦する神戸翔太だ。

――今回、初代フェザー級王者決定トーナメントの出場のオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「新階級がスタートすることになって(自分が)呼ばれるだろうなとは思っていました。武尊と小澤(海斗)の脇役でいいのでリベンジしますよ」

――神戸選手は武尊選手と小澤選手と対戦経験がありますが、大きな話題を生んだ2人の試合はどのような目線で見ていましたか?

「俺が負けた2人だなっていう。俺はアイツらに格闘技人生を狂わされたなと思っているんで(苦笑)」

――神戸選手の中で武尊選手と小澤選手は引っかかっている相手なのですか?

「今は別にないですけどね。ただ昔、負けた相手かなってぐらいです」

――すでに気持ちは切り替わっていると思いますが、神戸選手は武尊選手(2014年3月)・小澤選手(2016年2月)とKrush-58kgのベルトをかけて戦っています。そこで敗れてしまったことは格闘技人生でのターニングポイントだと感じてますか?

「そうですね。自分はタイトルマッチには縁がないので、最近は試合で完全燃焼できればいいかなと思っています」

――例えば前回のKrushの試合(2016年7月、佐野天馬に判定勝ち)から、そのような気持ちで戦うようになったのですか?

「最近は負けてもいいから、全力を出し切ったと言える試合をしたいと思ってます」

――前回は今までにないような気持ちの見える激しい試合でしたが、周りからも「凄く変わった」や「試合が良かった」と言われることも多かったのですか?

「久々に『いい試合が見れた』と周りにも言ってもらいました」

――神戸選手自身はどんなことを感じる試合でしたか?

「今まで試合内容は大体覚えているのですが、前回の試合は必死だったので全然覚えてないですね」

――格闘技や試合に対しての考えが今年に入って変わったようですね。

「2月のタイトルマッチで負けて『俺の格闘技人生終わったな…』と思ったんですけど、今はもう失うものは何もないし、怖いものも何もない。あとはやるだけです」

――では今回もトーナメントの出場が決まって「いっちょやるか!」という気持ちですか?

「そうですね。いっちょかましてやるかな!って感じです」

――トーナメント一回戦で対戦するユン・チー選手にはどんな印象を持っていますか?

「トーナメントに出ている外国人の中で、唯一K-1で試合をしているのでやりやすいといえばやりやすいです」

――自分と戦うということを考えてもやり難さはない、と。

「そうですね。ないっすね」

――ワンデートーナメント用に特別な練習を行う予定はありますか?

「そこもないっすね。最近は守りに入った試合ばっかりしてたので、次は攻めまくるだけです」

――勝ち上がりによっては武尊選手・小澤選手と戦う可能性があります。神戸選手自身はどのように思っていますか?

「多分、自分は大舞台になればなるほど強くなれると思うので、いいパフォーマンスが出来ると思いますよ」

――武尊選手・小澤選手に負けた借りをK-1の舞台で返したいという気持ちはありますか?

「そういう借りとかは全く考えてないですね。普通にそうなったら、その場で戦うだけです」

――インタビューの冒頭では「武尊・小澤の脇役でもいい」という発言もありましたが、そういった状況にイラだつことはないですか?

「いや、完全にそういう身だと思うんで。イラっとすることもないし、開き直っていますよ」

――トーナメントの他の出場選手は「何が何でもチャンピオンになりたい」や「インパクト残したい」といったモチベーションがあるのですが、神戸選手の場合は少し違うようですね。

「俺にそういうのはないっす。俺が武尊に勝ったところであんな風にTVで人気も出ないでしょうし、そういうポジションを奪うとかは全然ないです。今、日本にはキックボクサーが星の数ほどいると思うので、今回はその代表としてこのトーナメントを戦いたいと思っています」


K-1 WORLD GP初代フェザー級(57.5kg)王座決定トーナメント

一回戦(1) 3分3R(延長1R)
小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場)
ジョシュ・トナー (オーストラリア/ストッケード・トレーニングセンター)

一回戦(2) 3分3R(延長1R)
戸邊隆馬(K-1ジム・シルバーウルフ)
エリアス・マムーディ(フランス)

一回戦(3) 3分3R(延長1R)
神戸翔太(POWER OF DREAM/TEAM AK)
ユン・チー (中国/大東翔クラブ/CFP)

一回戦(4) 3分3R(延長1R)
武尊(KREST/元K-1 WORLD GP -55kg王者)
ジェイミー・ウィーラン(英国/ダブルKジム)

リザーブファイト 3分3R(延長1R)
大滝裕太(ネクサスジム)
朝久裕貴(朝久道場)

準決勝(1) 3分3R(延長1R)
一回戦(1)勝者
一回戦(2)勝者

準決勝(2) 3分3R(延長1R)
一回戦(3)勝者
一回戦(4)勝者

決勝 3分3R(延長1R)
準決勝(1)勝者
準決勝(2)勝者

ワンマッチ

スーパー・ウェルター級(70kg) 3分3R(延長1R)
城戸康裕(谷山ジム)
サニー・ダルベック(スウェーデン)

ウェルター級(67.5kg) 3分3R(延長1R)
久保優太(K-1ジム五反田チーム・キングス)
牧平圭太(HALEO TOP TEAM)

スーパー・ライト級(65kg) 3分3R(延長1R)
左右田泰臣(K-1ジム・シルバーウルフ)
ファワド・セディッキ(オランダ/メジロジム)

プレリミナリーファイト スーパー・ライト級(65kg) 3分3R
峯山竜哉(ウィラサクレック・フェアテックス西川口)
篠原悠人(DURGA)

プレリミナリーファイト ライト級(62.5kg) 3分3R
東本央貴(KREST)
瑠輝也(TRY HARD GYM)

プレリミナリーファイト スーパー・バンタム級(55kg) 3分3R
江川優生(POWER OF DREAM)
リョウタ(鷹虎ジム)

K-1甲子園 -65kg 決勝 2分3R(延長1R)
近藤拳成(大阪府立西成高校2年)
本間 海(東京都立大山高校3年)

K-1甲子園 -60kg 決勝 2分3R(延長1R)
横山 巧(群馬県立新田暁高校3年)
西京佑馬(神奈川県立厚木清南高校1年)

K-1甲子園 -55kg 決勝 2分3R(延長1R)
椿原龍矢(大阪府立枚方なぎさ高校2年)
軍司泰斗(東京都立大山高校3年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)